一日十句以上千句を詠む 第24回





鈴童の遊び
一日十句以上千句を詠む


(第24回)
 No.  句  季  語  季 作 句 日 
 1  千枚田人にぎやかに田草取り  田草取  夏  16.6.4.
 2  千枚田一段ずつを田草取り   田草取  夏  16.6.4.
 3  田草取り棚田の先は太平洋   田草取  夏  16.6.4.
 4  棚田にも泥鰌見つけし田草取り   田草取  夏  16.6.4.
 5  棚田にも泥鰌泳ぐや田草取り   田草取  夏  16.6.4.
 6  サンバイザー深々と下げ田草取り   田草取  夏  16.6.4.
 7  田草取る農婦の胸乳円く濡れ   田草取  夏  16.6.4.
 8  過る風ほっと息つく田草取り   田草取  夏  16.6.4.
 9  短冊を変へて風鈴鳴り止まず  風鈴  夏  16.6.4.
 10  風鈴の連打が告げる空模様  風鈴  夏  16.6.4.
 11  鉄風鈴凪の解けしを告げにけり  風鈴  夏  16.6.4.
 12  蕪村句の短冊揺るる鉄風鈴  風鈴  夏  16.6.4.
 13  吟行の雨天決行花しょうぶ  花菖蒲    16.6.5.
 14  花あやめ娘船頭と妍競ふ  花あやめ    16.6.5.
 15  それぞれが時刻みをり時計草  時計草    16.6.5.
 16  時計草ほんにそっくり婆の声  時計草    16.6.5.
 17  雨呼んで花に艶ます杜若  杜若    16.6.5.
 18  一八や藁屋根消えて地に咲けり  一八    16.6.5.
 19  剃髪の尼僧頬染む栗の花  栗の花    16.6.5.
 20  樗の花離るるほどに煙りけり  あふちの花    16.6.5.
 21  見上ぐれば余りに多きえごの花  えごの花    16.6.5.
 22  山梔子の花に顔寄せ噎せにけり  山梔子の花    16.6.5.
 23  しもつけの花に出合へり庫裡の裏  しもつけ    16.6.5.
 24  あやめとの違い問ふ人菖蒲園 あやめ・菖蒲園      16.6.5.
 25  谷戸の田の末広がりに花しょうぶ  花菖蒲     16.6.5.
 26  漣を受け止め静か未草  未草     16.6.5.
 27  昼間から乾杯の声ビヤホール  ビヤホール     16.6.6.
 28  独り飲む男は無言ビヤホール  ビヤホール    16.6.6.
 29  女子会の声甲高くビヤホール  ビヤホール    16.6.6.
 30  梅雨入りや雨好きの花咲き揃ふ  梅雨入り    16.6.6.
 31  箱庭も入日に小さき翳のばす  箱庭    16.6.6.
 32  箱庭に別の時間の流れ行く  箱庭    16.6.6.
 33  梅雨入りや句会悲しき無声なり  梅雨入り    16.6.6.
 34  夜の更けて風鈴ちりとだけ鳴りぬ  風鈴    16.6.6.
 35  谷戸渡る風さり気なく花しょうぶ  花菖蒲    16.6.6.
 36  それぞれに歴史を秘めて花しょうぶ  花菖蒲    16.6.6.
 37  妖艶も可憐もありて花しょうぶ  花菖蒲    16.6.6.
 38  義肢着ける日近き友花しょうぶ  花菖蒲    16.6.7.
 39  オレンジのスニーカーの子梅雨晴間  梅雨晴間    16.6.7.
 40  ファックスが紙を吐き出す梅雨じめり  梅雨じめり    16.6.7.
 41  ファックスの紙を吐きをり梅雨じめり  梅雨じめり    16.6.7.
 42  花鉢にひょろりと生えし梅雨茸  梅雨茸    16.6.7.
 43  硝子戸の優曇華長か半なりか  優曇華    16.6.7.
 44  二日ごと花入れ替わる菖蒲園  菖蒲園    16.6.7.
 45  しゃがみ込みしげしげ眺む苔の花  苔の花    16.6.7.
 46  飛び石の一つびっしり苔の花  苔の花    16.6.7.
 47  苔の花付きし飛び石踏まずゆく  苔の花    16.6.7.
 48  雨蛙明日の雨を知らせをり  雨蛙    16.6.7.
 49   紫陽花の葉陰に潜む青蛙 紫陽花・靑蛙     16.6.7.
 50  谷戸渡る風のびやかに花しょうぶ  花菖蒲    16.6.7.
 51  殻の無き身を疎まるるなめくじら
 なめくじ    16.6.8.
 52  家持たぬ故に疎まるなめくじら   なめくじ    16.6.8.
 53  塩どさと掛けられ縮むなめくじら   なめくじ    16.6.8.
 54  なめくじの道の途切れて謎めきぬ   なめくじ    16.6.8.
 55  蝸牛太平洋を渡る夢  蝸牛    16.6.8.
 56  太平洋渡る夢あり蝸牛   蝸牛    16.6.8.
 57  妻持ちも夫持ちもなき蚯蚓かな  蚯蚓    16.6.8.
 58  恋もなく失恋もなき蚯蚓かな   蚯蚓    16.6.8.
 59  日を嫌ひ恋も知らずの蚯蚓かな   蚯蚓    16.6.8.
 60  麦藁で腹膨らませ靑蛙  靑蛙    16.6.8.
 61  桑の実に顔染めてゐる下校の子  桑の実    16.6.8.
 62  桑畑桑の実食めど叱られず  桑の実    16.6.8.
 63   鷗外の墓碑に尻向け桜桃忌
 桜桃忌    16.6.8.
 64   上水の流れは浅き桜桃忌  桜桃忌    16.6.8.
 65  箱庭も入日に伸ばす長い影  箱庭     16.6.9.
 66  梅雨寒や語るに落ちるせこい知事
(舛添要一都知事の厚顔に)
 梅雨寒     16.6.9.
 67  せこき知事いただく首都や梅雨じめり  梅雨じめり     16.6.9.
 68  雲の峰腰かけ半跏趺坐の夢  雲の峰     16.6.9.
 69  雲の峰腰かけ半跏趺坐したき   雲の峰     16.6.9.
 70  満天下恥刻む知事大西日  大西日     16.6.9.
 71  夕日受け朱を燃え立たす花石榴  花石榴     16.6.9.
 72  曇天になんのとばかり花石榴  花石榴     16.6.9.
 73  曇天に雨を待ちをり七変化  七変化     16.6.9.
 74  せこき知事映すテレビや銭葵  銭葵     16.6.9.
 75  花菖蒲咲き満つ中の立葵  花菖蒲・立葵     16.6.9.
 76  ひと畑は畝成して咲く紅の花  紅花     16.6.9.
 77  抜き捨てどなほ根を伸ばす鴨足草  鴨足草    16.6.10.
 78  靑鷺のぬっと農小屋跨ぎをり  靑鷺     16.6.10.
 79  靑鷺の杭に動かず池面揺る  靑鷺     16.6.10.
 80  杭の上靑鷺すでに小半時  靑鷺     16.6.10.
 81  袖なしの腕むっちりと夏衣  夏衣     16.6.10.
 82  二の腕まで夏手袋の女客  夏手袋     16.6.10.
 83  夏暖簾潜り頼みしざる一枚  夏暖簾     16.6.10.
 84  座布団を二つに折りて昼寝の子  夏座布団     16.6.10.
 85  シルバーが麦藁帽で草むしり  麦藁帽・除草     16.6.10.
 86  全身を抜き手に川を渡る蛇  蛇     16.6.10.
 87   ままごとの主役を嬉々と蛇苺  蛇苺     16.6.10.
 88  炎天を投げ打ち走る甲子園  炎天     16.6.11.
 89  炎天をバイクの響き配達夫  炎天    16.6.11.
 90  炎天に守備のナインは水飲まず  炎天    16.6.11.
 91  炎天に轢かれし猫の骸あり  炎天    16.6.11.
 92  炎天のテニスコートを過る猫  炎天    16.6.11.
 93  炎天の空高く舞ふ鳶のをり  炎天    16.6.11.
 94  炎天の瀬戸大橋は鉄尽くし  炎天    16.6.11.
 95  街道の左右紅白さるすべり  百日紅    16.6.11.
 96  散り花の舗道を汚す百日紅   百日紅    16.6.11.
 97  散り花の数だけ咲きし百日紅   百日紅    16.6.11.
 98  散れば咲く命しぶとき百日紅   百日紅    16.6.11.
 99   百日を散りては咲けり百日紅   百日紅    16.6.11.
 100  山梔子の香や老残の厚化粧   山梔子    16.6.11.
 101   くちなしの強き香に噎す厚化粧   山梔子    16.6.11.
 102  村道は赤と白との百日紅  百日紅    16.6.11.
 103  山梔子の移り香ゆかし家路かな  山梔子    16.6.11.
 104  錆びるほど山梔子の花香を増せり  山梔子    16.6.12.
 105  夏の海滑るがごとく佐渡の旅  夏の海     16.6.12.
 106  年寄の声高になる夏の旅  夏の旅     16.6.12.
 107  植田あり青田のありし上越路  植田・青田     16.6.12.
 108  上越の山柔らかに夏霞  夏霞     16.6.12.
 109  整然と四角四角の青田かな  青田     16.6.12.
 110  芍薬の花に触るれば崩れけり  芍薬の花     16.6.12.
 111  片蔭にバスを待つ間もスマホかな  片蔭     16.6.12.
 112  フェンスには貼り絵のごとく鉄線花  鉄線花     16.6.12.
 113  老鶯の鳴き音清しき根本寺
(16.6.12.佐渡根本寺で)
 老鶯     16.6.12.
 114  老鶯や三昧堂は庵跡
(16.6.12.根本寺で)
 老鶯     16.6.12.
 115  たあおたおと朱鷺の鳴き音や新穂の田(無季)       16.6.13.
 116  たあおたおと朱鷺の呼ぶ声根本寺(無季)      16.6.13.
 117  根本寺朱鷺の声聞く夏木立  夏木立    16.6.13.
 118  げんげん田咲きたるままに鋤き込めり  げんげん田    16.6.13.
 119   たあおたお聞ゆる朱鷺の鳴き音かな(無季)      16.6.13.
 120  夏木立たあおたあおと朱鷺の声  夏木立    16.6.13.
