鈴童の遊び
 一日十句以上千句詠む
 

  (第25回)


 No.  季  語  季  作句日
 1  下り来る流燈掬ふ役忙し  流燈   16.8.6. 
 2  下り来る流燈掬ふ長いたも   流燈   16.8.6. 
 3  解夏の寺キャリーバックの僧下山  解夏   16.8.6. 
 4  解夏の寺キャリーバックが山下る  解夏   16.8.6. 
 5  送行(そうあん)やキャリーバッグが山下る  送行(=解夏)   16.8.6. 
 6  踊る輪を囲みし人の輪の厚き  踊   16.8.6. 
 7  盆踊曲はロックに変りけり  盆踊   16.8.6. 
 8  新しき卒塔婆並ぶ施餓鬼寺  施餓鬼   16.8.6. 
 9  茄子の馬作る園児のはしゃぎ声  茄子の馬   16.8.6. 
 10  脚長く麒麟に似たる茄子の馬  茄子の馬   16.8.6. 
 11  二発目に言い訳のなき原爆忌  原爆忌     16.8.6. 
 12  縄文の香を風にのせ大賀蓮  蓮の花      16.8.7. 
 13  花売場ときどき売れる苧殻かな  苧殻      16.8.7. 
 14  仏箸あまりに軽き苧殻かな  苧殻      16.8.7. 
 15  花売場苧殻を知らぬ若い主婦  苧殻      16.8.7. 
 16  オブジェかと苧殻手に取る花売場  苧殻      16.8.7. 
 17  苧殻の句読めず採られぬ句会かな  苧殻      16.8.7. 
 18  溝萩の紅一枚となる日暮れ  溝萩      16.8.7. 
 19  溝萩の紅のぼかしや池の畔  溝萩      16.8.7. 
 20  藤豆の重量見せて垂れにけり  藤豆      16.8.7. 
 21  葉の陰にごろりと育つ南瓜かな  南瓜      16.8.7. 
 22  枝豆の指に熱きを弾き食む  枝豆      16.8.7. 
 23  窯を焚くごとき日がなに秋立ちぬ  立秋      16.8.8. 
 24  列島を丸ごと茹でつ秋立ちぬ  立秋     16.8.8. 
 25  リオ五輪湧き立つ知らせ今朝の秋  今朝の秋     16.8.8. 
 26  初秋を探せばそよと風吹けり  初秋     16.8.8. 
 27  真夏日にうだる列島秋立ちぬ   立秋     16.8.8. 
 28  列島を釜茹でにして秋立ちぬ   立秋     16.8.8. 
 29  列島に豆粒ほどの秋立ちぬ   立秋     16.8.8. 
 30  境内の木陰がうれし施餓鬼寺  施餓鬼寺     16.8.8. 
 31  卒塔婆の木の香新し施餓鬼かな  施餓鬼     16.8.8. 
 32  本堂は施餓鬼の僧の大合誦  施餓鬼     16.8.8. 
 33  解夏の僧痩身多し磴下る  解夏     16.8.8. 
 34  反り返り赤子泣き告ぐ残暑かな  残暑    16.8.9. 
 35  ごろごろとただそれっきり秋の雷  秋の雷    16.8.9. 
 36  秋の雷削がれて薄き武甲山  秋の雷    16.8.9. 
 37  黄金の川に仕立てし泡立草  泡立草    16.8.9. 
 38  引っ張れば果てもなきかに藪からし  藪からし    16.8.9. 
 39  水引の紅きらめかす日照雨かな  水引の花    16.8.9. 
 40  タンデムを漕ぎ行く二人稲の花  稲の花    16.8.9. 
 41  人の数虫より多き虫送り  虫送り    16.8.9. 
 42  人の数ばかり目立つや虫送り  虫送り    16.8.9. 
 43  提灯に灯を入れ進む虫送り  虫送り    16.8.9. 
 44  限界の集落ひそと虫送り  虫送り    16.8.9. 
 45  蚊遣火のひと筋になり虫送り  虫送り    16.8.10. 
 46  鉦太鼓子らにぎやかに虫送り  虫送り    16.8.10. 
 47  藁苞を流れに投げて虫送り  虫送り    16.8.10. 
