鈴童の遊び
一日十句以上を千句詠む

(第11回)


No. 季 語 作句日
 1  三椏の花ぽんと打ち幼笑む  三椏    14.2.18.
 2  紅花の三椏見つけ幼がちゅ  三椏  春  14.2.18.
 3  鴬の糞で美白の小町かな  鴬  春  14.2.18.
 4  春夕焼け下校うながす拡声器  春夕焼け   春  14.2.18.
 5  春夕焼け下校うながす「七つの子」  春夕焼け   春  14.2.18.
 6  料峭と独り言ちつつ野良仕事  料峭  春  14.2.18.
 7  バレンタインお情けチョコを妻がくれ  バレンタインの日  春  14.2.18.
 8  バレンタイン妻に貰いしチョコレート  バレンタインの日  春  14.2.18.
 9  バレンタイン妻お情けのチョコレート  バレンタインの日  春  14.2.18.
 10  バレンタイン古女房の情けチョコ  バレンタインの日  春  14.2.18.
 11  ひしめいて三椏の花咲き競ふ  三椏  春  14.2.19.
 12  三椏の花を見上げて猫あくび   三椏  春  14.2.19.
 13  ひしめいて三椏の花咲き競ふ   三椏  春   14.2.19.
 14   下向いて三椏の花咲き揃ふ   三椏    14.2.19.
 15  川筋を鮠(はや)走り行く雨水かな   雨水    14.2.19.
 16  川筋を鮠走らせる雨水かな   雨水    14.2.19.
 17  朝刊が不達となりし春豪雪  春の雪    14.2.19.
 18  春大雪池底までも埋みたり  春の雪     14.2.19.
 19  紅梅と紅競ふ五重塔(高幡不動で)  梅    14.2.19.
 20  紅梅と競ふ朱色や五重塔  梅    14.2.19.
 21  どか雪にまんさくの花巻き縮み 雪・まんさくの花     14.2.20.
 22 落雪に無心の殺気あるやうな    雪     14.2.20.
 23  堂宇落つ雪に殺気の走りけり  雪    14.2.20.
 24  三椏の花を見上げて欠伸猫
 三椏    14.2.20.
 25 無為無策平穏好きな海鼠食ふ
 (季語:海鼠=冬)
 海鼠  冬  14.2.20.
 26   無為無策平穏主義の海鼠食ふ  海鼠  冬  14.2.20.
 27 押しつぶす雪の深さや雪割草 雪割草     14.2.20.
 28   無残やな雪に凍てたる雪割草
 雪割草     14.2.20.
 29  畑仕事段取り促す雨水かな  雨水    14.2.20.
 30 フェイントを掛けて憎まる油虫
(季語:油虫=夏)
 油虫  夏  14.2.20.
 31   春セーター乙女の胸乳揺れにけり  春セーター    14.2.21.
 32  柔らかに胸乳を包む春セーター
  春セーター    14.2.21.
 33  柔らかに胸ふくらます春セーター
  春セーター    14.2.21.
 34 鳥帰る大僧正のくしゃみかな 鳥帰る・くしゃみ   春・冬  14.2.21.
 35  天文台悠久つなぐ梅並木
(三鷹・天文台で)
梅     14.2.21.
 36  天文台学食前の梅並木 梅     14.2.21.
 37  まんさくの黄花紅花雪解道  まんさく・雪解    14.2.21.
 38  まんさくや雪解の園に黄と赤と   まんさく・雪解    14.2.21.
 39  まんさくや雪解の園を浮き立たす   まんさく・雪解    14.2.21.
 40  雪解道白さ競ひて八重野梅 雪解・梅     14.2.21.
 41  雪解原こけつまろびつ子ら遊ぶ
(都立武蔵野の森公園で)
 雪解    14.2.22.
 42  梅椿まんさく咲き添ふ斑雪道
(神代植物園で)
 梅・椿・まんさく・斑雪    14.2.22.
 43  料峭や翼揺らしつ飛ぶセスナ
(調布飛行場で
料峭     14.2.22.
 44  プロペラ機翼揺らしつ斑雪野に 斑雪    14.2.22.
 45  大寺の境内飾る斑雪(はだれ)かな
(深大寺で)
斑雪     14.2.22.
 46  欲情の雄たけび上げる恋の猫 恋猫     14.2.22.
 47  欲情の雄たけび行き交ふ恋の猫  恋猫     14.2.22.
 48  欲情の雄たけび尽きて恋の猫  恋猫     14.2.22.
 49  枝垂梅紅ほんのりと酒の蔵
(福生・田村酒造で)
梅     14.2.22.
 50  先導の鶺鴒走る斑雪(はだれ)道
斑雪     14.2.22.
 51  川越しに多摩の横山はだれ雪
斑雪    14.2.23.
 52  雪解道酒蔵に沿ふ黒板塀 雪解     14.2.23.
 53  酒蔵の軒端にしづるつららかな 氷柱    14.2.23.
 54  靴の底冷やして歩く雪解道  雪解     14.2.23.
 55  樋伝ふしづる雪解の音のどか  雪解     14.2.23.
 56  三椏(みつまた)の花に幼が鼻を寄す 三椏  14.2.23.
 57   顔寄せて三椏の花嗅いでみる  三椏    14.2.23.
 58  三椏の花に顔寄せ嗅ぐ二人  三椏    14.2.23.
 59  三椏の花に顔寄せ嗅ぐ母子  三椏    14.2.23.
 60  わかさぎを食めば後ろに富士近し 公魚     14.2.23.
 61  畑仕事段取り決める雨水かな  雨水    14.2.24.
 62  光まぶし多摩の横山はだら雪(福生市内で)  斑雪    14.2.24.
 63  犬ふぐりちろろちろろと風に揺る 犬ふぐり     14.2.24.
 64 犬ふぐりちろろちろろと揺らす風 犬ふぐり    14.2.24.
 65  三椏に花の匂ひのあるを知る 三椏     14.2.24.
 66  三椏の小花に潜る虫のあり 三椏    14.2.24.
 67  三椏の花三股の枝に咲く 三椏     14.2.24.
 68  三椏の花ファンファーレ吹かんとす 三椏    14.2.24.
 69  三椏の花ファンファーレ吹かんかな 三椏     14.2.24.
 70  三椏の花の薄黄に潜る虫 三椏     14.2.24.
 71   料峭や峪間に聞ゆ祭笛  料峭   14.2.25.
 72  農の季の始まり告げる雨水かな 雨水     14.2.25.
 73  草も木も動き初めにし雨水かな 雨水      14.2.25.
 74  種を買ひ作付け決める雨水かな 雨水      14.2.25.
 75  種を買ひ農具改む雨水かな 雨水      14.2.25.
 76  野も山も冬の顔での雨水かな 雨水      14.2.25.
 77  わかさぎを食めば間近に富士のあり 公魚     14.2.25.
 78  三椏の花に幼の手が伸びる 三椏      14.2.25.
 79   三椏の花に幼が手を伸ばす 三椏      14.2.25.
 80  蔵元で呑む酒旨し初音聞く 初音     14.2.25. 
 81  鍬の柄を取替てゐる雨水かな 雨水   14.2.26.
 82  農具の柄取替てゐる雨水かな 雨水   14.2.26. 
 83  青ぬたの色鮮やかに貝もまた 青ぬた   14.2.26. 
 84  田楽と酒一本をとんと置き 田楽     14.2.26.
 85  蜆汁ひと箸まぜて戴けり 蜆汁     14.2.26.
 86  まず箸で貝の音聞く蜆汁 蜆汁     14.2.26.
 87  蕗味噌の片へに置かる蕎麦前酒 蕗味噌     14.2.26.
 88  花菜漬際立つ緑味のうち 花菜漬     14.2.26.
 89  桜漬咲いて漬けられ湯に開く 桜漬     14.2.26.
 90  マネキンは下着着けずに花衣 花衣   14.2.26.
 91  携帯で帰って言ふよと受験生 受験生     14.2.27.
 92  神頼み何でもしますと受験生 受験生     14.2.27.
 93  木の芽和清しく一献差交す 木の芽和     14.2.27.
 94 蒸鰈皿に平たく敷かれをり 蒸鰈     14.2.27.
 95  干鱈を焙りて酒を呼びにけり 干鱈     14.2.27.
 96  壺焼の熱きを抜ひて食む至福 壺焼     14.2.27.
 97  壺焼の汁の滾れば食みし刻 壺焼     14.2.27.
 98  箸いらぬ目刺肴に独酒 目刺     14.2.27.
 99  白子干小さき蛸も混りをり 白子干     14.2.27.
 100   コンビニで菜飯の結び買い吟行  菜飯     14.2.27.
 101  夕茜多摩の横山はだれ雪  はだれ雪   14.2.28.
 102  三椏や花を撫ぜ撫ぜ幼の手  三椏の花    14.2.28.
 103  三椏の花一瞥し猫大欠伸   三椏の花    14.2.28.
 104  三椏の花の回廊行く小虫         三椏の花    14.2.28.
 105  三椏の花回廊を行く小虫   三椏の花    14.2.28.
 106  三椏や花回廊の奥に蜜   三椏の花    14.2.28.
 107  草も木もやる気を起こす雨水かな  雨水  14.2.28.
 108 三椏の花咲く下に猫寝まる   三椏の花    14.2.28.
 109   吹き溜まる中から一つ雪割草  雨水    14.2.28.
 110  黄梅の風を伝へて揺れにけり  黄梅    14.2.28.
 111  黄梅の飄飄として風まかせ  黄梅    14.3.1.
 112  花の向き自在に変へて迎春花 迎春化=黄梅     14.3.1.
 113  句会後に飲みし小半(こなか)ら酒の春  春    14.3.1. 
 114  連翹の光こぼるる黄花かな  連翹    14.3.1. 
 115  光り呼び光を返すいたちぐさ  いたちぐさ=連翹    14.3.1. 
 116  黄金の靄を醸していたちぐさ いたちぐさ     14.3.1. 
 117  連翹の光の道を海に出る  連翹    14.3.1.
 118  連翹の道を抜ければ空と海   連翹    14.3.1.
 119  連翹の道を過ぎれば花菜畑  連翹・花菜     14.3.1.
 120  陽光を黄金の靄と化す連翹  連翹    14.3.1. 
 121  連翹の黄花の先は花菜の黄   連翹・花菜     14.3.1.
 122  蛇穴を出て取り合へず舌調べ 蛇穴を出ず     14.3.1.
 123  穴を出し蛇手始めは舌で嗅ぐ 蛇穴を出ず      14.3.1. 
 124  穴を出し蛇舌で嗅ぐ世の動き 蛇穴を出ず      14.3.1.