 121  夏木立たあおたあおと朱鷺鳴けり  夏木立    16.6.13.
 122  日蓮の庵の跡や落し文
(16.6.12.根本寺で)
落し文     16.6.13.
 123  朱鷺の舞ふ新穂の里の植田かな  植田    16.6.13.
 124  梅雨晴れや新穂の里の朱鷺の舞ひ  梅雨晴れ    16.6.13.
 125  梅雨晴れや新穂の里を朱鷺の舞ひ  梅雨晴れ    16.6.13.
 126  梅雨晴れや新穂の里に朱鷺舞へり  梅雨晴れ    16.6.13.
 127   朱鷺見しを佐渡の土産に夏の旅  夏の旅    16.6.13.
 128  老鶯の経唱へおり根本寺  老鶯    16.6.14.
 129  老鶯がほお法華経と根本寺  老鶯     16.6.14.
 130  猩々が赤き髪ふり薪能
(16.6.12.佐渡牛尾神社で)
 薪能     16.6.14.
 131  川面にも光映して舞ふ蛍  蛍     16.6.14.
 132  川面にも光映して蛍舞ふ  蛍     16.6.14.
 133  箱庭にひそと佇む小さき人  箱庭     16.6.14.
 134  廃村となりし箱庭主逝く  箱庭     16.6.14.
 135   田草取る農婦ゆっくり腰伸ばす  田草取り     16.6.14.
 136  朱鷺鳴けりたあおたあおと夏木立  夏木立     16.6.14.
 137  夏木立たあおと朱鷺の呼ばわりぬ  夏木立     16.6.15.
 138  散り敷ける黐の小花の柔らかき  黐の花     16.6.15.
 139  両の手を濡らし食みをり皿の枇杷  枇杷     16.6.15.
 140  枇杷の実を捥いでがぶりと食みにけり  枇杷     16.6.15.
 141  子燕が身を翻しひるがえし  子燕     16.6.15.
 142  巣立終え身をひるがえす燕の子  子燕     16.6.15.
 143  朱鷺の舞ふ新穂の里の青田かな  青田     16.6.15.
 144  弾崎灯台白き除虫菊  除虫菊     16.6.15.
 145  庭隅に白波清し立浪草  立浪草     16.6.15.
 146  殿のかるの子つねに遅れがち  かるの子     16.6.15.
 147  川の面に光映して飛ぶ蛍  蛍     16.6.15.
 148  梅雨晴れや新穂の里を朱鷺が舞ふ  梅雨晴れ     16.6.16
 149  川中を散歩のごとく徒歩鵜飼
(笛吹川)
 鵜飼     16.6.16
 150  鵜に引かれ鵜匠の続く徒歩鵜かな  鵜飼     16.6.16
 151  夏燕翻りまたひるがへり  夏燕     16.6.16
 152  芍薬に触るればどさと崩れけり
 芍薬     16.6.16
 153  芍薬の触るれば一花崩れけり  芍薬     16.6.16
 154  百日を散りて咲き継ぐ百日紅  百日紅     16.6.16
 155  朱鷺啼けりたあおたあおと夏木立  夏木立     16.6.16
 156  朱鷺が呼ぶたあおたあおと夏木立  夏木立     16.6.16
 157  朱鷺の声たあおたあおと夏木立  夏木立     16.6.16
 158  雨に濡れそれもまたよし夏薊   夏薊     16.6.16
 159  夏薊挿しし花筒地蔵堂  夏薊     16.6.16
 160  たあおたお朱鷺啼く森の大西日  大西日     16.6.16
 161  母虫のしかと綴りし落し文  落し文     16.6.16
 162  崖線の裾で百年湧く泉  泉     16.6.16
 163  風の吹くままに転げし落し文   落し文     16.6.16
 164  芍薬の一花触るれば崩れけり  芍薬     16.6.16
 165  鵜に引かれ鵜匠従ふ徒歩鵜飼  鵜飼     16.6.16
 166  梅雨晴れや新穂の里を朱鷺悠々  梅雨晴れ     16.6.16
 167  熱沙踏むデートリッヒの裸足かな
(映画「モロッコ」に)
 熱砂     16.6.16
 168  錦鯉泳ぐ滝壺造り瀧  造り瀧     16.6.16
 169  営業の終れば止まる造り瀧  造り瀧     16.6.16
 170  コンピュータ制御で流る造り瀧  造り瀧     16.6.16
 171  落ちる水回遊させて造り瀧  造り瀧     16.6.16.
 172  田草取り棚田の先は日本海
(石川県白米千枚田で)
 田草取り     16.6.16.
 173  梅雨晴れ間新穂の里を朱鷺悠々  梅雨晴間     16.6.16.
 174   芍薬に触るれば解け崩れけり 芍薬      16.6.16.
 175  佐渡訪ね朱鷺の声聞く夏木立  夏木立     16.6.16.
 176  根本寺朱鷺の声する夏木立  夏木立     16.6.17.
 177  草取るは古刹を守る若き嫁
(佐渡・根本寺で)
 草取り     16.6.17.
 178  廃業の釣堀いつか隠沼に  釣堀     16.6.17.
 179  カメラ据へ翡翠を待つ人の黙  翡翠     16.6.17.
 180  白鷺の飛び立つ脚の雫かな  白鷺     16.6.17.
 181  金蠅の動かずにゐるガラス窓  金蠅     16.6.17.
 182  懐かしや蚋に刺されし畑仕事  蚋(ぶよ)     16.6.17.
 183  蚊帳を吊る役目懐かし遠い夏  蚊帳     16.6.17.
 184  障子窓ががんぼのゐる旅の宿  ががんぼ     16.6.17.
 185  さらさらと夜空騒がし蚊喰鳥  蚊喰鳥(蝙蝠)     16.6.17.
 186  茅花流し終日傘は杖替り  茅花流し     16.6.17.
 187  茅花流し傘開かずに持ち歩く  茅花流し     16.6.17.
 188  ボタンかと波に透かせば桜貝  桜貝     16.6.17.
 189  浜昼顔咲きし砂地に顕彰碑  浜昼顔    16.6.18.
 190  ワグナーの楽劇に似て夏の雲  夏の雲    16.6.18.
 191  盛り上りなほ盛り上る夏の雲  夏の雲    16.6.18.
 192  噴煙とあれば怖ろし夏の雲  夏の雲    16.6.18.
 193  上越の国境を背に雲の峰  雲の峰    16.6.18.
 194  忍野には八海と呼ぶ泉湧く  泉    16.6.18.
 195  忍野には海と呼ばるる泉湧く  泉    16.6.18.
 196  富士仰ぐ忍野八海これ泉  泉    16.6.18.
 197  海霧に透ける島影佐渡ヶ島  海霧    16.6.18.
 198  ぱたぱたと扇ぐ扇子の暑苦し  扇子    16.6.18.
 199  入れ込みでたちまち滾る泥鰌鍋  泥鰌鍋    16.6.18.
 200   丸の上葱山盛りに泥鰌鍋  泥鰌鍋    16.6.18.
 201  炎昼や瀬戸大橋は鉄尽くし  炎昼     16.6.19.
 202  山梔子の移り香ゆかし家路かな  山梔子の花    16.6.19.
 203  三尺寝する間も惜しみスマホ繰る  三尺寝    16.6.19.
 204  三尺寝する間も惜しみスマホかな  三尺寝    16.6.19.
 205  炎昼や身を揺すりたる冷蔵庫  炎昼    16.6.19.
 206  炎昼の田に虹色の油膜かな  炎昼    16.6.19.
 207  炎昼や田に虹色の油膜浮く  炎昼    16.6.19.
 208  炎昼の木陰を過る風温し  炎昼    16.6.19.
 209  ヨット繰る肌褐色の男どち  ヨット    16.6.19.
 210  ヨットから身を仰け反らす女子クルー  ヨット    16.6.19.
 211  日の盛り繰り返し弾くピアノの子  日盛り    16.6.19.
 212  夏痩せもせずに布袋の腹のまま  夏痩せ    16.6.19.
 213  夏痩せもせずに布袋の腹残る  夏痩せ    16.6.19.
 214  夏痩せもせずに布袋の太鼓腹  夏痩せ    16.6.19.
 215  根本寺朱鷺の声聞く木下闇  木下闇    16.6.20.
 216  靑桐にハートマークの生々し  靑桐     16.6.20.
 217  散松葉ベンチの上に積りをり  散松葉     16.6.20.
 218  さらさらと音なく降りし散松葉  散松葉     16.6.20.
 219  木漏れ日に流れるごとく散松葉  散松葉     16.6.20.
 220  木漏れ日に気づかされたる松落葉  松落葉     16.6.20.
 221  松落葉踏めば滑りし山路かな  松落葉     16.6.20.
 222  病葉に在らねど散し靑松葉   散松葉     16.6.20.
 223  鷗外の墓碑に載りたる散松葉  散松葉     16.6.20.
 224  茅舎句が膾炙せしめし朴散華  朴散華     16.6.20.
 225  茅舎句が膾炙せしむや朴散華  朴散華     16.6.20.
  226   人住まぬ旧家の庭に朴散華  朴散華     16.6.20.
 227  炎昼や身震いしたる冷蔵庫  炎昼    16.6.20.
 228  晴れてよし雨でなほよき七変化  七変化    16.6.20.
 229  老残の梔子の香に噎せにけり  梔子の花    16.6.20.
 230  梔子の花の香堰を越え来たり   梔子の花    16.6.20.
 231  梔子の香や尼寺は夜の静寂   梔子の花    16.6.20.
 232  梔子の香や尼寺に夜の静寂   梔子の花    16.6.20.
 233   梔子の香の強き故錆び無惨   梔子の花    16.6.20.
 234  梔子の香や尼寺は夜深し  梔子の花    16.6.20.
 235  炎昼や変幻自在稔典句  炎昼    16.6.20.
 236  昼寝覚め稔典句集うふふふと  昼寝覚め    16.6.20.
 237  さわさわと薄暮飛び交ふ蚊喰鳥  蚊喰鳥    16.6.20.
 238  かはほりやシャッター街に宵早し  かはほり(蚊喰鳥)    16.6.20.
 239  かはほりや甲賀忍者か伊賀者か  かはほり    16.6.20.
 240   暑気払ひ句会の採らぬ笑句詠む  暑気払ひ    16.6.20.
 241  白鷺の飛び立つ脚の泥雫  白鷺    16.6.20.
 242  錆び初めし梔子の香に噎せにけり  梔子    16.6.20.
 243  梔子の錆びてそぐはぬ香の強さ  梔子    16.6.20.
 244  梔子の錆びて哀しき色香かな  梔子    16.6.20.
 245  梔子に色香の素性学びけり  梔子    16.6.20.
 246  梔子の錆びて放さぬ色香かな  梔子    16.6.20.
 247  梔子の錆びても捨てぬ色香かな    梔子    16.6.20.
 248  焼きそばを父子で立ち食う夜店かな  夜店    16.6.20.
 249  父の日は酒が届きて思い出す  父の日    16.6.21.
 250  父の日に義理チョコに似て酒届く   父の日    16.6.21.
 251  父の日や何とはなしに髭を剃る   父の日    16.6.21.
 252  父の日や三面鏡に髪薄く   父の日    16.6.21.
 253  父の日や敬され遠き位置にをり   父の日    16.6.21.
 254  父の日や句会後に酌む酒旨し   父の日    16.6.21.
 255  父の日もそうでない日も酒を酌む   父の日    16.6.21.
 256  怨と恨口には出さぬ原爆忌  原爆忌    16.6.21.
 257  怨みごと言はずに祈る原爆忌   原爆忌    16.6.21.
 258  名古屋場所熱帯場所の異名あり  名古屋場所    16.6.21.
 259  川開き一の花火が上がりけり  川開き    16.6.21.
 260  薄暮の空一の花火が上がりけり  花火    16.6.21.
 261  無辜の民殺す原爆・沖縄忌  原爆忌・沖縄忌    16.6.21.
 262  無辜の民いまも殺さる沖縄忌  沖縄忌    16.6.22.
 263  ちんとんしゃん読経弾むや業平忌  業平忌    16.6.22.
 264  ちんとんしゃん読経の弾む業平忌   業平忌    16.6.22.
 265  ちんとんしゃん三弦法要業平忌   業平忌    16.6.22.
 266  ちんとんしゃん粋に経読む業平忌   業平忌    16.6.22.
 267  ちんとんしゃんむかし男忌十輪寺  むかし男忌    16.6.22.
 268  本堂に粋な音締めや業平忌   業平忌    16.6.22.
 269  三味の音に和する読経や業平忌   業平忌    16.6.22.
 270  三弦に和する声明業平忌   業平忌    16.6.22.
 271  塩釜に煙立ちたり在五の忌  在五忌    16.6.22.
 272  塩釜を炊きて閑居の業平忌   業平忌    16.6.22.
 273  三味に乗せ声明朗と業平忌   業平忌    16.6.22.
 274  三味に和す読経艶やか業平忌   業平忌    16.6.22.
 275  鮮緑のべた塗りとなる青田かな  青田    16.6.22.
 276  風渡る青田に白き鳥の影  青田    16.6.22.
 277 風渡る青田に朱鷺の舞ひ降りぬ  青田    16.6.22.
 278   太宰忌やとかとんとんと雨雫  太宰忌    16.6.22.
 279  上水を鯉上り行く桜桃忌  桜桃忌    16.6.22.
 280  上水の流れ静かに桜桃忌  桜桃忌    16.6.22.
  281  風天忌すっぽんぽんの楽屋かな  風天忌    16.6.22.
 282  錆びてなほ梔子の香の生々し  梔子     16.6.22.
 283  梔子の香はきつうてと笑む老尼   梔子     16.6.22.
 284  錆びるほど梔子の香の生々し   梔子     16.6.23.
 285  朱鷺舞ひし田で鍋用の泥鰌獲り  泥鰌鍋    16.6.23.
 286  鴉の子啼くかと聞けば朱鷺の声  鴉の子    16.6.23.
 287  鳩時計ぽっぽと鳴けり夏館  夏館    16.6.23.
 288  シェアと言ふシステムありて夏館  夏館    16.6.23.
 289  料亭の盛塩照らす灯の涼し  灯の涼し    16.6.23.
 290  噴水の突如散り来るつむじ風  噴水    16.6.23.
 291  噴水をふいにしぶかす風の向き  噴水    16.6.23.
 292  限界を極め噴水落ち行けり  噴水    16.6.23.
 293  あの女は誰だったかと昼寝覚め  昼寝覚め    16.6.23.
 294  海老のごと丸まってゐる昼寝の子  昼寝    16.6.23.
 295  金太郎だけでごろりと昼寝の子  昼寝    16.6.23.
 296  バンガロー闇深くして青葉木菟(あおばずく)
 青葉木菟    16.6.24.
 297  森の闇なにを告げるか青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 298  森の闇寂しがらせて青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 299  闇の奥黄泉のあるかに青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 300  はてここは黄泉の境か青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 301  山寺の厠にたてば青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 302  闇深く何を告げるか青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 303  寂しさを声に託して青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 304  壮絶な孤独を想ふ青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 305  しみじみと寂しさ伝ふ青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 306  ほーほーと早寝の里の青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 307  祖谷の宿深き渓から青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 308  夜早き杣の里なり青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 309  連れ合ひを恋しと呼ぶか青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 310  連れ合ひに逃げられたのか青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 311  三下り半突き付けらるや青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 312  日の暮れて急ぐ山路や青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 313  日の暮れて山路急げば青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 314  連れ合ひの先に逝きたし青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 315  ほーほーと宵闇寂し青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 316
 鳴き声の融け込む静寂青葉木菟  青葉木菟    16.6.24.
 317  どれもみな頭を垂れて小判草  小判草     16.6.25.
 318  子犬来てひょいと尿する小判草   小判草     16.6.25.
 319  四肢広げ決断の間の蜥蜴かな  蜥蜴     16.6.25.
 320  とかげの子沈思の後の疾駆かな  蜥蜴     16.6.25.
 321  針の山するりと抜けて蜥蜴の子  蜥蜴     16.6.25.
 322  チョコレートパフエ食みしか波斯菊  波斯菊     16.6.25.
 323  山道を曲がればひょいと釣鐘草  釣鐘草     16.6.25.
 324  十薬と蔓延り競ふ雪の下  十薬・雪の下     16.6.25.
 325  耕せば莧(ひゆ)真っ先に蔓延れり  莧     16.6.25.
 326  風呼んで撓みしなやか今年竹  今年竹     16.6.25.
 327  山道のぼおと明るき竹落ち葉  竹落ち葉     16.6.25.
 328   子を預け職場へ急ぐサングラス  サングラス     16.6.25.
 329  間合い見てひょいと跳び行く道をしへ  道をしへ     16.6.25.
 330  水玉の翼華麗に天道虫  天道虫     16.6.25.
 331 萍(うきくさ)の濠埋め尽くす湯築城
(松山市道後公園)
萍     16.6.26.
 332  河骨のぽかりぽかりと黄花咲く  河骨    16.6.26.
 333  河骨や水の中にも黄花咲く   河骨    16.6.26.
 334  上水の瀬音聞かせて靑芒  靑芒    16.6.26.
 335  白鷺のふいと飛び立ち別の田に  白鷺    16.6.26.
 336  てんでんに散る蜘蛛の子の徒競走  蜘蛛の子    16.6.26.
 337  蜘蛛の子のてんでに散りて戻らざり  蜘蛛の子    16.6.26.
 338  朝採りの農夫怒らす夜盗虫  夜盗虫    16.6.26.
 339  まくなぎに児ら突っ込みて噎せにけり  まくなぎ    16.6.26.
 340  上水が二列に分けし夏木立  夏木立    16.6.26.
 341  篝火に鵜の目が光る徒歩鵜飼
(山梨県笛吹川で)
 鵜・鵜飼    16.6.26.
 342  蜘蛛の子にへそ曲りなし皆散れり  蜘蛛の子     16.6.26.
 343  蜘蛛の子に鈍足はなし皆散れり   蜘蛛の子     16.6.26.
 344  さくらんぼそっと含んで赤らめり  さくらんぼ     16.6.26.
 345  さくらんぼ乳首のよふに摘みたり  さくらんぼ     16.6.26.
 346  酸っぱくも甘き果肉の李(すもも)かな  李     16.6.27.
 347  叱れれてしゃくりつ食みし巴旦杏  巴旦杏     16.6.27.
 348  かぶりつき啜りつ食みし李かな  李     16.6.27.
 349  みっちゃんにそっと手渡し巴旦杏  巴旦杏     16.6.27.
 350  口濡らし児らかぶりつく巴旦杏   巴旦杏     16.6.27.
 351  淑女には出されて困る李かな  李     16.6.27.
 352  かぶりつきかぶりつき食む李かな  李     16.6.27.
 353  かぶりつく野生が楽し巴旦杏   巴旦杏     16.6.27.
 354  大皿の李囲んで食む家族  李     16.6.27.
 355  楊梅(やまもも)の届かぬ高さ恨めしや   楊梅     16.6.27.
 356  よじのぼり楊梅取れぬ子らばかり  楊梅     16.6.27.
 357  夏茱萸のパックも並ぶ道の駅  夏茱萸    16.6.27.
 358  夏茱萸のパック見つけし道の駅  夏茱萸    16.6.27.
 359  夏茱萸に口が変だと言ひ出す子  夏茱萸    16.6.27.
 360  援農の差し入れ楽し山桜桃(ゆすらうめ)  山桜桃    16.6.27.
 361  ゆすらうめ試食して買ふ道の駅  山桜桃    16.6.27.
 362  辣韭を漬けしと分かる厨かな  辣韭    16.6.27.
 363  辣韭漬け床下に置く夫の役   辣韭    16.6.27.
 364  玉葱を百も吊るして軒傾ぐ  玉葱    16.6.27.
 365  玉葱をずらりと吊るす軒重し  玉葱    16.6.27.
 366  母鳥とあそびつ追ひつ鴉の子  鴉の子    16.6.27.
 367  瓜畑の敷き藁抑ふ竹の竿  瓜     16.6.27.
 368  瓜畑敷き藁抑ふ竿二本   瓜     16.6.27.
 369  畑の瓜育つ敷きわら抑へ竿   瓜     16.6.27.
 370  瓜熟れて敷き藁抑ふ竿外す   瓜     16.6.27.
 371  忍野には海の名を持つ泉湧く(忍野八海)  泉     16.6.27.