 125  穴を出し蛇舌で嗅ぐ世の気配  蛇穴を出ず     14.3.1. 
 126  舌伸ばし変化嗅ぎ分け蛇出る 蛇穴を出ず      14.3.1. 
 127  舌伸ばし変化嗅ぎつつ蛇出る  蛇穴を出ず     14.3.1. 
 128  供へ花黄花の目立つ彼岸墓地 彼岸     14.3.1. 
 129 かたくりに春の妖精の名も嬉し   かたくり     14.3.1. 
 130  かたくりのなぞへに風と戯れぬ かたくり     14.3.1. 
 131  犬ふぐり薄紫を撒き散らし 犬ふぐり   14.3.2. 
 132  園児らの球蹴る庭の犬ふぐり 犬ふぐり     14.3.2. 
 133  蕗の薹ちょっと苦みの男前 蕗の薹   14.3.2. 
 134  山茱萸や接写のレンズ霞たり 山茱萸     14.3.2. 
 135  猫柳おのれの毛皮光らせて 猫柳     14.3.2. 
 136  黄金のシャワーとなりてミモザ降る ミモザ     14.3.2. 
 137  菜飯食む人の前歯に緑の菜 菜飯     14.3.2. 
 138  近ごろは割烹も出す菜飯かな 菜飯     14.3.2. 
 139  の芽を見つけ句材が食材に  楤の芽     14.3.2. 
 140  菜飯食み田楽を食む道の駅 菜飯     14.3.2.
 141  大雪を二度もたらして二月尽 雪・二月尽  冬・春   14.3.3.
 142  風光りスマホも光る停留所 風光る     14.3.3.
 143  蛇穴を出づるに出合ひ後ずさる  蛇穴を出る    14.3.3.
 144  勿忘草春の目玉を並べけり 勿忘草     14.3.3.
 145  花吹雪川藻を分けてたらい舟
(大垣・水門川・想定句)
花吹雪     14.3.3.
 146  桜散る川藻を分けてたらい舟(同上)  桜散る    14.3.3.
 147  沢庵と目刺の飯も和食かな  目刺    14.3.3.
 148  蒸鰈骨美しく残しけり  蒸鰈    14.3.3.
 149  蒸鰈指汚さずに食む女人  蒸鰈    14.3.3.
 150   一連のまま炙られし目刺食ふ  目刺  14.3.3.
 151  ぞうさんのまどさん逝きて二月尽  二月尽    14.3.4.
 152  花菜和へ際立つ緑味わへり  花菜    14.3.4. 
 153  青饅(あおぬた)や飯断りて燗所望 青饅     14.3.4.
 154  青饅や飯はいらぬと燗所望  青饅     14.3.4. 
 155  鶯餅ひょいと摘まんで頬張らん  鴬餅    14.3.4. 
 156  鶯餅黄粉吸込み噎せにけり  鴬餅    14.3.4. 
 157  葉っぱごと食べて見せゐる桜餅  桜餅    14.3.4.
 158  椿餅ぺたりぺたりと椿の葉  椿餅    14.3.4. 
 159  これがまたほどの甘さや蕨餅  蕨餅    14.3.4.
 160  岡太夫なる官位持つわらび餅  蕨餅     14.3.4. 
 161   土筆摘み幼の手には持ち切れず 土筆    14.3.5. 
 162  しらす食む小さき蛸も混るかな   白子     14.3.5.
 163  春泥の畑で苦闘のゴム長靴 春泥     14.3.5.
 164  内裏雛並べて済ます老ひの家 内裏雛     14.3.5.
 165  白酒のはずが吾呑むにごり酒 白酒     14.3.5.
 166  ごろとだけ鳴って立ち去る春の雷 春雷   14.3.5.
 167  啓蟄の最初に出合ふ虫を待つ 啓蟄     14.3.5.
 168  蜥蜴出づ虹色の背が走りたり  蜥蜴出づ     14.3.5.
 169  鷹鳩と化して寄り来る浅草寺  鷹鳩と化す   14.3.5.
 170  鷹鳩と化して豆食ふ浅草寺   鷹鳩と化す      14.3.5.
 171  東風吹いて庭の鉄幹綻びぬ 東風     14.3.6.
 172   二十年前の春服着て街へ 春服      14.3.6.
 173  しゃがみ込み蜷の道見る閑居かな 蜷      14.3.6.
 174  あはははと笑顔に涙サクラ咲く さくら      14.3.6.
 175  やったよと携帯の声サクラ咲く さくら      14.3.6.
 176  音もなく小雨降る朝雛祭 雛祭    14.3.6.
 177  雛あられ摘まむを妻に見咎められ 雛あられ      14.3.6.
 178  遅梅の蕾一枝を雛に供へ 梅      14.3.6.
 179  古雛の笑みに翳さす不老不死 古雛      14.3.6.
 180   僕にはぼく君にはきみの蜷の道 蜷の道      14.3.6.
 181  お内裏の耳も加齢で遠くなり 内裏      14.3.7.
 182  耳の日や耳目霞んで摩羅しぼみ 耳の日      14.3.7.
 183  戦争が見へ隠れして猫さかる 猫さかる      14.3.7.
 184  春北風ブルーシートの色哀し 春北風      14.3.7.
 185  花冷への蒼天仰ぐ玻璃戸越し 花冷へ      14.3.7.
 186  憎しみの世紀なりしか春北風 春北風       14.3.7.
 187  獅子吼する国から届く黄沙かな 黄砂・黄沙      14.3.7.
 188  春泥を持ち帰りたる三和土かな 春泥      14.3.7.
 189  摘草の子らの手を染む草の色 摘草      14.3.7.
 190  たんぽぽの勝手咲きする植物園 たんぽぽ      14.3.7.
 191  春の水瀬音も軽き野川かな 春の水      14.3.8.
 192  田螺湧く休耕田の用水路 田螺      14.3.8.
 193  フルートを吹いて聞かせし春の海 春の海      14.3.8.
 194  フルートに緩急つけて春の海 春の海     14.3.8.
 195  青柳や剥かれ握られ喰はれけり 青柳      14.3.8.
 196  片貝となりて拾はる桜貝 桜貝      14.3.8.
 197  エンジンの音軽やかに春田鋤く 春田      14.3.8.
 198  春耕の畑に虫らも撥ね走り 春耕      14.3.8.
 199  青麦の踏まれて確と育ちけり 青麦      14.3.8.
 200  遍路道開けて眩し瀬戸の海 遍路      14.3.8.
 201  山茱萸の花の開きて黄の霞 山茱萸      14.3.9.
 202  蜥蜴出づ虹色の背が駆け抜けり 蜥蜴出づ      14.3.9.
 203  鎮魂の花びら散らす枝垂れ梅 梅    14.3.9.
 204  真夜中を轟々と往く春嵐 春嵐      14.3.9.
 205  恋猫も恋の果つれば欠伸猫 恋猫    14.3.9.
 206  凜として小路突き刺す春疾風 春疾風      14.3.9.
 207  バス待てば突き刺さり来る春北風 春北風      14.3.9.
 208  揺らぐものなぎ倒し往く春疾風 春疾風      14.3.9.
 209  揺らぐものみななぎ倒す春疾風 春疾風      14.3.9.
 210  啓蟄に合せて庭の梅三輪 啓蟄・梅      14.3.9.
 211  啓蟄に一と日遅れて豊後咲く  啓蟄・梅     14.3.10.
 212  トタン飛び大音響の春疾風 春疾風     14.3.10.
 213  示し合ひ花咲き初むる豊後梅 梅     14.3.10.
 214  親の背に亀の子乗りて不安定 亀の子     14.3.10.
 215  甲羅干しいかに鳴くかと亀思案 亀鳴く     14.3.10.
 216   亀鳴けば臨時ニュースの流れけむ 亀鳴く     14.3.10.
 217 亀鳴いて時の主役に躍り出よ   亀鳴く      14.3.10.
 218 知らぬ間に亀鳴いたかも知れず 亀鳴く      14.3.10.
 219 亀鳴くか仰向けにして待つ翁 亀鳴く      14.3.10.
 220 亀鳴いて浦島開ける玉手箱   亀鳴く      14.3.10.
 221 裏返りただじたばたと亀鳴かず     亀鳴く      14.3.11.
 222 亀鳴けば蚯蚓蓑虫続くやも 亀鳴く      14.3.11.
 223 夥し過ぎて不気味な蝌蚪の群れ 蝌蚪     14.3.11. 
 224  石神井の池を飾りて柳の芽 柳の芽     14.3.11. 
 225 池の面に同じ数だけ柳の芽 柳の芽   14.3.11. 
 226 池の面に枝垂れて揺るる柳の芽 柳の芽     14.3.11.
 227 垣手入れ猫の通い路ふさぎけり 垣手入れ     14.3.11. 
 228 俎板で刻み灰塗り薯を植う 馬鈴薯を植う     14.3.11. 
 229   切り口に灰擦り込んで薯を植う       馬鈴薯を植う     14.3.11. 
 230  戦争のできる日本になりそな春 春     14.3.11.
 231  春の雲だれも見上げずスマホかな 春 の雲     14.3.12. 
 232  春昼の指休まずにスマホ繰る 春昼   14.3.12. 
 234  春昼の車内でスマホ繰る母娘 春昼     14.3.12. 
 235  目借時眠る人なくスマホ繰る 目借時     14.3.12. 
 236  春昼やネクタイの会欠席とす 春昼     14.3.12. 
 237  鯉のぼり贈りし孫も十五歳
(課題詠 端午一切)
鯉幟  夏   14.3.12. 
 238  川またぎ百匹の鯉風に乗る 鯉幟   夏   14.3.12. 
 239  流れ行く雲になりたき鯉のぼり 鯉幟    14.3.12. 
 240  かたかたと矢車回る鯉のぼり 鯉幟   夏   14.3.12. 
 241  風呼んで唸りを上げる鯉のぼり 鯉幟   夏   14.3.13. 
 242  限界の村に無言の鯉のぼり 鯉幟   夏   14.3.13. 
 243  風来れば息吹き返す鯉のぼり 鯉幟   夏   14.3.13. 
 244  廃校舎児らの声なき鯉のぼり 鯉幟   夏   14.3.13. 
 245  武者人形飾りて何を託すのか 武者人形  夏   14.3.13. 
 246   不戦にはやはり似合はぬ武具飾り 武具飾り  夏   14.3.13. 
 247  ベランダの鯉のぼり消ゆ古団地 鯉幟   夏    14.3.13. 
 248  ベランダの鯉のぼり絶ゆ古団地 鯉幟   夏   14.3.13. 