 372  忍野には海の名を持つ泉湧く  泉     16.6.27.
 373  八海と呼ばるる泉掬びけり  泉     16.6.27.
 374  甘酒の冷やしいただく木陰かな  甘酒     16.6.28.
 375  冷酒をコップ溢れて注ぎ止めり  冷酒     16.6.28.
 376  冷酒のコップ溢らす注ぎ上手  冷酒     16.6.28.
 377  ひと刻みひと刻みしつ水羊羹  水羊羹     16.6.28.
 378  ひと刻みしつつ平らぐ水羊羹  水羊羹     16.6.28.
 379  やんちゃ坊主手掴みで食ふ水羊羹  水羊羹     16.6.28.
 380  鼻ぬける辛子効かせて心太
 心太     16.6.28.
 381  箸一本添えて出さるる心太  心太     16.6.28.
 382  突き出さる四角の紐や心太  心太     16.6.28.
 383  酢醤油の胃の腑に走る心太  心太     16.6.28.
 384  ひと噛みで喉駆け抜けり心太  心太    16.6.28.
 385  突き出せば簾と化してところてん  心太    16.6.28.
 386  その文字に遠き由来の心太
 心太    16.6.28.
 387  辛子効き涙の滲む心太  心太    16.6.28.
 388  海と呼ぶ清らの泉掬びけり  泉    16.6.28.
 389  八海の清らの泉掬びけり  泉    16.6.28.
 390  富士発ちて二十年経し泉湧く  泉    16.6.28.
 391  梅雨寒や友はつぎつぎ黄泉の人  梅雨寒    16.6.28.
 392  梅雨寒や人驚かす歳秘せり  梅雨寒    16.6.28.
 393  五月闇あの友もまた黄泉の人  五月闇    16.6.28.
 394  五月闇前行く女走り出す  五月闇    16.6.28.
 395  プラグとは陰(ほと)の栓とや梅雨じめり  梅雨じめり    16.6.28.
 396  梅雨寒に余命数へる傘寿かな  梅雨寒    16.6.28.
 397  黄泉へ発つ友柄なりや黒揚羽  クロアゲハ    16.6.28.
 398  風渡る水の匂ひの青田かな  青田    16.6.29.
 399  仰向けの兜虫曳く黒い列  兜虫    16.6.29.
 400  尺取を追抜ひて行く毛虫かな  尺取・毛虫    16.6.29.
 401  雨の跳ね浴びて泣き面靑鬼灯  靑鬼灯    16.6.29.
 402  山滴る植林の径ほの暗し  山滴る    16.6.29.
 403  尾根道に小さきケルン遭難碑  ケルン    16.6.29.
 404  山小屋は汗とカレーの臭ひかな  山小屋    16.6.29.
 405  滴りて海への旅の第一歩  滴り    16.6.29.
 406  ノーブラの胸の涼しき浴衣かな  浴衣    16.6.29.
 407  浴衣着て胸の締め付け外しけり  浴衣    16.6.29.
 408  ブラジャーを外し浴衣の外歩き  浴衣    16.6.29.
 409  ちゃんちきで酔狂連の赤線忌
(赤線忌3.31.)
 赤線忌    16.6.29.
 410  売防法知っていますか赤線忌   赤線忌    16.6.30.
 411  見晴るかす青田一枚仕立てかな  青田    16.6.30.
 412  浮人形抱へて入る親子風呂  浮人形    16.6.30.
 413  恐竜を浮人形に湯船の子  浮人形    16.6.30.
 414  恐竜を湯船に沈め浮いて来い  浮いて来い    16.6.30.
 415  知らぬ間の増改築や雲の峰  雲の峰    16.6.30.
 416  知らぬ間に増改築の雲の峰  雲の峰    16.6.30.
 417  虹懸かるさらにその上雲の峰  雲の峰    16.6.30.
 418  雲の峰天井知らで昇り立つ  雲の峰    16.6.30.
 419  峰雲を滑り降りたる白昼夢  峰雲    16.6.30.
 420  鰻食ふ坊主南無阿弥陀仏かな  鰻    16.6.30.
 421  鰻食ひ合掌したる坊主かな  鰻    16.6.30.
 422  好物の鰻食ひ終え僧合掌  鰻    16.6.30.
 423  ゆっくりと鰻屋の前過りたり  鰻    16.6.30.
 424   鰻屋の団扇ぱたぱた客を呼ぶ  鰻    16.6.30.
 425  燈火親しパソコン開く個々の部屋  燈火親し    16.6.30.
 426  妙齢の声に振り向く浴衣かな  浴衣    16.6.30.
 427  しゃぼんの香浴衣に包む湯宿かな  浴衣    16.6.30.
 428  ダイキリを飲みし浴衣の女客  浴衣    16.6.30.
 429  七月の碧落仰ぎ跳んでみる  七月    16.7.1.
 430  七月の暦繰りたり後半分  七月    16.7.1.
 431  木下闇災害井戸の表示板  木下闇    16.7.1.
 432  蝦夷菊の供華枯れたまま墓地静か  蝦夷菊    16.7.1.
 433  山百合の丈高く咲く鉄路沿い  山百合    16.7.1.
 434  雨上り露もしとどに月見草  月見草    16.7.1.
 435  海側に海桐花咲く蜑の庭  海桐    16.7.1.
 436  花とべら潮風通したじろがず  花海桐    16.7.1.
 437  高速道夾竹桃の揺れ止まず  夾竹桃    16.7.1.
 438  山寺は夾竹桃の磴の上  夾竹桃    16.7.1.
 439  鉢植えに水たっぷりと夏の朝  夏の朝    16.7.1.
 440  夜の網戸とんと少なき夏の虫  夏の虫    16.7.1.
 441  火取虫網戸に寄らぬ夜の怪  火取虫      16.7.2.
 442  LED煌々として灯蛾来ず  灯蛾      16.7.2.
 443  いまもなほ庭で火刑の毛虫かな  毛虫      16.7.2.
 444  庭隅で毛虫に下る火刑かな  毛虫      16.7.2.
 445  例外の命もあるや毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 446  毅然とし薔薇愛ずる主婦毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 447  ぽたぽたと火刑の毛虫落ちにけり  毛虫      16.7.2.
 448  毛虫焼く残酷刑の季節かな  毛虫焼く      16.7.2.
 449  声ひとつ立てずに焼かる毛虫かな  毛虫焼く      16.7.2.
 450  歌詠みの主婦毅然とし毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 451  従容と焼かれて落ちる毛虫かな  毛虫      16.7.2.
 452  部屋飼ひの犬後じさり毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 453  もう一人の俺が毛虫を焼きにけり  毛虫焼く      16.7.2.
 454  殺生の極みと言へど毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 455  眦を決して庭に毛虫焼き  毛虫焼く      16.7.2.
 456  おぞましき仕儀と承知の毛虫焼き  毛虫焼く      16.7.2.
 457  茶毒蛾の怖さで克己毛虫焼く  毛虫焼く      16.7.2.
 458  火あぶりと知らず蠢く毛虫かな  毛虫      16.7.2.
 459  毛虫焼く覚悟確かめ庭に立つ  毛虫焼く      16.7.2.
 460  炎天のホームスチール土煙り  炎天      16.7.2.
 461  炎天の辻の地蔵に日蔭なし  炎天    16.7.2.
 462  六地蔵影を失くして炎天下  炎天    16.7.2.
 463  炎天や影法師なき地蔵尊  炎天    16.7.2.
 464  地蔵尊炎天影を消しにけり  炎天    16.7.2.
 465  影失くし炎天に立つ辻地蔵  炎天    16.7.2.
 466  炎天に身じろぎもせず地蔵尊  炎天    16.7.2.
 467  蜻蛉のちょん髷似合ふ辻地蔵  蜻蛉    16.7.3.
 468  蜻蛉のちょん髷付けし辻地蔵  蜻蛉    16.7.3.
 469  網戸して音だけ聞こゆ遠花火  遠花火    16.7.3.
 470  親と子が八の字書いて昼寝かな  昼寝    16.7.3.
 471  男追ふデートリッヒの跣足かな
(映画「モロッコ」)
 跣足    16.7.3.
 472  あちちとは毛虫のせりふ毛虫焼く  毛虫焼く    16.7.3.
 473  おたがいに日傘傾け径譲る  日傘    16.7.3.
 474  日傘さす二人斜めに歩道行く  日傘    16.7.3.
 475  全力で走る毛虫の一大事  毛虫    16.7.3.
 476  短足の毛虫韋駄天走りかな  毛虫    16.7.3.
 477  青雲の志秘め青葡萄  青葡萄    16.7.3.
 478  雲海に感動の黙生まれけり  雲海    16.7.3.
 479  日常を離れて楽しバンガロー  バンガロー    16.7.4.
 480  穴子鮓どちらの長きから食うぶ  穴子     16.7.4.
 481  甘垂れの蝦蛄ばかり食む幼かな  蝦蛄     16.7.4.
 482  舟虫のただ一散に逃げ上手  舟虫     16.7.4.
 483  内外を透かせて影のなき海月  海月     16.7.4.
 484  感覚で生きとし生きる海月かな  海月     16.7.4.
 485  雷鳴を雷鳴と聞く平和かな  雷鳴     16.7.4.
 486  雷神の一気に降らす大夕立  雷神     16.7.4.
 487  打水にまあ任せなと夕立来る  打水・夕立ち     16.7.4.
 488  底深く水音響く噴井かな  噴井     16.7.4.
 489  噴井あり伏流水の音豊か   噴井     16.7.4.
 490  端居する縁側の無き家並かな  端居     16.7.4.
 491  燈火親しされど老眼かすみけり  燈火親し     16.7.4.
 492  黙々と鰻食ひ終え僧合掌  鰻    16.7.4.
 493  山百合の丈高く咲く廃線路  山百合    16.7.4.
 494  盃持たば庭で採れたる青山椒  靑山椒    16.7.5.
 495  晩酌に庭で採れたる青山椒  靑山椒    16.7.5.
 496  雉鳩の鳴き音重たき梅雨湿り  梅雨湿り    16.7.5.
 497  ででぽぽと雉鳩が呼ぶ梅雨湿り  梅雨湿り    16.7.5.
 498  ででぽぽと雉鳩呼ばふ梅雨湿り  梅雨湿り    16.7.5.
 499  ででぽぽと雉鳩啼くや梅雨湿り  梅雨湿り    16.7.5.