 249  受け皿に酒の溢れし春の宵 春宵     14.3.13. 
 250  受け皿に緑酒溢るる春の宵 春宵     14.3.13. 
 251  ギヤマンに緑酒きらめく宵の春 春宵     14.3.14.
 252  憑きものに憑かれしごとく鳥帰る 鳥帰る     14.3.14.
 253  真紅とは此花匂ふ紅千鳥 此花=梅     14.3.14.
 254  濃紅梅人の足止む紅千鳥 梅     14.3.14.
 255  此花の真紅極める紅千鳥 此花=梅      14.3.14.
 256  蒼天に火焔を散らす真紅梅 梅     14.3.14.
 257  孫唱ふ般若心経春彼岸 彼岸     14.3.14.
 258  孫唱ふ般若心経彼岸墓地 彼岸墓地     14.3.14.
 259  やはりさう彼岸の入りの寒さかな 彼岸の入り     14.3.14.
 260  牡丹餅を茶店で食みし入彼岸 彼岸の入り      14.3.14.
 261  蛇穴を出て舌先で嗅ぐ諸情勢 蛇穴を出づ     14.3.15.
 262  蟻穴を出れば職務の違へなし  蟻穴を出づ      14.3.15.
 263  東風の中お礼詣での受験生 東風     14.3.15.
 264  東風吹いて裏返る絵馬戻る絵馬 東風     14.3.15.
 265  東風吹いて花びら走る天神社 東風     14.3.15.
 266  房総の棚田で獲れし田螺食む 田螺     14.3.15.
 267  春の水日ごとに瀬音高まれり 春の水     14.3.15.
 268  流れ緩く蜷の筋道縦横に 蜷     14.3.15.
 269   水底にナスカの絵あり蜷の道  蜷     14.3.15.
 270  用水路蜷の筋道縦横に      14.3.15.
 271 種芋や大なる使命託したり 種芋     14.3.16.
 272 室出しの種芋眩し日の光り   種芋      14.3.16.
 273 耕運機往き来する見つ田打ちかな   田打ち     14.3.16.
 274 なぞえ畑鳴き音鋭く雉子よぎる   雉子     14.3.16.
 275 雉子撃ちのさなかに雉子に啼かれけり 雉子     14.3.16.
 276 里山のしじま切裂き雉子啼けり 雉子     14.3.16.
 277  嫁を呼ぶ雉子の二声渓走る   雉子     14.3.16.
 278  枯枝に命吹き出る牡丹の芽 牡丹の芽     14.3.16.
 279  ガラス片きらりと光る春の土 春の土     14.3.16.
 280   てんでんに背を伸ばしゐる菖蒲の芽 菖蒲の芽     14.3.16.
 281  青ぬたや橙色映へる貝の足 青ぬた     14.3.17.
 282  青ぬたに木の芽田楽宵の酒 青ぬた・ 木の芽田楽      14.3.17.
 283  山の宿青ぬた食めば田螺なり  青ぬた・ 田螺     14.3.17.
 284  酢味噌和え九条に隠る田螺かな  田螺      14.3.17.
 285  酢味噌和え食めば棚田の田螺かな  田螺      14.3.17.
 286  青ぬたや夕日色よし馬鹿の足
(馬鹿=馬鹿貝・青柳)
 青ぬた・ 青柳     14.3.17.
 287  田楽の味噌艶やかに松葉串 田楽     14.3.17.
 288  田楽の二本差し食ふ二本差し 田楽     14.3.17.
 289  田楽の串共食ひの二本差し 田楽      14.3.17.
 290  田楽の松葉串食ふ日本差し 田楽      14.3.17.
 291  蒸鰈あと引くほどの身の薄さ 蒸鰈      14.3.18.
 292  蜆汁椀に残りし貝と身と 蜆汁      14.3.18.
 293  棒鱈をしゃぶりつ交はす茶碗酒 棒鱈      14.3.18.
 294  水遣りの日課とすべく胡瓜蒔く 胡瓜蒔く      14.3.18.
 295 挿木してさてどこまでを見届けん  挿木      14.3.18.
 296 酢味噌和え山宿で食む田螺よし 田螺    14.3.18.
 297   田螺鳴く季節迎へし棚田かな  田螺       14.3.18.
 298  靴を脱ぎ青き踏む子ら鬨の声 青きを踏む・踏青      14.3.18.
 299  靴を脱ぎ青き踏む子ら声光る 青きを踏む・踏青     14.3.18.
 300  荒涼の被災地の空鳥帰る 鳥帰る    14.3.18.
 301  被災地に影を映しつ鳥帰る 鳥帰る      14.3.19.
 302  枯枝に吹き出す命牡丹の芽  牡丹の芽     14.3.19.
 303  東風吹けば花びら走る湯島かな 東風     14.3.19.
 304  片栗のなぞへに風と笑み交はす 片栗      14.3.19.
 305  なぞえ畑鳴き音鋭く雉子走る 雉子      14.3.19.
 306  靴脱いで靴下脱いで青き踏む 青きを踏む・踏青    春    14.3.19.
 307  園児らは裸足がうれし青き踏む 青きを踏む・踏青       14.3.19.
 308  吾はホモサピエンスはも青き踏む  青きを踏む・踏青      14.3.19.
 309  摘草も禁忌とされし汚染村 摘草   春    14.3.19.
 310  春興や余命少なき身なれども 春興      14.3.19.
 311   摘草や土筆に蓬芹も採り 摘草・筑紫・蓬・芹   春    14.3.20.
 312 かげろふをかき分けバスの近付けり  陽炎      14.3.20.
 313  じじばばはいけんぞなもしわて春蘭
(じじばば=春蘭の別名で春の季語)
じじばば   春    14.3.20.
 314  じじばばは困るぞなもしわて春蘭  じじばば      14.3.20.
 315 じじばばと呼ばんといてちょわて春蘭  じじばば      14.3.20.
 316  じじばばは酷い呼び名ぞわて春蘭  じじばば      14.3.20.
 317 春蘭に顔赤らめる人もゐて    春蘭      14.3.20.
 318  摘草の禁忌の解けぬ汚染の地 摘草      14.3.20.
 319 逞しき青年僧の彼岸の経 彼岸     14.3.20.
 320  境内に花屋も出でて彼岸寺 彼岸寺      14.3.20.
 321  牡丹餅を仏と分ける彼岸かな 入彼岸      14.3.21.
 322  こし餡の牡丹餅を食ふお中日 中日      14.3.21.
 323  蛇穴を舌ちょろちょろと出にけり  蛇穴を出る      14.3.21.
 324  蛇穴を一匹が出て二匹目も  蛇穴を出る       14.3.21.
 325  蛇穴を一匹が出てまた一匹  蛇穴を出る      14.3.21.
 326  薄紅の老梅吾と四十年  梅     14.3.21.
 327  首横に立ち去る人や犬ふぐり  犬ふぐり      14.3.21.
 328  首縦に立ち去る人や犬ふぐり  犬ふぐり       14.3.21.
 329  うなずいて立ち去る人や犬ふぐり  犬ふぐり      14.3.21.
 330  足止めてしゃがみ見てゐる犬ふぐり  犬ふぐり      14.3.21.
 331  ほんのりと含羞の紅豊後梅 豊後梅      14.3.22.
 332  紅ほのか花びら揺らす豊後梅  豊後梅      14.3.22.
 333  含羞の紅ほんのりと豊後梅  豊後梅      14.3.22.
 334  つらつらとつらつら椿見る波郷
(つらつら椿=春の季語)
 つらつら椿     14.3.22.
 335  落花などつらつら椿気にもせず  つらつら椿     14.3.22.
 336  切通しつらつら椿咲きこぼる  つらつら椿     14.3.22.
 337  つらつら椿瀬戸の島々巡る船  つらつら椿     14.3.22.
 338  つらつら椿瀬戸の島々船巡る
 つらつら椿     14.3.22.
 339  つらつら椿瀬戸の島々逆光線  つらつら椿     14.3.22.
 340  茶を一服つらつら椿池に映え  つらつら椿     14.3.22.
 341  茶を一服つらつら椿睨むなよ  つらつら椿     14.3.23.
 342  茶を一服つらつら椿地に落椿  つらつら椿・落椿     14.3.23.
 343  田螺食み棚田の味を噛みしめる  田螺     14.3.23.
 344  春の水棚田もこころ準備かな  春の水     14.3.23.
 345  蕎麦前の酒の火照りを冷ます東風  東風     14.3.23.
 346  春一番妊婦の腹を撫ぜてゆく  春一番     14.3.23.
 347  春闘もアベノミクスの出来レース  春闘     14.3.23.
 348  春服の内ポケットに解(ほつ)れあり  春服     14.3.23.
 349  春服の解れ気にせず街に出る  春服     14.3.23.
 350  春風や下校うながす♪七つの子  春風     14.3.23.
 351  青ぬたや汽笛に和する寺の鐘  青ぬた     14.3.24.
 352  青ぬたの朱色を散らす貝の足   青ぬた     14.3.24.
 353  里山の真上に円き朧月  朧月     14.3.24.
 354  春風に腹突き出してゆく妊婦  春風     14.3.24.
 355  古鉢にこびりつくよに咲く菫  菫     14.3.24.
 356  雨の中ひとり明るき花ミモザ  ミモザ     14.3.24.
 357  底抜けの明るきままにミモザ降る   青ぬた     14.3.24.
 358  黄金の雨かと足止む花ミモザ   青ぬた     14.3.24.
 359  恍惚のダナエを覆ふミモザかな   青ぬた     14.3.24.
 360  下向きて桜にあらじ花海棠  桜・花海棠     14.3.24.
 361  じじばばのすらりとありてうすみどり
(じじばば=春蘭の異名)
じじばば     14.3.25.
 362  じじばばの背すじすらりとうすみどり じじばば     14.3.25.
 363  じじばばの花色清しうすみどり じじばば   14.3.25.
 364  じじばばの粋に纏いし花衣 じじばば    v14.3.25.
 365  じじばばにそっと口寄す久女かな じじばば   14.3.25.
 366  じじばばの粋な姿ぞうすみどり じじばば    v14.3.25.
 367  じじばばの名にそぐはねど粋な花 じじばば    v14.3.25.
 368  じじばばの名にそぐはねど粋に咲く じじばば    v14.3.25.
 369 戸袋の雨戸鳴らして春一番 春一番    v14.3.25.
 370  春一番補填の奥歯剥がれけり 春一番     14.3.25.
 371  どの髪も吹き乱しゆく春一番 春一番     14.3.26.