 500  柿の葉ずし四角に包む几帳面  鮓    16.7.5.
 501  柿の葉寿司包む手際の見たきかな  鮓    16.7.5.
 502  渓流の響き加えて夏料理  夏料理    16.7.5.
 503  ふと揺れてまた動かずの風知草  風知草    16.7.5.
 504  虹色の油膜浮かべて田水沸く  田水沸く    16.7.5.
 505  夏の雨土砂降りさっと晴れにかり  夏の雨     16.7.6.
 506  洗車したばかりを洗ふ夏の雨  夏の雨     16.7.6.
 507  舟虫の浪を恐れず人に散る  舟虫     16.7.6.
 508  干梅の匂ひ濃くして唾を飲む  干梅     16.7.6.
 509  書き込みの詩集開けば紙魚走る  紙魚     16.7.6.
 510  言ふなれば夜ごと夜ごとの暑気払ひ  暑気払ひ     16.7.6.
 511  ねずみ花火くもの子散らす子らを追ふ  ねずみ花火     16.7.6.
 512  人埋まる大川端の花火かな  花火     16.7.6.
 513  照りつける日に頑として胡麻の花  胡麻の花     16.7.6.
 514  二畝の長き列なし胡麻咲けり  胡麻咲く     16.7.6.
 515  表示見て立ち止まる人棉の花  棉の花     16.7.6.
 516  撫肩を連ね大根畑かな  大根     16.7.6.
 517  雨に耐へ蜘蛛囲の中の女郎蜘蛛  蜘蛛の囲・蜘蛛     16.7.6.
 518  夕顔や夜を仕切りて朝に果つ  夕顔     16.7.7.
 519  夕顔や逢瀬密やかとはいかず  夕顔      16.7.7.
 520  夕顔の闇を切り取り咲きにけり  夕顔      16.7.7.
 521  夕顔の時心得て咲きにけり  夕顔      16.7.7.
 522  干瓢を干したる農の庭広し  干瓢      16.7.7.
 523  鴫焼やニュース終りしテレビ消す  鴫焼      16.7.7.
 524  あははとは春夏秋冬いまは夏  夏      16.7.7.
 525  季語は秋猛暑の中の星祭  猛暑・星祭  夏秋    16.7.7.
 526  七夕は秋の季語とや猛暑の日  七夕・猛暑  秋夏    16.7.7.
 527  夕顔の咲きたる夕べ星祭  夕顔・星祭  夏秋    16.7.7.
 528  牽牛も織女も惑ふ秋の季語  牽牛・織女・秋      16.7.7.
 529  猛暑てふ七月七日星祭  猛暑・七夕・星祭  夏秋    16.7.7.
 530  蟻の列乱れ整ふ蟻のをり  蟻      16.7.7.
 531  季のルール恐れて詠めぬ星祭  星祭      16.7.7.
 532  朝顔と夕顔時差で咲き比べ  朝顔・夕顔  秋夏    16.7.7.
 533   潮騒を背に相抱く星祭  星祭      16.7.7.
 534  山寺のつづらの磴や夏の雲  夏の雲      16.7.8.
 535  蕉翁の山寺の径梅雨晴間  梅雨晴間      16.7.8.
 536  翁踏みし山寺の磴汗振りぬ  汗      16.7.8.
 537  うれしやな山寺詣で梅雨晴間  梅雨晴間      16.7.8.
 538  蕉翁の耳借りて聴く蝉の声  蝉      16.7.8.
 539  山寺や耳傾けん蝉の声  蝉      16.7.8.
 540  蕉翁と同行二人蝉の寺  蝉    16.7.8.
 541  山寺に登り来れば蝉しぐれ  蝉時雨    16.7.8.
 542  蝉しぐれ翁の耳を借りて聴く  蝉時雨    16.7.8.
 543  山寺や三百年の蝉しぐれ  蝉時雨    16.7.8.
 544  青春の日の書手に取る曝書かな  曝書    16.7.9.
 545  全集を箱から出して曝書かな   曝書    16.7.9.
 546  傍線のページ懐かし書を曝す   曝書    16.7.9.
 547  早苗饗(さなぶり)や絶えて久しき里行事  早苗饗    16.7.9.
 548  早苗饗を知らぬ農家の子供たち  早苗饗    16.7.9.
 549  早苗饗を記録に残すため演ず  早苗饗    16.7.9.
 550  早苗饗にテレビカメラが回りけり  早苗饗    16.7.9.
 551  記録用早苗饗開く町教委  早苗饗    16.7.9.
 552  早苗饗を知らぬ農家の後継者  早苗饗    16.7.9.
 553  記録用早苗饗で酔ふ古老かな  早苗饗    16.7.9.
 554  公民館借りて早苗饗記録会  早苗饗    16.7.9.
 555  広ごれる青田一枚仕立てかな  青田    16.7.10.
 556  車窓には青田青田の東北路  青田    16.7.10.
 557  安達太良山は夏霧の中霞みけり  夏霧    16.7.10.
 558  山寺や千の磴踏む梅雨晴間  梅雨晴間    16.7.10.
 559  百丈岩ひらりひらりと夏の蝶  夏蝶    16.7.10.
 560  山寺の磴千段や蝉の声  蝉の声    16.7.10.
 561  蝉塚や雨粒光る濃紫陽花  紫陽花    16.7.10.
 562  奥の院見上ぐる崖の花擬宝珠  花擬宝珠    16.7.10.
 563  山寺の磴降り来れば銀やんま  蜻蛉     16.7.10.
 564  百丈岩ひらりひらりと夏燕  夏燕    16.7.10.
 565  梅雨晴れや笹船速し最上川  梅雨晴れ    16.7.11.
 566  梅雨晴れや瀧迸る最上川  梅雨晴れ    16.7.11.
 567  梅雨晴れや川面に響く船頭唄  梅雨晴れ    16.7.11.
 568  梅雨晴間船足速し最上川  梅雨晴間    16.7.11.
 569  最上川梅雨の晴れ間の川下り  梅雨晴れ    16.7.11.
 570  てきぱきと仲居の動く泥鰌鍋  泥鰌鍋    16.7.11.
 571  柳川で仕上げとしたる泥鰌鍋  泥鰌鍋    16.7.11.
 572  裂きと丸注文分かる泥鰌鍋   泥鰌鍋    16.7.11.
 573  裂き組と丸組分かる泥鰌鍋   泥鰌鍋    16.7.11.
 574  したたかでしぶときさがのさるすべり  百日紅    16.7.11.
 575  鴉の子三度も頸を傾げけり  鴉の子    16.7.12.
 576  巣立ちてもまだ餌ねだる鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 577  かあと啼きまたもう一度鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 578  母鳥の後とんとんと鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 579  枝去らず人透かし見る鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 580  かあかあと啼いひて頸振る鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 581  母鳥を離れ道草鴉の子  鴉の子    16.7.12.
 582  ひとりっこ親に甘へる鴉の子  風鈴    16.7.12.
 583  凪の間にちりと忍び音江戸風鈴  風鈴    16.7.12.
 584  凪突いてちりと忍び音江戸風鈴  風鈴    16.7.12.
 585  日暮れどき風に応へる江戸風鈴  風鈴    16.7.13.
 586  ひと筆の金魚泳ぐや江戸風鈴  風鈴    16.7.13.
 587  ひと筆の金魚泳げり江戸風鈴  風鈴    16.7.13.
 588  ひと筆の金魚泳がす江戸風鈴  風鈴    16.7.13.
 589  つるつると素麺啜る昼餉かな  素麺    16.7.13.
 590  蕎麦屋では素麺で売る冷やし麦  冷麦    16.7.13.
 591  送る虫ゐなくなりたり虫送り  虫送り    16.7.13.
 592  農薬で淋しくなりぬ虫送り  虫送り    16.7.13.
 593  休耕田雑草茂る虫送り  虫送り    16.7.13.
 594  虫の居ぬ田んぼの畦を虫送り  虫送り    16.7.13.
 595  虫の居ぬ淋しき田んぼ虫送り  虫送り    16.7.14.
 596  虫よりも見る人多き虫送り  虫送り    16.7.14.
 597  虫よりも見物多き虫送り  虫送り    16.7.14.
 598  誘蛾灯虫来ぬ夜をつくねんと  誘蛾灯    16.7.14.
 599  誘蛾灯虫来ぬ手持ち無沙汰かな  誘蛾灯    16.7.14.
 600  ぽつねんと虫来ぬ夜の誘蛾灯  誘蛾灯    16.7.14.
 601  上蔟の飼家を包む静寂かな  上蔟    16.7.14.
 602  上蔟の飼家に走る静寂かな  上蔟    16.7.14.
 603  繭つくる命の哀れ人の罪  繭    16.7.14.
 604  山繭のそよろと風に揺れにけり  繭    16.7.14.
 605  屋外機響き合ひをる熱帯夜  熱帯夜     16.7.15.
 606  サーファーの波に立つともはぐれけり  サーフィン     16.7.15.
 607  波に立つサーファー襲ふ次の波  サーフィン      16.7.15.
 608  サーファーの波掻い潜りかいくぐり  サーフィン      16.7.15.
 609  サーファーの波掻い潜り消えにけり  サーフィン      16.7.15.
 610  波くぐりサーファー波頭横滑り  サーフィン      16.7.15.
 611  川下る笹船涼し最上川  涼し      16.7.15.
 612  蝉の声磴千段の行き帰り  蝉      16.7.15.
 613  にいにい蝉きーんと聞こゆ立石寺   蝉      16.7.15.
 614  仰ぎ見る百丈の岩夏木立  夏木立      16.7.15.
 615  心太ずしり重きを突き出せり  心太    16.7.16.
 616  裂きもよし丸も旨しや泥鰌鍋  泥鰌鍋    16.7.16.
 617  短冊を縮め隣家の江戸風鈴  風鈴    16.7.16.
 618  はかなさに頷くばかり絹糸草  絹糸草    16.7.16.
 619  松葉牡丹小さき池の縁飾る  松葉牡丹    16.7.16.
 620  きゃっきゃっと声の高まる水遊び  水遊び    16.7.16.
 621  途中から相撃ちになる水鉄砲  水鉄砲    16.7.16.
 622  冷蔵庫寝ずの番する厨かな  冷蔵庫    16.7.16.