 372  春一番吹いて桜も名乗り上ぐ
(3.18.関東・四国に春一番。高知城で桜開花宣言。)
春一番     14.3.25.
 373  朗々と青年僧の彼岸の経   彼岸   v14.3.25.
 374  穴を出し蛇待つ影や長火箸 春一番     14.3.25.
 375  蛇出でてあぎと握らる身の不幸 蛇穴を出る     14.3.25.
 376  穴を出し蛇吠え立つる散歩犬 蛇穴を出る     14.3.25.
 377  蛇穴を出て後ずさる散歩犬 蛇穴を出る     14.3.25.
 378  積み重ね置きたる鉢に菫咲く     14.3.25.
 379   捨て鉢の水も遣らぬに花菫     14.3.25.
 380  土替えの鉢取り出せば姫すみれ        14.3.25.
 381  古鉢の乾きし土に姫すみれ       14.3.26.
 382  あら土筆あらあら土筆腰落とす 土筆     14.3.26.
 383  あら土筆あらあら土筆としゃがみけり 土筆     14.3.26.
 384  あら土筆あらあら土筆摘み初めり  土筆      14.3.26.
 385  あら土筆あらあら土筆摘みつ声  土筆     14.3.26.
 386  つんつんと抜くももどかし土筆摘む  土筆     14.3.26.
 387  ここにまた黄花群がる母子草 母子草      14.3.26.
 388   あの日から摘む人もなき蓬かな  蓬     14.3.26.
 389  春一番あすは知らねどけふの月  春一番     14.3.26.
 390  補填取れ歯医者への道春の雨  春雨     14.3.26.
 391  庭の鉢しみじみ濡らす春の雨  春雨     14.3.27.
 392  ごみ出しや傘差さまいか春の雨  春雨     14.3.27.
 393  普段靴履いて出かける春の雨  春雨     14.3.27.
 394  畑見舞ひ戻る長靴春の泥  春泥     14.3.27.
 395  花柄の長靴が行く春の雨  春雨     14.3.27.
 396  捨て鉢に萌え出してゐる名草の芽  名草の芽     14.3.27.
 397  捨て鉢に名わからずも名草の芽  名草の芽     14.3.27.
 398  胸騒ぎときめきもなし春落葉  春落葉     14.3.27.
 399  眠りたる命目覚ます種浸し  種浸し     14.3.27.
 400  種かかし手持無沙汰のネットかな  種案山子     14.3.27.
 401  畝ごとに苗札の立つ趣味の畑  苗札     14.3.28.
 402  畝ごとに苗札を挿す趣味の畑  苗札     14.3.28.
 403  対岸に多摩の横山青き踏む  青き踏む     14.3.28.
 404   蓬摘む人影絶へて被災の野  蓬     14.3.28.
 405  身ぎれいななりで田に立つ種案山子  種案山子     14.3.28.
 406 寄居虫(やどかり)の物件変へる速さかな  寄居虫     14.3.28.
 407  寄居虫の尻差し入れし新居かな   寄居虫     14.3.28.
 408  寄居虫の食指の動く空家かな   寄居虫     14.3.28.
 409  寄居虫や空家ばかりの過疎の村   寄居虫     14.3.28.
 410  空家あり寄居虫来いよ過疎の村   寄居虫     14.3.28.
 411  千枚田畦にしゃがんで田螺獲り  田螺     14.3.29.
 412  千枚田再会祝ふ田螺汁  田螺汁     14.3.28.
 413  里山のキャンプの卓に芹田螺  芹・田螺     14.3.28.
 414   魚篭(びく)のなか田螺鳴かずに愚痴るかな
 田螺     14.3.28.
 415  ほつほつと疎開の味の田螺汁   田螺汁     14.3.28.
 416 蟻穴を出でて仕事の続きかな   蟻穴を出ず     14.3.28.
 417  熊蜂の重きを浮かす翅の音  蜂     14.3.28.
 418  春の蚊の呟き残し飛び去れり  春の蚊     14.3.28.
 419 四五輪で桜開花のお墨付き   桜     14.3.28.
 420 咲いて知る染井桜の樹の多さ   桜     14.3.28.
 421  親孝行せずに己が生身魂
(季語:生身魂=秋)
生身魂   秋   14.3.29.
 422  雑草に違ひはなくも踊子草
(季語:踊子草=夏)
 踊子草  夏   14.3.29.
 423  びっしりと花咲き揃ふ踊子草   踊子草     14.3.29.
 424  初蝶に防虫ネット手配せり 初蝶     14.3.29.
 425  初蝶に急ぎネットを掛けし畑 初蝶     14.3.29.
 426  初蝶に農は慌てて防虫網  初蝶      14.3.29.
 427  野も森も春の調べの中にあり  春     14.3.29.
 428  野も森も春の調べに踊りけり  春     14.3.29.
 429  雪衣つぎつぎ脱いで山笑ふ  山笑ふ      14.3.29.
 430  山笑ひ谷川走る水笑ふ  山笑ふ      14.3.29.
 431   山笑ひ谷川の水踊り行く 山笑ふ     14.3.30.
 432  面伏す佳人の涙断腸花
(季語:断腸花・秋海棠=秋)
断腸花   秋   14.3.30.
 433 筆たての隠れ家を出て春の蠅
(荷風句<筆たてをよきかくれがや冬の蠅>に対句)
 春の蠅  春    14.3.30.
 434 長らへて春の蠅追ふ俳の径
(荷風句<長らへてわれもこの世を冬の蠅>に対句)
 春の蠅     14.3.30.
 435  作句するキーを叩きつ目借時  目借時     14.3.30.
 436  春の水鯉も大口開けて来る  春の水     14.3.30.
 437  春の海竿持つ人の背が伸びる  春の海     14.3.30.
 438  釣り人の背すじの伸びる春の海  春の海     14.3.30.
 439  烏賊三杯釣りて引き揚ぐ春の海
(瀬戸内の北条鹿島で)
 春の海     14.3.30.
 440  逃げ水や花小金井へ向ふバス  逃げ水     14.3.30.
 441  逃げ水と間合ひ崩さずバス走る  逃げ水     14.4.1.
 442  子らはみな靴脱ぎ捨てて青き踏む  青き踏む     14.4.1.
 443  仏生会寺を巡りて甘茶掛け  仏生会     14.4.1.
 444   甘茶かけつ寺巡りたり仏生会  仏生会     14.4.1.
 445  山寺も光の中や灌仏会  灌仏会     14.4.1.
 446  染卵赤青緑子らの手に  染卵     14.4.1.
 447  歯医者にて奥歯の補填三鬼の忌  三鬼の忌     14.4.1.
 448  何の影と水底みれば蝌蚪の群れ  蝌蚪     14.4.1.
 449   舞ひ上がり舞ひ落ちてこそ雲雀かな  雲雀     14.4.1.
 450 翻りひるがへりたる初燕   初燕     14.4.1.
 451   渚ではつねに片貝桜貝  桜貝    14.4.2.
 452   家探しに追はれて走るがうなかな
(がうな=寄居虫)
 がうな    14.4.2.
 453   毀誉褒貶どこ吹く風の花薺  薺の花     14.4.2.
 454   ぺんぺんと撥を揃へて薺咲く  薺の花     14.4.2.
 455   見上ぐれば樋に花咲く薺かな  薺の花     14.4.2.
 456   年金で暮らす狭庭のぺんぺん草  薺の花=ぺんぺん草     14.4.2.
 457   ときに賞でときに恥じらふ薺咲く  薺咲く     14.4.2.
 458   まゝ事に土筆使ひし立子の忌  土筆     14.4.2.
 459   土筆からバトンタッチの杉菜道  土筆・杉菜     14.4.2.
 460   見つけたる人を跼ます州浜草  州浜草     14.4.2.
 461  しゃがみ込み顔寄せて見る三角草  三角草     14.4.3.
 462  取り立てて声にはせねど薊かな  薊     14.4.3.
 463  座禅草光を向いて花達磨  座禅草     14.4.3.
 464  座禅草なかを覗けば花達磨   座禅草     14.4.3.
 465 春場所や卓を叩いて鶴竜優勝
(14.3.23.14勝1敗で鶴竜初優勝、横綱へ)
 春場所     14.4.3.
 466  この地味な花に憑かれて海老根かな  海老ね     14.4.3.
 467  嫁菜摘み絶へて人影なき災地  嫁菜     14.4.3.
 468  春竜胆濃き紫の山路かな  春竜胆     14.4.3.
 469  海雲(もずく)酢に磯の音聞く独酒  水雲・海雲     14.4.3.
 470  蜜柑山減り山桜目立つ山  山桜     14.4.3.
 471  山茱萸の枝も回りも黄の霞  山茱萸    14.4.4.
 472   連翹の連なり咲けば日も遊ぶ
 連翹     14.4.4.
 473   海雲食む沖縄からの海の幸  海雲     14.4.4.
 474  翻りまたひるがへる初燕  初燕     14.4.4.
 475  薔薇の芽の伸びたる枝に袖取らる  薔薇の芽     14.4.4.
 476  紅色の若芽吹き出す薔薇の鉢  薔薇の芽     14.4.4.
 477  バス停のバス待つ人に花辛夷  辛夷     14.4.4.
 478  どら猫の尾かと見紛ふ榛の花  榛の花     14.4.4.
 479  どら猫の尻っぽ集めて榛の花  榛の花     14.4.4.
 480  どら猫の尻っぽ百本榛の花  榛の花     14.4.4.
 481  数珠垂れて木五倍子の花の薄みどり  榛の花     14.4.5.
 482  丹念に花を連ねて木五倍子垂る  花木五倍子     14.4.5.
 483  木五倍子咲く金の鎖と見るもよし  花木五倍子     14.4.5.
 484  どの枝もぞろりぞろりと咲く木五倍子   花木五倍子     14.4.5.
 485   花房を垂らして木五倍子静かなり   花木五倍子     14.4.5.
 486  囀りや餌場情報かも知れず  囀り      14.4.5.
 487  囀りやけふはどこまで出かけよか   囀り      14.4.5.
 488  子規庵を訪ふ道すがら初燕
(14.3.25.根岸の子規庵への途次行き合う。)
 初燕      14.4.5.
 489 朝顔市恐れ入りやの鬼子母神
(入谷鬼子母神の真源寺に参りて。) 
 朝顔市       14.4.5.
 490  鬼子母神鬼の頭の角の取れ(無季)       14.4.5.
 491  白木蓮上野の山の寺静か  白木蓮      14.4.6.
 492  はくれんの花たわわなり寛永寺   白木蓮      14.4.6.
 493  上野では人のぞめきで桜咲く  桜      14.4.6.
 494  場所取りで開花うながす上野かな   桜      14.4.6.
 495  春鳥の一羽も来ぬか子規の庵  春鳥      14.4.6.
 496  子規庵の文机に坐し春一句  春      14.4.6.
 497  子規居士の倍余も生きて春の庵  春      14.4.6.
 498  子規庵の百坪ほどの明治かな(無季)        14.4.6.
 499  子規庵の百坪ほどの明治の春  春      14.4.6.
 500  古井戸に梅散り敷ひて子規の庭  梅      14.4.6.
 501  鴬の鳴き音聞けねど子規の庭  鴬      14.4.7.
 502  春昼の坪庭まぶし子規の庵  春昼     14.4.7.
 503  春昼や明治を遺す子規の庵   春昼     14.4.7.
 504  春昼や子規追っかけの句碑めぐり   春昼     14.4.7.
 505  ビルの底根岸の里は春うらら  春うらら     14.4.7.
 506  子規庵の去年のへちまや春うらら  春うらら     14.4.7.
 507  うららかや庵のへちまは去年のもの  春うらら     14.4.7.
 508  うららかや明治の根岸子規の庵  春うらら     14.4.7.
 509  子規庵の文机で漕ぐ春の夢  春     14.4.7.
 510  かがなべて子規の倍余も生きし春  春     14.4.7.
 511  句会後の酒にぎやかに春惜しむ  春惜しむ      14.4.8.
 512  時の経つ速さ恐ろし春惜しむ   春惜しむ      14.4.8.
 513  子規庵に子規のポーズで春惜しむ   春惜しむ      14.4.8.
 514  子規庵の文机に坐し春惜しむ  春惜しむ      14.4.8.
 515  去年のへちま揺れる子規庵春惜しむ   春惜しむ      14.4.8.
 516  ラブホテル抜けて子規庵春惜しむ
(子規庵は鴬谷のラブホテル街のど真ん中にある。)
  春惜しむ      14.4.8.
 517  花見酒飲んで浮かれて春惜しむ   春惜しむ      14.4.8.
 518  かゞなべてなほ惜春の吾おかし   春惜しむ      14.4.8.
 519  かゞなべてなほ惜春の吾のをり   春惜しむ      14.4.8.
 520  春惜しむ心の奥を過るもの   春惜しむ      14.4.8.
 521  かがなべし己を重ね春惜しむ   春惜しむ      14.4.9.
 522  こでまりの枝揺すぶれば皆踊る  こでまり      14.4.9.
 523  こでまりにお出でお出でと誘はれぬ  こでまり     14.4.9.
 524  こでまりの花をつつけば頷きぬ  こでまり     14.4.9.
 525  こでまりを蹴りて尻餅つく男  こでまり     14.4.9.
 526  木々競ひ色とりどりに花霞  霞     14.4.9.
 527  寛永寺裏に枝垂るる滝桜  枝垂れ桜     14.4.9.
 528  荒業を見せて草間へ落雲雀  落雲雀     14.4.9.
 529  垂直に揚り落ち来る雲雀かな  揚雲雀・落雲雀     14.4.9.
 530  うららかや水輪の揺れる庇裏  うららか     14.4.9.
 531  木蓮の花びらがしっと開きをり  木蓮     14.4.10.
 532  さくら咲き人は寂しいものと知る  桜     14.4.10.
 533  満を持し山のをちこち花霞  霞     14.4.10.
 534  狭庭には山桜桃(ゆすら)の花ぞ似合ひけり  山桜桃梅の花     14.4.10.
 535  有線が正午告げをり筆竜胆  竜胆     14.4.10.
 536  間引き畑腰の膏薬伸び縮む  間引き菜     14.4.10.
 537  畑土に触れんばかりに初燕  初燕     14.4.10.
 538  蝮草その不気味さも板に付き 蝮草     14.4.10
 539  木漏れ日ににやりと出合ふ蝮草  蝮草     14.4.10.
 540  十二単やや暑苦し花咲けり  十二単     14.4.10.
 541  若芝に子猫の独り遊びかな  若芝     14.4.11.
 542  茎立の花相似たる葉物畑  茎立     14.4.11.
 543  さり気なく世代変へるや春落葉  春落葉     14.4.11.
 544  さり気なく古きが散るや春落葉  春落葉     14.4.11.
 545  猫招く枝垂れ桜や豪徳寺  枝垂れ桜     14.4.11.
 546  満願の招福の猫豪徳寺       14.4.11.
 547  満願の猫並ぶ寺白木蓮  白木蓮      14.4.11.
 548  花びらの編目も粋に貝母咲く  貝母     14.4.11.
 549   花韮の花群れ揺るる世田谷線  韮の花     14.4.11.
 550  花韮の楷書のごとく咲きにけり  韮の花     14.4.11.
 551  草むらに花韮咲いて三月尽  三月尽     14.4.12.
 552  蒼天を切抜いて咲く白木蓮  木蓮     14.4.12.
 553  白に朱の飛白(かすり)走らす斑の椿  椿     14.4.12.
 554  斑の椿一花も落さず咲き揃ふ  椿     14.4.12.
 555 道の端に花韮続き暮遅し   韮の花     14.4.12.
 556  虚無僧はとんと見かけず貝母(ばいも)咲く
(貝母=編笠百合)
 貝母の花     14.4.12.
 557  虚無僧は死語にはあらず貝母咲く  貝母の花     14.4.12.
 558  虚無僧の深編笠や貝母咲く  貝母の花     14.4.12.
 559  編笠百合面を伏せて咲きにけり  編笠百合     14.4.12.
 560  木漏れ日に怯えしごとく貝母咲く  編笠百合     14.4.12.
 561  倶利迦羅の刺青隠して貝母咲く  貝母の花     14.4.13.
 562  倶利迦羅の刺青覗かせ貝母咲く  貝母の花     14.4.13.
 563  いやさお富与三の啖呵や貝母咲く  貝母の花     14.4.13.
 564  切り傷の面を斜めに貝母咲く  貝母の花     14.4.13.
 565  山峡に金鈴揺るる土佐みづき  土佐水木     14.4.13.
 566  こでまりの花の揺るれば虫も揺れ  こでまり     14.4.13.
 567  山道に花の鎖や木五倍子(きぶし)咲く 木五倍子の花      14.4.13.
 568  花鎖ぞろりと垂らし木五倍子咲く  木五倍子の花      14.4.13.
 569  金の鎖ちょっとほめ過ぎ花木五倍子  木五倍子の花      14.4.13.
 570   通り過ぎ振り向ひて見る花木五倍子  木五倍子の花      14.4.13.
 571  永き日や木魚の音のふと緩み  永き日     14.4.14.
 572  ぽくぽくと日永を刻む木魚かな 日永     14.4.14.
 573  紫木蓮白き蹴出しの艶やかに 木蓮      14.4.14.
 574  艶やかに白き蹴出しの紫木蓮 木蓮     14.4.14.
 575  厚塗りの熟女の匂ひ紫木蓮 木蓮     14.4.14.
 576  飽きもせず風と戯る雪柳 雪柳      14.4.14.
 577  散り敷けば雪降りしごと雪柳 雪柳      14.4.14.
 578  藤棚の花房すべて一樹とは 藤棚      14.4.14.
 579  山藤の紫霞む奥秩父 藤      14.4.14.
 580   水温み川瀬に児らの声弾む  水温む     14.4.14.
 581  四海波静かと言へず春愁い 春愁      14.4.15.
 582  けろけろと蛙宰相右に跳ね  蛙     14.4.15.
 583  木瓜の花佳人なれども肩凝らず  木瓜の花     14.4.15.
 584  季の来れば立壺菫勝手咲き  菫     14.4.15.
 585  お釈迦さま乾く暇なし灌仏会  灌仏会     14.4.15.
 586  灌仏会祖母の手もみの甘茶かな  灌仏会      14.4.15.
 587  天指せる指に花びら灌仏会   灌仏会      14.4.15.
 588  女郎花男郎花分く黄と白と 女郎花・男郎花      14.4.15.
 589  花吹雪その壮絶に息を止む  花吹雪     14.4.15.
 590  木蓮の花重た気に空占むる  木蓮     14.4.15.
 591   ごろとだけ遠くで鳴りて三月尽  三月尽     14.4.15.
 592 連翹の花路地裏を明るうす  連翹     14.4.16.
 593  良寛も遊び疲るる日永かな 日永     14.4.16.
 594  永き日や二日剃らねば無精ひげ  永き日      14.4.16.
 595  二日酔い久しぶりなり葱の花  葱の花     14.4.16.
 596   春宵に秋の季語食ふとろろ汁   春宵     14.4.16.
 597  また逢へり生きる証しの桜かな  桜     14.4.16.
 598  梅散りて木蓮揺るる四月かな  桜・木蓮     14.4.16.
 599  戸袋の雨戸ことりと春の風  春風     14.4.16.
 600  黒礫つと翻るつばくらめ  燕     14.4.16.
 601  春風や嬰児走れば母が追ふ  春風     14.4.17.
 602  春風に走る嬰児を母が追ふ  春風     14.4.17.
 603  きゃっきゃっと走る嬰児や春の風  春風     14.4.17.
 604  酒飲みが酒飲み厭ふ桜かな  桜     14.4.17.
 605  まん丸な煙を浮かべしゃぼん玉  しゃぼん玉     14.4.17.
 606   まん丸に煙を包みしゃぼん玉   しゃぼん玉     14.4.17.
 607  こでまりの花枝の撓り触るる道  こでまり     14.4.17.
 608  猫集め餌撒くおばば春帽子  春     14.4.17.
 609  やれ打つなキーに止まりし春の蠅  春の蠅     14.4.17.
 610  こでまりの花の上飛ぶしゃぼん玉 こでまり・しゃぼん玉      14.4.17.
 611  春霞光りの童子瀬を渡る
(夭折の弟を想い)
春霞      14.4.18.
 612  高低くが微笑ましくも二輪草  二輪草     14.4.18.
 613  桜貝拾はれた先別々に  桜貝     14.4.18.
 614  フルートで吹きし日もあり春の海  春の海     14.4.18.
 615  蕎麦前酒どこでも並ぶ蛍烏賊  蛍烏賊     14.4.18.
 616   花筵海老の姿で眠りこけ  花筵     14.4.18.
 617  雨に濡れずしりと重き花万朶  花万朶      14.4.18.
 618  咲きみちて桜色なる雨雫  桜     14.4.18.
 619  うす紅に雨を染めゐる桜かな   桜     14.4.18.
 620  一花ずつ雨滴載せゐる桜かな   桜     14.4.18.
 621  花吹雪神社の隣りラブホテル  花吹雪     14.4.19.