 623  パソコンを閉じて寝酒の缶ビール  缶ビール    16.7.16.
 624  日盛りや日時計の影遅滞なし  日盛り    16.7.16.
 625  炎天に黒人ひとりバス待てり  炎天    16.7.16.
 626  丈高く山百合咲けり廃線路  山百合    16.7.16.
 627  日の暮れや風に応える江戸風鈴  風鈴    16.7.17.
 628  山寺の磴降り来れば夏つばめ  夏燕    16.7.17.
 629  西日中しゅるしゅる過る山かがし  西日    16.7.17.
 630  夏の川手もなく渡る山かがし  夏の川    16.7.17.
 631  言祝ぎの家の出窓や胡蝶蘭  胡蝶蘭    16.7.17.
 632  夕焼の瀬戸は金波の綾錦  夕焼    16.7.17.
 633  大夕焼瀬戸は金波の綾錦  夕焼    16.7.17.
 634  連結器轟音上げし昼寝覚め  昼寝覚め    16.7.17.
 635  園児らの縦横になる昼寝かな  昼寝    16.7.17.
 636  三伏や笹船で行く最上川  三伏    16.7.17.
 637  遠山の揺らめく畦や田水沸く  田水沸く    16.7.17.
 638  燈火親しパソコン開き夜が更ける  燈火親し     16.7.17.
 639  燈火親しスマホ片手に夜は更けり  燈火親し     16.7.17.
 640  燈火親し夜更かし組がスマホ繰る  燈火親し     16.7.17.
 641  燈火親しパソコンを繰り夜が更ける  燈火親し     16.7.17.
 642  燈火親し書は開かずにスマホ繰る  燈火親し     16.7.17.
 643  燈火親し書は開かずにスマホかな  燈火親し     16.7.17.
 644  燈火親し蛇笏句集に時忘る  燈火親し     16.7.18.
 645  燈火親し震災句集に夜は更けぬ  燈火親し      16.7.18.
 646  燈火親し蛇笏遺せし全句読む  燈火親し      16.7.18.
 647  宿題の山にうんざり夏休み  夏休み      16.7.18.
 648  早々と内定を得て夏休み   夏休み      16.7.18.
 649  就活の会社訪問夏休み   夏休み      16.7.18.
 650  海の日や連休うれし月曜日   海の日      16.7.18.
 651  海の日を告げて軽やか貝風鈴 海の日・貝風鈴      16.7.18.
 652  海の日やぼーと法螺貝吹いてみる  海の日      16.7.18.
 653  古き詩集書架から抜けば紙魚走る  紙魚      16.7.18.
 654  書架の古書開けばきららひた走る  きらら=紙魚      16.7.18.
 655  古き句集開けば紙魚も句を賞味  紙魚      16.7.18.
 656  胴間声腹にずしりと牛蛙  牛蛙      16.7.18.
 657  牛蛙ぶおうと低き胴間声  牛蛙      16.7.18.
 658  牛蛙轟く恋の胴間声  牛蛙      16.7.18.
 659  牛蛙ぶをうと吼えて雌を呼ぶ  牛蛙     16.7.18.
 660  牛蛙吼えて雌呼ぶ胴間声  牛蛙     16.7.18.
 661  牛蛙吼えて跳び除く散歩犬  牛蛙     16.7.18.
 662  牛蛙ドスを効かせて吼えにけり  牛蛙     16.7.18.
 663  もうと啼く牛に応ゆる牛蛙  牛蛙     16.7.18.
 664
 胴間声野卑を極めし牛蛙  牛蛙     16.7.18.
 665  胴間声池面を揺する牛蛙  牛蛙     16.7.18.
 666  ひと吼えし草間に消ゆる牛蛙
 牛蛙    16.7.18.
 667   胴間声慕う雌あり牛蛙  牛蛙    16.7.18.
 668  燈火親し老いも若きもスマホかな  燈火親し     16.7.19.
 669  靑鷺を見遣りつ下る最上川  靑鷺     16.7.19.
 670  山寺の九十九折の磴や瑠璃の声  瑠璃鳥     16.7.19.
 671  山寺や磴の長きに瑠璃の声  瑠璃鳥     16.7.19.
 672  山寺や磴を登れば瑠璃の声  瑠璃鳥     16.7.19.
 673  瑠璃鳴けり磴千段の立石寺  瑠璃鳥     16.7.19.
 674  夏木立磴千段の立石寺  夏木立     16.7.19.
 675  大瑠璃の鳴き音澄みたる立石寺  瑠璃鳥     16.7.19.
 676  瑠璃鳴けば老鶯の和す立石寺  瑠璃鳥     16.7.19.
 677  杉木立森閑として瑠璃の声  瑠璃鳥     16.7.19.
 678  百丈岩登る蜥蜴や立石寺  蜥蜴     16.7.19.
 679  夏燕百丈岩をUターン  夏燕     16.7.19.
 680  瑠璃鳴くや磴千段の立石寺  瑠璃鳥    16.7.19.
 681  杉木立森閑として瑠璃鳴けり  瑠璃鳥    16.7.19.
 682  瑠璃鳴けば老鶯和せる立石寺  瑠璃鳥・老鶯    16.7.19.
 683  米櫃に穀象湧きし昭和かな  穀象虫    16.7.20.
 684  米研げば穀象の浮く昭和かな  穀象虫     16.7.20.
 685  水玉のネクタイにせん天道虫  天道虫     16.7.20.
 686  赤と黒橙もゐて天道虫  天道虫     16.7.20.
 687  色違へ天道虫の集ひけり  天道虫     16.7.20.
 688  赤と黒天道虫の親子かな  天道虫     16.7.20.
 689  黒もよし赤も艶やか天道虫  天道虫     16.7.20.
 690  赤と黒黄色もゐたり天道虫  天道虫     16.7.20.
 691  あめんぼの踊り続ける田水かな  あめんぼう     16.7.20.
 692  くるくると目も回さずに水澄  水澄     16.7.20.
 693  天道虫紛れ込みたるアート展  天道虫     16.7.20.
 694  神田から紙魚引き連れて戻り来ぬ  紙魚    16.7.20.
 695  艶本の秘所を齧りし紙魚遁走  紙魚    16.7.20.
 696  筐底の春画もそっと曝書かな  曝書    16.7.20.
 697  筐底の春画取り出し曝しけり  曝書    16.7.20.
 698  春本の股を開きし曝書かな  曝書    16.7.20.
 699  日暮れ来てけふも始める暑気払ひ   暑気払ひ    16.7.21.
 700  妻は下戸独酌でやる暑気払ひ  暑気払ひ    16.7.21.
 701  句会終え今宵も向ふ暑気払ひ  暑気払ひ    16.7.21.
 702  けふもまたジョッキ鳴らして暑気払ひ  暑気払ひ    16.7.21.
 703  海風の頬に優しき暑気払ひ  暑気払ひ    16.7.21.
 704  土用蜆それと音する厨かな  土用蜆    16.7.21.
 705  ティッシューを使い切りたる夏の風邪  夏風邪    16.7.21.
 706  山寺の坂道行けば靑胡桃  靑胡桃    16.7.21.
 707  靑胡桃拾へば重きレジ袋  靑胡桃    16.7.21.
 708  青柿の転げてすぐに轢かれけり  青柿    16.7.21.
 709  しめやかに風を呼びけり戻り梅雨  戻り梅雨    16.7.21.
 710  海の日や犬吠埼に灯の入りぬ  海の日    16.7.21.
 7151  早よ浮いて来いと綱引く海女の夫  浮いて来い    16.7.21.
 712  恐竜に埋まる湯船や浮人形  浮人形    16.7.21.
 713  鰻屋の団扇の音が客を呼ぶ  鰻    16.7.21.
 714  墨染めも箸走らせる鰻かな  鰻    16.7.21.
 715  黙々と鰻食ひ終え僧合掌  鰻    16.7.21.
 716  錐打たれ生死裂かるる鰻かな  鰻    16.7.21.
 717  鰻屋の煙で済ます土用かな
 鰻    16.7.21.
 718   鰻屋を深呼吸して過りけり  鰻    16.7.21.
 719  噴煙を見下ろすごとく雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 720  水平線円きを見せて雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 721  九十九里長き渚や雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 722  灯台の白亜そそりて雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 723  灯台の白亜の岬雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 724  灯台の揺るがぬ白亜雲の峰  雲の峰    16.7.21.
 725  噴煙を見下ろし昇る雲の峰  雲の峰    16.7.21.
  726  噴煙を膝下に昇る雲の峰  雲の峰    16.7.21.
  727   紅花を蕉翁指せば曽良も笑む  紅花    16.7.22.
  728  ひと漕ぎしまたひと漕ぎし蓴舟(ぬなはぶね)  蓴舟    16.7.22.
 729  ひと漕ぎしまたひと漕ぎし蓴池  蓴    16.7.22.
 730  ひと漕ぎつ掬ひ採り行く蓴舟  蓴舟    16.7.22.
 731  漕いで摘みまた漕いでつむ蓴舟  蓴舟    16.7.22.
 732  掬ひ採りひと漕ぎ進む蓴舟  蓴舟    16.7.22.
 733  木耳を戻し厨の夕支度  木耳    16.7.22.
 734  濠蓋ぎ湯築城址の布袋草  布袋草    16.7.22.
 735  雅なる花宵闇に烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 736  月明に花のレースや烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 737  妖精のひそと編みしか烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 738  宵闇に花編み上げし烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 739  妖精の花のハンカチ烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 740  妖精の花の手巾や烏瓜  烏瓜    16.7.22.
 741  壮大なゼロかも知れず雲の峰  雲の峰     16.7.22.
 742  壮大なゼロを教えし雲の峰  雲の峰     16.7.22.
 743  雲竜のせり上げ見せて雲の峰  雲の峰     16.7.22.
 744  人の手を離れ山野の姫女苑  姫女苑     16.7.23.
 745  無縁墓囲ふて咲けり姫女苑  姫女苑    16.7.23.
 746  辻地蔵供華筒飾る姫女苑  姫女苑    16.7.23.
 747  荒畑を花園にして姫女苑  姫女苑    16.7.23.
 748  虎の尾の少し黄ばみて暑苦し  虎の尾    16.7.23.
 749  馬面の花が風呼ぶ宝鐸草  宝鐸草    16.7.23.
 750  あるかなき風を知らせて宝鐸草  宝鐸草    16.7.23.
 751  所在なく蚊帳吊草を引き抜けり  蚊帳吊草    16.7.23.
 752  羊蹄(ぎしぎし)の日に灼けし花河原道  羊蹄の花    16.7.23.
 753  羊蹄の灼けて逞し河原道  羊蹄の花    16.7.23.
 754  日の暮れて遠目に淋し黄菅かな  黄菅    16.7.23.
 755  灯台の影黒々と雲の峰  雲の峰     16.7.24.
 756  蝦夷菊の供華枯れしまま墓地の黙  蝦夷菊     16.7.24.
 757  蝉しぐれ人人人の神楽坂  蝉時雨     16.7.24.
 758  人出など眼中になし蝉時雨   蝉時雨     16.7.24.
 759  みんみん蝉赤い鳥居の神楽坂   蝉時雨     16.7.24.
 760  神楽坂雑踏で聞く蝉時雨   蝉時雨     16.7.24.
 761  神楽坂雑踏に降る蝉時雨   蝉時雨     16.7.24.
 762  雑踏で蝉時雨聞く神楽坂   蝉時雨     16.7.24.
 763  みんみん蝉時雨となりて神楽坂   蝉時雨     16.7.24.
 764  蝉時雨浴びて下るや神楽坂  蝉時雨    16.7.24.
 765  外濠の人波に聞く蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 766  みんみん蝉鬨の声上ぐ飯田橋  蝉時雨    16.7.24.
 767  数日の余命に追はれ蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 768  蝉しぐれ病み臥す間なき七日かな  蝉時雨    16.7.24.
 769  蝉時雨必死で生きし七日かな  蝉時雨    16.7.24.
 770  精一杯生きる証しや蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 771  悔いの無き地上の七日蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 772   燃え尽きる火縄短し蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 773  卒塔婆の音かたかたと雲の峰  雲の峰    16.7.24.
 774  空蝉の濡れて傾ぐや雨の庭 空蝉    16.7.24.
 775   空蝉の濡れて傾げり雨の庭  空蝉    16.7.24.
 776  空蝉の濡れて傾く雨の庭  空蝉    16.7.24.
 777  吾もまた余命少なし蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 778  蝉しぐれ命繋げし嬥歌かな  蝉時雨    16.7.24.
 779  蝉しぐれ声を限りの嬥歌かな  蝉時雨    16.7.24.
 780  砂時計七日で尽きる蝉時雨  蝉時雨    16.7.24.
 781  蝉時雨ポケモン追ひし人の影  蝉時雨    16.7.24.
 782  富士山を超えて名の無き雲の峰  雲の峰    16.7.24.
 783  灯台の影縮みゆき雲の峰  雲の峰    16.7.24.
 784   ヒマラヤも仰ぎ見るかな雲の峰  雲の峰    16.7.24.
 785  雲の峰灯台の影縮みけり  雲の峰    16.7.25.
 786  老いの身の衰へ淋し雲の峰  雲の峰     16.7.25.
 787 大蛤椀によそふや雲の峰  雲の峰     16.7.25.
 788  老いの身の衰へなんの夏書せり   夏書(げがき)     16.7.25.
 789  一日に十句詠み継ぐ夏書かな 夏書     16.7.25.
 790  ひと箸目靑き激辛唐辛子  靑唐辛子     16.7.25.
 791  三箸目に靑き激辛唐辛子  靑唐辛子     16.7.25.
 792  腰引いて青唐辛子食みにけり  靑唐辛子     16.7.25.
 793  供華の水替へては残る夏の菊  夏聞く     16.7.25.
 794  起き抜けにまず十句詠む夏書かな  夏書     16.7.25.
 795  葉の陰に黄花眼を惹くオクラかな  オクラ     16.7.25.
 796  灯台の影縮みけり雲の峰  雲の峰     16.7.25.
 797  雲の峰一つ崩して喰らふかな  雲の峰     16.7.25.
 798  水平線円きを教え雲の峰  雲の峰     16.7.25.
 799  蝉しぐれ七日限りの嬥歌(かがい)かな  蝉時雨     16.7.25.
 800  靑みどろ小さき命の魚礁かな  靑みどろ     16.7.26.
 801  靑みどろ慌てなさんなと澱みけり  靑みどろ     16.7.26.
 802  梅花藻の花潜り行く鮠の影  梅花藻     16.7.26.
 803  梅花藻の澱みを知らぬ可憐花  梅花藻     16.7.26.
 804  瀬音聞く大樹の枝やさるをがせ  さるをがせ     16.7.26.
 805  奪衣婆の抜け毛にあらじ松蘿(さるをがせ)
 松蘿(さるをがせ)     16.7.26.
 806  金山寺味噌で齧るや新生姜  新生姜     16.7.26.
 807  金山寺味噌で齧りし谷中かな  谷中生姜     16.7.26.
 808  晩酌の当てに一束新生姜  新生姜     16.7.26.
 809  晩酌の当ては決まりと谷中買ふ   谷中生姜     16.7.26.
 810  口に風呼びし谷中の新生姜  新生姜     16.7.26.
 811  古書肆から紙魚引き連れて戻り来ぬ  紙魚     16.7.26.
 812  紙魚もまた価格の内の稀覯本  紙魚     16.7.26.
 813  あめんぼの滑り続ける田水かな  あめんぼう     16.7.26.
 814  磴千段蝉鳴き猛る立石寺  蝉     16.7.26.
 815  古書肆から紙魚引き連れて戻りけり  紙魚     16.7.26.
 816  二千年の眠り目覚めし大賀蓮  蓮     16.7.27.
 817  縄文の息吹き伝へて大賀蓮  蓮    16.7.27.
 818  縄文の紅みやびなる大賀蓮  蓮    16.7.27.
 819  縄文のあかときの香や大賀蓮  蓮    16.7.27.
 820  縄文のあかとき告ぐる大賀蓮  蓮    16.7.27.
 821  あかときの花の散歩や大賀蓮  蓮    16.7.27.
 822  あかときの清しき息吹き大賀はす  蓮    16.7.27.
 823  目覚めたる縄文の花紅はちす  蓮    16.7.27.
 824  悠久の命なりけり古代蓮  蓮    16.7.27.
 825  悠久のはちす開けり真くれなゐ  蓮    16.7.27.
 826  池の面にさざ波刻む古代蓮
 蓮    16.7.27.
 827   けさもまた爆ぜるがごとく古代はす  蓮    16.7.27.
 828  灯台に影なき昼や雲の峰  雲の峰    16.7.27.
 829  茗荷の子花を頭にほつほつと  茗荷の子    16.7.28.
 830  あら嬉し茎の根方に茗荷の子   茗荷の子    16.7.28.
 831  朝露に指濡らし採る茗荷の子   茗荷の子    16.7.28.
 832  見つければここにあそこに茗荷の子   茗荷の子    16.7.28.
 833  茗荷の子摘んで始まる日の楽し   茗荷の子    16.7.28.
 834  厨から包丁の音茗荷汁   茗荷の子    16.7.28.
 835  厨から朝採り浮ぶ茗荷汁   茗荷の子    16.7.28.
 836  厨から庭の朝採り茗荷汁   茗荷の子    16.7.28.
 837  採れ立てを女房仕立てし茗荷汁   茗荷の子    16.7.28.
 838  朝採りの茗荷浮びし朝餉汁   茗荷の子    16.7.28.
 839  朝露も刻み込みたる茗荷汁   茗荷の子    16.7.28.
 840  茗荷の子摘んで夕餉の薬味かな   茗荷の子    16.7.28.
 841  朝の庭降りれば楽し茗荷採り   茗荷の子    16.7.28.
 842  祝婚歌響くチャペルや小鳥来る
(10号課題詠:小鳥来る)
 小鳥来る      16.7.29.
 843  祝婚歌流るるチャペル小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 844  小鳥来る瑞穂の国の収穫期  小鳥来る    16.7.29.
 845  小鳥来る瑞穂の国は細長し  小鳥来る    16.7.29.
 846  小鳥来る古里の無き東京っ子  小鳥来る    16.7.29.
 847  小鳥来る朝の狭庭の深呼吸  小鳥来る    16.7.29.
 848  妻主導パン食の朝小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 849  テレビ見つ庭見つ朝餉小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 850  大聖堂流るる聖歌小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 851  聖堂が性堂に化け小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 852  熊本城復旧はいつ小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 853  バリトンの司祭の声や小鳥来る  小鳥来る    16.7.29.
 854  膝伸ばすことならぬまま蓴舟  蓴舟     16.7.29.
 855  板船の傾ぎて進む蓴(ぬなわ)採り  蓴(蓴菜)     16.7.29.
 856  空を背に舟滑らせる蓴池  蓴(蓴菜)     16.7.29.
 857  一滑りししつつ摘みゆく蓴舟  蓴舟     16.7.29.
 858  膝伸ばすこともならずに蓴舟  蓴舟     16.7.29.
 859  空見上ぐことことを忘れて蓴採り       16.7.29.
 860  蓴とは沼縄転じし葉柄かな       16.7.29.
 861  取りこぼし水面に戻る蓴かな       16.7.29.
 862  小鳥来る吾は里なき東京っ子  小鳥来る     16.7.29.
 863  山門を見上ぐる橋やさるをがせ  さるをがせ    16.7.29.
 864  奪衣婆の潜りし枝やさるをがせ   さるをがせ    16.7.29.
 865  瑞々し茎を選んで谷中買ふ  谷中生姜(新生姜)
   16.7.29.
 866  土用芽のさあと声して吹き出しぬ  土用芽    16.7.30.
 867  万緑やスマホ片手に人の行く  万緑    16.7.30.
 868  夏木立だれかに似たる羅漢像  夏木立    16.7.30.
 869  蝉時雨まっただ中に羅漢像  蝉時雨    16.7.30.
 870  コンビニへ本受け取りに夏帽子  夏帽子    16.7.30.
 871  どや顔のかんかん照りや梅雨明けり  梅雨明け    16.7.30.
 872  酒控えけふで六日の晩夏光  晩夏光    16.7.30.
 873  明日から季語の変りし晩夏光   晩夏光    16.7.30.
 874  梅雨明けて口内炎は治まらず   梅雨明け    16.7.30.
 875  炎昼や影は映らぬ口内炎  炎昼    16.7.30.
 876  炎昼や口内炎を引き連れて  炎昼    16.7.30.