 622  うす紅に雨の染まりて花万朶  花万朶      14.4.19.
 623  球場に人の影なく初燕  初燕     14.4.19.
 624  見下ろせば摘みたくなりし名草かな  名草     14.4.19.
 625  夜半の春明日へ跨ぐ柱時計  夜半の春     14.4.19.
 626  山の窪野糞を放つ杣春昼  春昼     14.4.19.
 627  揚ひばり野糞に励む伊昔紅
(金子伊昔紅:医師俳人・兜太の父)
揚雲雀      14.4.19.
 628 高雲る空に紛るる糸桜  糸桜     14.4.19.
 629  御衣黄の緑花見守る蹴鞠かな  御衣黄     14.4.19.
 630  どこまでが空どこからが地花吹雪  花吹雪     14.4.19.
 631   香雲の上で呑みたい花見酒  花見     14.4.20.
 632  句帳手に寺を巡りぬ仏生会  仏生会     14.4.20.
 633  寺巡る吟行の道仏生会  仏生会     14.4.20.
 634  願ひ込め柄杓傾く甘茶仏  甘茶仏     14.4.20.
 635  本堂に読経流るる花祭  花祭     14.4.20.
 636  歳時記を繰りつ吟行花御堂  花御堂     14.4.20.
 637  すぎ花粉きにしつマスク灌仏会  灌仏会     14.4.20.
 638  裾分けの甘茶いただく仏生会  仏生会     14.4.20.
 639  凛々しくも天上天下甘茶仏  甘茶仏     14.4.20.
 640  甘雨浴び天地指さす御子釈尊  甘茶仏     14.4.20.
 641  花吹雪四月八日の寺めぐり  花吹雪     14.4.21.
 642  心の音となりし木魚や灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 643  振るまひの甘茶いただき灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 644   甘茶かけお身ぬぐいする灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 645  勤行の木魚が刻む仏生会  仏生会     14.4.21.
 646  天高く鳶が輪を描き仏生会  仏生会      14.4.21.
 647   白塗りに紅さす稚児の花供養  花供養     14.4.21.
 648  じじばばのすらりとありて笑みにけり じじばば(春蘭)      14.4.21.
 649  一対に高低ありて二輪草  二輪草     14.4.21.
 650  高低が夫婦に似たる二輪草   二輪草     14.4.21.
 651  初蝶を泣かすな風よそっと吹け  初蝶     14.4.21.
 652  寺ごとに甘茶いただき灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 653  巡る寺光の中や灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 654  勤行の鉦にぎやかに仏生会  仏生会     14.4.21.
 655  天をさす指に花びら灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 656  寺ごとに甘茶いただく灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 657  寺めぐり甘茶いただく灌仏会  灌仏会     14.4.21.
 658  寺ごとの甘茶の味や仏生会   仏生会     14.4.21.
 659  つぎつぎと杓注がれて甘茶仏  甘茶仏     14.4.21.
 660  花びらの御足に浮かぶ甘茶仏  甘茶仏     14.4.21.
 661  杓そそぐ黒く小さき甘茶仏  甘茶仏     14.4.22.
 662  甘茶仏天地を指しつ産湯かな  甘茶仏     14.4.22.
 663  どの寺も小さく黒き甘茶仏  甘茶仏     14.4.22.
 664  注がれし甘茶たゆとう御足元  甘茶      14.4.22.
 665   うぐひすの鳴き音整ひラブコール  鴬     14.4.22.
 666 うぐひすの鳴き音整ひ恋のうた  鴬     14.4.22.
 667  うぐいすの鳴き音整に恋盛る  鴬     14.4.22.
 668  燕の巣改築の家の元の位置  燕の巣     14.4.22.
 669  花いかだ帯と流るる用水路  花筏     14.4.22.
 670   花びらのひとひら浮ぶ甘茶碗   甘茶     14.4.22.
 671  梅雨入りや新聞濡れぬ袋入り  梅雨に入る     14.4.23.
 672  梅雨に入り傘間違はれ置き忘れ   梅雨に入る     14.4.23.
 673  青梅雨や一草庵の水溜り  青梅雨     14.4.23.
 674  傘片手スマホ片手の梅雨の街  梅雨     14.4.23.
 675  梅雨に入り日ごとに緑増す田んぼ  梅雨に入る     14.4.23.
 676  梅雨なれど晴れの日のごと走る子ら  梅雨     14.4.23.
 677  兼題の梅雨の句詠みに街に出る   梅雨     14.4.23.
 678  黴茸にょきのよきにょきと梅雨来る   梅雨     14.4.23.
 679  梅雨来るアジアモンスーン大気圏   梅雨     14.4.23.
 680  スマホ歩き滑って転んで梅雨に入る   梅雨に入る     14.4.23.
 681  春風やそこのけそこのけスマホが通る  春風     14.4.24.
 682  切れ目なき梅雨雲見上ぐ閑居かな  梅雨     14.4.24.
 683  パソコンに日がな句を打つ梅雨籠 梅雨籠     14.4.24
 684  終日をパソコン前に梅雨ごもり  梅雨籠     14.4.24
 685  梅雨茸その華麗さが怖ろしき  梅雨茸     14.4.24.
 686  ででぽぽと鳴く雉鳩や走り梅雨  梅雨     14.4.24.
 687  蚊帳吊草スマホ歩きの目に入らず  蚊帳吊草     14.4.24.
 688  昼花火上げても寂し蚊帳吊草   蚊帳吊草     14.4.24.
 689   シカトなど気にも留めずに蚊帳吊草   蚊帳吊草     14.4.24.
 690  梅雨深し奥の細道結びの地  梅雨      14.4.24.
 691  梅雨深し袋に入れて新聞来る  梅雨      14.4.25.
 692  窓外の富士見過ごして目借時 目借時       14.4.25.
 693  もこもこと笑ふ山々里の道  山笑ふ      14.4.25.
 694  養老の山笑ひこけ滝こぼす   山笑ふ      14.4.25.
 695  養老の滝見上具れば山笑ふ   山笑ふ      14.4.25.
 696  青鷺の魚(鯔)捕る水路舟下り
(14.4.13.奥の細道結びの地、大垣で)
 青鷺      14.4.25.
 697  新聞は袋入りなり梅雨来る  梅雨      14.4.25.
 698  青鷺の頸突き出して不動なり  青鷺      14.4.25.
 699  青鷺の瞬時を決める待ち時間  青鷺      14.4.25.
 700   魚影読み青鷺の黄の嘴走る  青鷺      14.4.25.
 701 魚影追ひ青鷺の嘴水面裂く  青鷺      14.4.26.
 702 漁(すなど)りの青鷺の嘴魚反らす  青鷺      14.4.26.
 703  黄の嘴に魚跳ねるまま青の鷺  青鷺      14.4.26.
 704  青鷺の嘴先走る鮠の影    青鷺      14.4.26.
 705  分水の際に星屑犬ふぐり  犬ふぐり      14.4.26.
 706  在来の犬のふぐりや奥武蔵  犬ふぐり      14.4.26.
 707  白鷺の白い孤独が瀬を渡る  白鷺      14.4.26.
 708   養老の滝を濡らして梅雨に入る   梅雨に入る      14.4.26.
 709  養老の滝に添ひ寄る花吹雪  花吹雪     14.4.26.
 710  青梅雨や木々ごくごくと喉鳴らす  青梅雨     14.4.26.
 711  喜寿プラス一つ年取り野の菫  菫    14.4.27.
 712  山笑ふ養老の滝訪ねけり  山笑ふ     14.4.27.
 713  青梅雨や養老の滝白き帯   青梅雨     14.4.27.
 714  いとこ会最長老のおらが春  春     14.4.27.
 715  桜散る大垣城や舟下り  桜散る     14.4.27.
 716  山笑ふ養老の滝茶店酒   山笑ふ     14.4.27.
 717  ついに吾狭庭に出たり諸葛菜  諸葛菜      14.4.27.
 718  吾狭庭ひと茎なれど花大根  花大根     14.4.27.
 719  嬉々として踊子草の円舞曲  踊子草     14.4.27.
 720  さんざめく踊子草の大群舞  踊子草     14.4.27.
 721  踊子の楽屋懐かし踊子草  踊子草     14.4.28.
 722  百人のラインダンスや踊子草  踊子草     14.4.28.
 723  国際の舞台懐かし踊子草
(浅草・国際劇場はSKDの拠点だった。)
 踊子草     14.4.28.
 724  しゃがみ込み踊子草に「やあ」と言ふ  踊子草     14.4.28.
 725  勁草の強き意志あり野の菫  菫     14.4.28.
 726  筍を土の気配で掘る名人  筍・たかんな     14.4.28.
 727  鍬一閃たかんなの尻捉えたり  筍・たかんな     14.4.28.
 728   青臭きたかんな抱へ帰路に就く  筍・たかんな     14.4.28.
 729  土破り竹の子ひょいと娑婆の風 竹の子      14.4.28.
 730  土破り竹の子ひょいと娑婆を見る  竹の子      14.4.28.
 731  土破り竹の子ひょいと娑婆仰ぐ  竹の子      14.4.29.
 732  家付きの蟾の居残る避難地区 蟾蜍      14.4.29
 733  蟾いわく俺が守ると避難地区  蟾蜍      14.4.29
 734  瀬の音に混じりて聞ゆ河鹿笛 河鹿・河鹿笛      14.4.29
 735  瀬の音に合せるごとく河鹿笛  河鹿・河鹿笛      14.4.29
 736  瀬の音に紛れ紛れつ河鹿鳴く  河鹿・河鹿笛      14.4.29
 737  奥武蔵瀬音に混じる河鹿笛  河鹿・河鹿笛      14.4.29
 738  御影石張り付いたまま蜥蜴の子  蜥蜴     14.4.29
 739  ガラス戸に牛皮のごとき守宮をり  守宮     14.4.29
 740   ひと片ずつ振り捨ててゐる紫木蓮 紫木蓮      14.4.29.
 741  わが庭は野に咲く菫踊子草 菫・踊子草      14.4.30.
 742  人住めぬ避難の里に燕来る  燕     14.4.30.
 743  人住めぬ避難の里の燕かな  燕     14.4.30.
 744  つばくろに留守を委ねる避難地区  燕     14.4.30.
 745  花馬酔木こそとも揺れず日の出山  馬酔木     14.4.30.
 746  馬酔木咲き満天星(どうだん)咲いて季は移る  馬酔木・満天星     14.4.30.
 747  満天星の白鈴ゆらす風の唄  満天星     14.4.30.
 748  柳絮飛び横へ横へと流れけり 柳絮      14.4.30.