 877  いい湯だと泥鰌は言はじ田水沸く  田水沸く    16.7.30.
 878  炎昼や五分遅れのバス来たり  炎昼    16.7.30.
 879  鳴き終えて尿放ちゆく法師蝉  蝉    16.7.30.
 880  高下駄の素足の白き板場かな  涼し    16.7.30.
 881  鳴き終えて尿を駄賃の法師蝉  蝉    16.7.30.
 882  異国語の浴衣行き交う浅草寺  浴衣    16.7.31.
 883  浴衣着て団扇片手に鍵屋かな  浴衣    16.7.31.
 884  三尺寝する間も惜しみスマホかな  三尺寝    16.7.31.
 885  三尺寝忘れポケモンGO追へり  三尺寝    16.7.31.
 886  海の日の三連休を家族旅  海の日    16.7.31.
 887  祇園会や夏越で終る京の町  祇園会    16.7.31.
 888  河童忌やわが脳天も相似形  河童忌    16.7.31.
 889  立衿の神父の首の汗疹(あせも)かな  汗疹    16.7.31.
 890  丑三つに黄泉へ誘ふ青葉木莵  青葉木莵    16.7.31.
 891  所作動作すべて笑はす鴉の子  鴉の子    16.7.31.
 892  負け票と知りつつ夏の投票所  夏    16.7.31.
 893  燕の子たっぷり食べて旅立てり  燕の子    16.7.31.
 894 おはぐろの孤愁とも見ゆ飛翔かな  おはぐろ     16.7.31.
 895  御歯黒のとろとろとろと飛びにけり   おはぐろ     16.7.31.
 896  お歯黒の影もとろとろ飛びにけり  おはぐろ     16.7.31.
 897  お歯黒のとろとろ飛びし日暮れかな  おはぐろ     16.7.31.
 898  近ごろは切り売り多き西瓜かな  西瓜     16.7.31.
 899  西瓜切る包丁の音響きけり  西瓜     16.7.31.
 900  とんとんと叩けば響く西瓜かな  西瓜     16.7.31.
 901  惨劇に歓声上がる西瓜割  西瓜     16.7.31.
 902  大西瓜端正に切る父がゐた  西瓜     16.7.31.
 903  大西瓜切るはいつでも父の役  西瓜     16.7.31.
 904  西瓜切る父の権威のありしころ  西瓜     16.7.31.
 905  西瓜切る父は決まって深呼吸  西瓜     16.7.31.
 906  丸ごとの売れぬ日のあり切り西瓜  西瓜     16.7.31.
 907  夕凪や縮緬皺の瀬戸の海  夕凪     16.7.31.
 908  自転車で虹の袂を追ひ行けり  虹    16.8.1.
 909  虹の輪にゴールキックの球走る  虹    16.8.1.
 910  ほんとうに渡れぬものか虹の橋  虹    16.8.1.
 911  虹の橋そっと架かりてそっと消ゆ  虹    16.8.1.
 912  大吊橋すくむ眼下に虹の橋
 虹    16.8.1.
 913  大吊橋すくむ眼下に虹架かる  虹    16.8.1.
 914  夕焼けの雲間に薄き虹架かる  虹    16.8.1.
 915  湧く雲に虹の溺れし弾崎  虹    16.8.1.
 916  ばりばりと脅かす手法はたた神  はたた神    16.8.1.
 917  大夕焼映すガラスの丸の内  大夕焼    16.8.1.
 918  噴水の影を作りし大西日  噴水・大西日    16.8.1.
 919  噴水の影くっきりと大西日   噴水・大西日    16.8.1.
 920  熱中症どこ吹く風の蟻の列  蟻    16.8.1.
 921  不条理の極語り継ぐ原爆忌  原爆忌    16.8.1.
 922  甦る朱鷺悠々と降る青田  青田    16.8.1.
 923  秋風や鴉かと聞く朱鷺の声  秋風    16.8.1.
 924  秋風や鴉と紛る朱鷺の声  秋風    16.8.1.
 925  秋風や妻を呼ぶかな朱鷺の声  秋風    16.8.1.
  926
 大西日塒に戻る朱鷺の声  大西日    16.8.1.
 927  塒の朱鷺耳傾ける薪能  薪能    16.8.2.
 928  朱鷺もまた耳傾ける薪能  薪能     16.8.2.
 929  かおかおと朱鷺の呼び合ふ夏木立  夏木立     16.8.2.
 930  曲りたる胡瓜投げるかブーメラン  胡瓜     16.8.2.
 931  採れ立ての棘をしごきて胡瓜食む  胡瓜     16.8.2.
 932  朝顔に夕顔タッチ季の変り  朝顔・夕顔  夏秋   16.8.2.
 933  引き抜けば子だくさんなり走り薯  走り薯     16.8.2.
 934  朝採りやすぽんすぽんと夏大根  夏大根     16.8.2.
 935  薬味には辛さがうれし夏大根  夏大根     16.8.2.
 936  朝風の中で引き抜く夏大根  夏大根     16.8.2.
 937  茄子摘めば籠できゅっきゅと話しをり  茄子     16.8.2.
 938  ひと剥ぎで肌瑞々しキャベツ積む  キャベツ     16.8.2.
 939  新じゃがの皮を剥かずに煮転がし  新じゃが     16.8.2.
 940  新じゃがを竹串に刺しバーベキュー  新じゃが     16.8.2.
 941  辣韭を捌く厨の慌ただし  辣韭     16.8.2.
 942  土割りて花ひそやかに茗荷の子  茗荷の子     16.8.2.
 943  出しゃばらずひそと花着け茗荷の子  茗荷の子     16.8.2.
 944  茗荷の子摘まれる順を待ちにけり  茗荷の子     16.8.2.
 945  早よ摘めと黄花が告げし茗荷の子  茗荷の子     16.8.2.
 946  庭採りの茗荷尽くしの夕餉かな  茗荷の子     16.8.2.
 947  白障子共振始む蝉しぐれ  蝉時雨     16.8.2.
 948  夕暮れを告げて蜩律儀なり  蜩     16.8.3.
 949  蜩の声を背にする山路かな   蜩     16.8.3.
 950  蜩に急き立てらるる山路かな   蜩     16.8.3.
 951  蜩の鳴ひて静まる浄閑寺   蜩     16.8.3.
 952  蜩の閉園告げる民家園   蜩     16.8.3.
 953  蜩が鳴いて厨に灯の入りぬ   蜩     16.8.3.
 954  蜩の声に鎮もる関所跡   蜩     16.8.3.
 955  蜩の声に携帯まで鳴れり   蜩     16.8.3.
 956  蜩のソロの寂しき夕木立   蜩     16.8.3.
 957  蜩の声に速歩の山路かな   蜩     16.8.3.
 958  蜩やポケモン探す人の影   蜩     16.8.3.
 959  蜩の鳴ひて百本ノック止む   蜩     16.8.3.
 960  すっと来てすっと飛び去る赤蜻蛉  赤とんぼ    16.8.4.
 961  敷石の三つ先なる赤とんぼ  赤とんぼ     16.8.4.
 962  バス停の老女の帽子赤とんぼ  赤とんぼ     16.8.4.
 963  生身魂ばかり集ひし句会かな  生身魂     16.8.4.
 964  とんと耳遠くなりたる生身魂  生身魂     16.8.4.
 965  叱られてぺろと舌出す生身魂  生身魂     16.8.4.
 966  武甲見つ秩父に入れば山法師  山法師の花     16.8.4.
 967  弁慶の白き頭巾や山法師  山法師の花     16.8.4.
 968  天婦羅になる花とかや針槐  針槐     16.8.4.
 969  酢の物で食みて美味しと針槐   針槐     16.8.4.
 970  紅葉葵咲く横路地やスカイツリー  紅葉葵     16.8.4.
 971  俳書持ち緑蔭に入る至福かな  緑蔭     16.8.5.
 972  人住まぬままに三年花木槿  花木槿    16.8.5.
 973  赤道と呼ばるる路地の白木槿  白木槿    16.8.5.
 974  犬の尿そ知らぬ顔の花木槿   花木槿    16.8.5.
 975  種飛ばす音やいかにと鳳仙花  鳳仙花    16.8.5.
 976  種弾く音聞かんかな鳳仙花   鳳仙花    16.8.5.
 977  孫のため観察日記ほうせん花   鳳仙花    16.8.5.
 978  頬染めて帯がきつかと酔芙蓉  酔芙蓉    16.8.5.
 979  てんでんに色競ひ咲く花白粉  花白粉    16.8.5.
 980  てんでんに色競ひ合ふ花白粉  花白粉    16.8.5.
 981  姐さんの支度の時間花白粉  花白粉    16.8.5.
 982   姐さんの支度の時間夕化粧  夕化粧=花白粉    16.8.5.
 983  つまべにの遊び懐かし昭和かな  つまべに(=鳳仙花    16.8.5.
 984  めはじきの名の面白き花に触る  めはじき    16.8.5.
 985  するすると猿を上らせ百日紅  百日紅    16.8.5.
 986  百日紅読みと字面のかい離かな  百日紅    16.8.5.
 987  百日紅足滑らせて猿気取る  百日紅    16.8.5.
 988  花散らしながら咲き継ぐ百日紅  百日紅    16.8.5.
 989  褐色の肌艶やかに百日紅  百日紅    16.8.5.
 990  鉄幹と肌の違へて百日紅  百日紅    16.8.5.
 991  シャワー浴ぶクレオパトラや百日紅  百日紅    16.8.5.
 992  乙女の肌弾けるシャワー百日紅  百日紅    16.8.5.
 993  江戸切子ずしりと重し百日紅  百日紅    16.8.5.
 994  京町屋祖霊を託す大文字  大文字    16.8.5.
 995  精霊の送り火五山焦がしけり  精霊送り火    16.8.5.
 996  一瞬に街焼き熔かす原爆忌  原爆忌    16.8.6.
 997  きのこ雲黒き雨降る原爆忌  原爆忌     16.8.6.
 998  阿鼻叫喚地獄の街や廣島忌  廣島忌     16.8.6.
 999  忘却と風化問はれし原爆忌  原爆忌     16.8.6.
 1000  忘却と風化問はるる原爆忌  原爆忌     16.8.6.
♪BGM:Chopin[Nocturne8]arranged by Pian♪
 表紙へ
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system