 749  顔に触れ横一文字柳絮飛ぶ  柳絮      14.4.30.
 750   石楠花の藪漕ぎ来たる向ふ傷  石楠花     14.4.30.
 751 山査子や米史にその名メイフラワ  山査子     14.5.1.
 752  山査子や米史に刻むメイフラワ   山査子     14.5.1.
 753  さくら終えつつじ艶やか上水路  躑躅     14.5.1.
 754  つつじ背に弁当開く母子連れ   躑躅     14.5.1.
 755  つつじ山赤一色の園児の絵   躑躅     14.5.1.
 756  園児描く赤一色のつつじ山   躑躅     14.5.1.
 757  藪漕げば爪立ててくる躑躅山     躑躅     14.5.1.
 758  マネキンは下着をつけず更衣  衣更・更衣     14.5.1.
 759  ブーツ履きタンクトップの衣更   衣更・更衣     14.5.1.
 760  替え上着明るい色に衣更   衣更・更衣     14.5.1.
 761  替え上着おなんど色に衣更  衣更・更衣    14.5.2.
 762  びの地舟下りして春惜しむ
(奥の細道結びの大垣で)
 春惜しむ     14.5.2.
 763  養老の滝見上げつつ春惜しむ
(60年ぶりに再訪)
 春惜しむ     14.5.2.
 764  こでまりの風と戯る日がなかな  子でまり     14.5.2.
 765  多摩川の瀬音に混じる河鹿笛  河鹿笛     14.5.2.
 766  子らの声消へし里にも鯉のぼり  鯉のぼり     14.5.2.
 767  部屋のなかひそと飾らる鯉のぼり  鯉のぼり     14.5.2.
 768  部屋で飼ふ犬部屋飾る鯉のぼり  鯉のぼり     14.5.2.
 769  川面覆ひ死者浮き沈むひろしま忌  ひろしま忌     14.5.2.
 770  薄れゆく阿鼻叫喚や原爆忌  原爆忌     14.5.2.
 771   はらからの虐殺されし原爆忌   原爆忌     14.5.3.
 772  アメリカが?うそーと叫ぶ原爆忌   原爆忌     14.5.3.
 773  草花に水遣り終へて原爆忌   原爆忌     14.5.3.
 774  ペットボトル持ちて黙とう原爆忌   原爆忌     14.5.3.
 775  語り部の絶へる日近し原爆忌   原爆忌     14.5.3.
 776  花吹雪呼び寄せ落ちる滝の水  花吹雪     14.5.3.
 777  こめかみに梅干貼りし祖母がゐた 梅干      14.5.3.
 778  半眼の露座の大仏目借時  目借時     14.5.3.
 779  ゆで卵もらいて置けり夏帽子  夏帽子     14.5.3.
 780  ラジコンのヘリ飛ぶ河原河鹿鳴く  河鹿     14.5.3.
 781  わが余命知らぬが仏河鹿鳴く  河鹿     14.5.4.
 782  夕間暮れ輪唱となる河鹿笛  河鹿笛     14.5.4.
 783  瀬の音に負けじと河鹿喉きかす  河鹿     14.5.4.
 784   何鳥か雀がくれに雛の声  雀隠れ     14.5.4.
 785  草野球雀がくれの球探し  雀隠れ     14.5.4.
 786  蝮注意!雀がくれの立て看板  雀隠れ     14.5.4.
 787  蟇突如のたりのたりと歩みけり  蟇     14.5.4.
 788  人住めぬ里の留守居の蟾蜍(ひきがえる)  蟾蜍     14.5.4.
 789  人住めぬ里を預かる蟾蜍  蟾蜍     14.5.4.
 790  寸止めで翻りたるつばくらめ  燕     14.5.4.
 791  路地裏を下見の燕ひるがえる  燕     14.5.5.
 792  路地裏の下見か燕ひるがえる  燕     14.5.5.
 793  十二単(じゅうにひとえ)名前が少し重たけり  十二単     14.5.5.
 794  色褪せし十二単の末摘花  十二単     14.5.5.
 795  去年よりも花数増へし犬ふぐり  犬ふぐり     14.5.5.
 796   春蘭や粋な男女の立ち姿  春蘭     14.5.5.
 797  木漏れ日をちょっと外して蝮草  蝮草     14.5.5.
 798  山路にも逸出帰化の菫咲く  菫     14.5.5.
 799  苜蓿(うまごやし)花より四葉探しけり  苜蓿     14.5.5.
 800  苜蓿母子で探す四葉かな   苜蓿     14.5.5.
 801  苜蓿四葉見つけし子の歓声   苜蓿     14.5.6.
 802  車窓からげんげ田見つけ指させり 紫雲英( げんげ)     14.5.6.
 803  紫雲英田や祖母直伝の花輪編む  紫雲英     14.5.6.
 804  紫雲英田に孫を連れ来て花輪編む  紫雲英     14.5.6.
 805  犬ふぐり謂れを訊かれ俯く娘(こ)  犬ふぐり     14.5.6.
 806  犬ふぐりなんでふぐりと訊く乙女  犬ふぐり     14.5.6.
 807   たんぽぽを野菜サラダで食ふキャンプ  たんぽぽ     14.5.6.
 808  路地裏の下見か燕ひるがえる  燕     14.5.6.
 809  地を掠めリニアに紛ふ飛燕かな   燕     14.5.6.
 810  登山靴履かずに仕舞ひ春惜しむ  春惜しむ     14.5.6.
 811  いとこ会舟下りして春惜しむ  春惜しむ     14.5.7.
 812  歳時記を並べて繰りつ春惜しむ  春惜しむ     14.5.7.
 813  孫の手で背中を掻きつ春惜しむ  春惜しむ     14.5.7.
 814  のんびりと爪を切りつつ春惜しむ  春惜しむ     14.5.7.
 815  惜春の例句読みつつ春惜しむ  春惜しむ     14.5.7.
 816  小でまりを藪漕ぎするもやわらかに  小でまり     14.5.7.
 817  小でまりやお出でおいでと招きをり   小でまり     14.5.7.
 818  小でまりにお出でおいでと招かるる   小でまり     14.5.7.
 819  手の甲にそっと触れくる団子花(=子でまり)  団子花     14.5.7.
 820   風呼んで無心に遊ぶ団子花   団子花     14.5.7.
 821  春惜しむさほどのことのなけれども  春惜しむ     14.5.8.
 822  とりわけて言ふことなきも春惜しむ   春惜しむ     14.5.8.
 823  翻りまたひるがへる燕かな 燕      14.5.8.
 824  子供らのスキップで行く団子花  団子花     14.5.8.
 825  山査子は花咲き満ちて孤独なり  山査子     14.5.8.
 826  バス走る先の逃げ水追ひつけず  逃げ水     14.5.8.
 827  逃げ水やバス止まるたび逃げず待つ   逃げ水     14.5.8.
 828   逃げ水の説明つまる若い母   逃げ水     14.5.8.
 829  都忘れ名札に人は足を止め   逃げ水      14.5.8.
 830  都忘れ嫁菜と言へば嫁菜なり   逃げ水     14.5.8.
 831  歌う人都忘れの曲十色   逃げ水     14.5.9.
 832  紫に染まる空地や諸葛菜  諸葛菜     14.5.9.
 833   味噌碗に浅葱浮ぶ朝餉かな  浅葱     14.5.9.
 834  春惜しむ隣家のテレビ音高し  春惜しむ     14.5.9.
 835  春惜しむ犬が片足上ぐる道  春惜しむ      14.5.9.
 836  歳時記の例句眺めつ春惜しむ   春惜しむ     14.5.9.
 837  藪漕ぎの小でまりそっと分けてゆく  小でまり     14.5.9.
 838  手に絡む小でまり分けつ藪を漕ぐ  小でまり     14.5.9.
 839  情念を美人女優の詠む春愁  春愁     14.5.9.
 840 春愁い夏目雅子の詠む情念  春愁     14.5.9.
 841  吟行の句帳握りて春暑し  春暑し     14.5.10.
 842  行く春や信号待ちの街宣車  行く春     14.5.10.
 843  桜貝拾ひし海に戻す旅  桜貝     14.5.10.
 844  雄虻は花から花へ移り気な  虻     14.5.10.
 845  ひんやりと便座楽しむ夏来る  夏来る     14.5.10.
 846  死者一号熱中症の夏来る  夏来る     14.5.10.
 847  湘南を思ひ浮かべる薄暑かな  薄暑     14.5.10.
 848  江の島へ橋渡りゆく薄暑かな  薄暑     14.5.10.
 849   超ミニの生足闊歩夏来る    夏来る     14.5.10.
 850  万愚節ごみ場の鴉うす笑ひ  万愚節     14.5.10.
 851  鯉のぼりごみ場の鴉うす笑ひ  鯉幟    14.5.11.
 852  人は生き人は死にゆく春愁ひ  春愁ひ     14.5.11.
 853  超ミニの生足闊歩夏立ちぬ  立夏     14.5.11.
 854  超ミニの生足闊歩夏に入る  立夏     14.5.11.
 855  堅香子の毅然となぞへ凝視せり  堅香子     14.5.11.
 856  花韮の盛りも過ぎて四月尽  四月尽     14.5.11.
 857  青梅の早や紅初むる老大樹 青梅      14.5.11.
 858  青梅の肌を撫でゐる若葉風 青梅      14.5.11.
 859  柿若葉ひと葉ちぎりてむしゃと食む  柿若葉     14.5.11.
 860  柿若葉天婦羅ぱりと食みにけり  柿若葉     14.5.11.
 861   柿若葉遠く相撲の触れ太鼓  柿若葉     14.5.11.
 862  生きてゐることのうれしさ柿若葉  柿若葉     14.5.12.
 863   生きてゐることの嬉しく柿若葉  柿若葉     14.5.12.
 864   無人駅改札抜けるつばくらめ  燕     14.5.12.
 865   アクロバット見せて飛び去るつばくらめ  燕     14.5.12.
 866   つばくろの翻り行く天主堂  燕     14.5.12.
 867   坂上の雲に向ひて飛ぶつばめ  燕     14.5.12.
 868   ストラディバリ響くチャペルや燕飛ぶ  燕     14.5.12.
 869   まず摘むは三日見ぬ間の葱坊主  葱坊主     14.5.12.
 870   性懲りもなく頭出す葱坊主  葱坊主     14.5.12.
 871   葱坊主捨てずに集め天婦羅に  葱坊主     14.5.13.
 872   葱坊主目の敵なり摘まれけり  葱坊主     14.5.13.
 873  葱坊主目立つ畑や老農夫    葱坊主     14.5.13.
 874   葱坊主姿可愛いい憎まれっ子  葱坊主     14.5.13.
 875 葱坊主すべて切取り捨つる畑  葱坊主     14.5.13.
 876  畝の溝捨てて踏まるる葱坊主  葱坊主  春    14.5.13.
 877  葱坊主花咲く前にちょん切られ  葱坊主     14.5.13.
 878  見つかれば首ちょん切らる葱坊主  葱坊主     14.5.13.
 879  茎立の目立つ畑や過疎の里  茎立     14.5.13.
 880  茎立の菜畑どれも菜の花に   茎立     14.5.13.
 881  やわらかな緑の畝や鴬菜  鴬菜     14.5.14.
 882  小松菜を早採りしたり鴬菜  鴬菜     14.5.14.
 883  菜の花の黄を描かせたしファン・ゴッホ  菜の花・花菜     14.5.14.
 884  花菜描く小学生のゴッホたち   菜の花・花菜     14.5.14.
 885  菜の花を揺らして走るローカル線  菜の花・花菜      14.5.14.
 886  菜の花の揺れて現るディーゼルカー   菜の花・花菜     14.5.14.
 887  菜の花の畑を貫く廃線路   菜の花・花菜     14.5.14.
 888  菜の花畑一筋延びる廃線路   菜の花・花菜     14.5.14.
 889  房総の海へと続く菜の花の黄   菜の花・花菜     14.5.14.
 890  茎折れし花韮なほも咲き続く  花韮     14.5.14.
 891  庭隅に花韮の群れ勝手咲き   花韮     14.5.15.
 892 介山の眠る寺山著莪の花  著莪の花       14.5.15.
 893 養老の滝音を背に著莪の花 著莪の花      14.5.15.
 894  なぞへなる草むら埋めて著莪の花 著莪の花      14.5.15.
 895  作文に赤の添削著莪の花 著莪の花       14.5.15.
 896  一八の花の鶏冠や極楽寺  一八     14.5.15.
 897  一八や面目かけて先駆けり  一八     14.5.15.
 898  玫瑰(はまなす)や東北弁の浜に咲く  玫瑰     14.5.15.
 899  花びらを散らしたちまち芥子坊主  芥子坊主     14.5.15.
 900  花びらをひと片残す芥子坊主  芥子坊主     14.5.15.
 901  老いし眼に飛燕の姿追ひきれず  燕     14.5.16.
 902  無人駅突き抜けて行くつばくらめ   燕     14.5.16.
 903  のんびりと飛ぶこと知らぬ燕かな・   燕     14.5.16.
 904  スクランブル燕も渡る数寄屋橋   燕     14.5.16.
 905  四丁目クロス横切る燕かな   燕     14.5.16.
 906  四丁目銀座クロスのつばくらめ   燕     14.5.16.
 907  銀座クロス翻りたるつばくらめ   燕     14.5.16.
 908  夏つばめゐるかと銀座歩きたり   燕     14.5.16.
 909  ことごとく天を指しをり松の芯  松の芯     14.5.16.
 910  白壁の富士見櫓や緑立つ  緑立つ     14.5.16.
 911  金婚も三年経ちぬ松の芯  松の芯     14.5.17.
 912  深大寺緑立つなか蕎麦前酒  緑立つ     14.5.17.
 913  高々と石楠花咲かす老大工  石楠花     14.5.17.
 914 春の宵句友と交わす盃楽し  春宵     14.5.17.
 915  句会後の小酌楽し春の宵  春宵     14.5.17.
 916  句会後の小酌ありて春惜しむ  春惜しむ     14.5.17.
 917  新調のウオッシュレットや尻の春  春     14.5.17.
 918  青梅の産毛に紅のさし初むる  青梅     14.5.17.
 919  青梅の産毛光りて紅浮ぶ  青梅     14.5.17.
 920  青梅のぽたりと転げ庭静か  青梅     14.5.17.
 921  葉と数を競ひ青梅太りけり  青梅     14.5.18.
 922  艶やかに光を透かす柿若葉 柿若葉     14.5.18.
 923  快晴の空に嬉々とし柿若葉  柿若葉     14.5.18.
 924  重なりてなほ陰持たぬ柿若葉  柿若葉     14.5.18.
 925  重なれど陰を作らぬ柿若葉  柿若葉     14.5.18.
 926  ランドセルまだ新しき柿若葉  柿若葉     14.5.18.
 927  音たつる天婦羅なべや柿若葉  柿若葉     14.5.18.
 928  柿若葉天婦羅なべの油のたぎり  柿若葉     14.5.18.
 929  葉の陰に早や青柿のとぼけ面  青柿     14.5.18.
 930  間引かれし青柿一つ落にけり  青柿     14.5.18.
 931  青柿や従容として落果かな  青柿     14.5.19.
 932  従容と落し青柿あはれなり  青柿     14.5.19.
 933  墨堤に響く太鼓や五月場所  夏場所・五月場所     14.5.19.
 934  夏場所や川面に響く触れ太鼓  夏場所・五月場所     14.5.19.
 935  モンゴルが握る横綱五月場所  夏場所・五月場所     14.5.19.
 936  大川を行き交う船や五月場所  夏場所・五月場所     14.5.19.
 937   大川端のぼり眩しき五月場所  夏場所・五月場所     14.5.19.
 938  夏場所や風やはらかに触れ太鼓  夏場所・五月場所     14.5.19.
 939  大川の風やはらかに五月場所  夏場所・五月場所     14.5.19.
 940 墨堤の風やはらかに五月場所 夏場所・五月場所     14.5.19.
 941  ででぽぽと雉鳩鳴ける清和かな  清和     14.5.20.
 942  ででぽぽと雉鳩の声清和かな   清和     14.5.20.
 943 水上バス水脈を引きたる清和かな 清和     14.5.20.
 944   マロニエの花に埋もる柩かな  マロニエの花      14.5.20.
 945  マロニエの花の並木やシャンゼリゼ  マロニエの花      14.5.20.
 946  橡の花咲き初むカフェ・シャンゼリゼ  マロニエの花      14.5.20.
 947  マロニエ咲く丘に古びし異人館  マロニエの花      14.5.20.
 948  自転車のペダルきこきこ青嵐  青嵐     14.5.20.
 949  千枚田どれもさざ波青嵐  青嵐     14.5.20.
 950  千枚田田毎に揺るる青嵐  青嵐     14.5.20.
 951  薫る風胸いっぱいの深呼吸  風薫る     14.5.21.
 952  目借時いねむりさせぬ名人芸  目借時     14.5.21.
 953  畑に出て十年被る麦藁帽  麦藁帽     14.5.21.
 954  鴫焼のこの熱々も夏料理  鴫焼     14.5.21.
 955   絹ごしと木綿で割れる冷奴  冷奴     14.5.21.
 956  バス停の日傘くるりと回りけり  日傘     14.5.21.
 957  ひからかさ大僧正の歩に合せ  ひからかさ     14.5.21.
 958  ブラウスのたおやかに揺れ夏来る  夏     14.5.21.
 959  ざりがにのかりかり擦るポリバケツ  ざりがに     14.5.21.
 960  ざりがにの爪かりかりとポリバケツ  ざりがに     14.5.21.
 961  母と子の鈴の音響く遍路道 遍路道   春   14.5.22.
 962  Gパンの遍路の足の速きこと  遍路  春   14.5.22.
 963  草花も舶来強し五月場所  五月場所     14.5.22.
 964  水かけてみたいと思ふつつじ山  つつじ     14.5.22.
 965  水かけてみたし火焔のつつじ山  つつじ     14.5.22.
 966  舟を漕ぐ長実ひなげし若葉風  若葉風     14.5.22.
 967  黄萱咲く浅間山や若葉風  若葉風     14.5.22.
 968  宵来れば野の灯となる黄萱 日光黄萱      14.5.22.
 969 なに羞じる紅ほんのりと春紫菀  春紫苑     14.5.22.
 970   野茨の香に近づけば阻む刺   野茨     14.5.22.
 971  野茨の香に近づけば刺太し   野茨     14.5.23.
 972  遠慮せず燃へて広がれ山つつじ  つつじ     14.5.23.
 973  刺々し身繕ひして鬼野芥子  鬼野芥子     14.5.23.
 974  汗ばめば浅間山の若葉風  若葉風     14.5.23.
 975  花追へば浅間山は若葉風  若葉風     14.5.23.
 976  むすび食む浅間山の新樹かな  新樹     14.5.23.
 977  花伝ひ里山越ゆる夏の蝶  夏蝶     14.5.23.
 978  背伸びして浅間山も夏に入る  夏     14.5.23.
 979  浅間山見上げつ泳ぐ鯉のぼり  鯉のぼり      14.5.23.
 980  梢伸び浅間山に夏の雲  夏雲     14.5.23.
 981  夏の雲ふわり噛みたる大あくび  夏雲     14.5.24.
 982  花姿群舞で見せる雪柳  雪柳  春   14.5.24.
 983  芽やなぎの池面おちょくるごとく垂る(季語:春)  芽やなぎ  春   14.5.24.
 984  Tシャツの下はノーブラ夏の雲  夏雲     14.5.24.
 985  ノーブラの乳房すがしき浴衣かな  浴衣     14.5.24.
 986  ゆるキャラや汗疹だらけのアルバイト  汗疹     14.5.24.
 987  吸ふ子より大き乳房や風薫る  風薫る     14.5.24.
 988  山々を逆さに映す代田かな  代田     14.5.24.
 989  焼酎のホッピー割りや河童の忌
(河童忌・我鬼忌7.24.)
 河童忌     14.5.24.
 990  紫陽花の一葉一葉に青蛙  紫陽花・青蛙     14.5.24.
 991  尺取や虚空掴んで逆くの字  尺取虫     14.5.25.
 992  恋路には命を託す落し文  落し文     14.5.25.
 993   さり気なく命を託す落し文  落し文     14.5.25.
 994  雲行きの怪し憲法記念の日  憲法記念日     14.5.25.
 995  大根引く荒々しくも艶めきて
 大根引  冬    14.5.25.
 996  Tシャツの下はノーブラ薄暑かな 薄暑   夏    14.5.25.
 997  水の色いまはさしずめ初夏の色  夏     14.5.25.
 998  青梅のぽとりと落ちて踏まれけり  青梅     14.5.25.
 999  花蜜柑匂ひ満ちたる札所道  花蜜柑     14.5.25.
 1000   花蜜柑香りの中をモノレール  花蜜柑     14.5.25.
(14.5.6.)
 ♪BGM:Debussy[Arabesque]arranged by Pian♪
 

表紙へ
 
 
inserted by FC2 system