 48  寅さんもひょいと加わる虫送り  虫送り    16.8.10. 
 49  鉄橋を長き貨車行く虫送り  虫送り    16.8.10. 
 50  橋上で経よむ和尚虫送り  虫送り    16.8.10. 
 51  虫送り終えて河原のバーベキュー  虫送り    16.8.10. 
 52  怨霊の魂を鎮めて虫送り  虫送り    16.8.10. 
 53  碁仇に後で来んかと虫送り  虫送り    16.8.10. 
 54  吾亦紅かすかに揺れて気を引けり  吾亦紅    16.8.10. 
 55  すっと落ちかさと鳴りしか桐一葉  桐一葉    16.8.11. 
 56  白壁の土蔵を過る桐一葉  桐一葉    16.8.11. 
 57  桐一葉ふはりと舞ひて重なりぬ  桐一葉    16.8.11. 
 58  散り急ぐ風情を見せず桐一葉  桐一葉    16.8.11. 
 59  藏横に積りし上にまた一葉  桐一葉    16.8.11. 
 60  身ほとりを振り返らせて一葉落つ  一葉落つ    16.8.11. 
 61  藏囲む桐の木立や一葉落つ   一葉落つ    16.8.11. 
 62  積りたる上にかさりとまた一葉   一葉    16.8.11. 
 63  一葉ずつ重なり積る藏の横   一葉    16.8.11. 
 64  閑なる間合いを見せて桐一葉  桐一葉    16.8.11. 
 65  落下する気配違はず一葉舞ふ   一葉    16.8.11. 
 66  間合いとり枝離れゆく桐一葉  桐一葉    16.8.11. 
 67  生身魂兜太のような句を詠めり  生身魂    16.8.12. 
 68  生身魂ずらりと並ぶ句会かな  生身魂    16.8.12. 
 69  生身魂ばかりの並ぶ句会かな  生身魂    16.8.12. 
 70  ちちははがこいしと詠みし生身魂  生身魂    16.8.12. 
 71  生身魂孫に教える二次関数  生身魂    16.8.12. 
 72  嘶けり尻の大きな茄子の馬  茄子の馬    16.8.12. 
 73  嘶くや尻の大きな茄子の馬  茄子の馬    16.8.12. 
 74  割箸の脚八の字に茄子の馬  茄子の馬    16.8.12. 
 75  卒塔婆の木の香新し施餓鬼かな  施餓鬼    16.8.12. 
 76  掃苔の済て新し卒塔婆かな  掃苔    16.8.12. 
 77  祈りしは二度と作らぬ終戦日  終戦日    16.8.12. 
 78  すいとんのお替りしたり終戦日  終戦日    16.8.12. 
 79  卒塔婆をことりと鳴らし秋の風  秋風    16.8.12.
 80  山の日(8.11.)やその翌日は御巣鷹忌  山の日    16.8.12.
 81  蔭口は人の楽しみ秋の風  秋風    16.8.12.
 82  秋風を四角に切りて文字書かん  秋風    16.8.12.
 83  秋風や白秋詠みし邪宗門  秋風    16.8.12.
 84  爽籟や窓開け放つ日暮れかな  爽籟    16.8.12.
 85  実盛の藁人形や虫送り  虫送り    16.8.13.
 86  サインライト打ち振りてゆく虫送り  虫送り     16.8.13.
 87  農道をサインライトで虫送り  虫送り     16.8.13.
 88  にぎやかにサインライトで虫送り  虫送り     16.8.13.
 89  虫送り野辺の送りの同じ道  虫送り     16.8.13.
 90  星空に五山燃え立つ大文字  大文字     16.8.13.
 91  おばしま(欄干)に手を置き見上ぐ大文字  大文字     16.8.13.
 92  おばしまに手を置く舞妓大文字  大文字     16.8.13.
 93  おばしまに寄り添ひて見る大文字  大文字     16.8.13.
 94  水浴のクレオパトラや百日紅  百日紅     16.8.13.
 95  一夜明け黒々残る大文字  大文字     16.8.13.
 96  寅さんの姿も見える虫送り  虫送り     16.8.14.
 97  咲いて散りまた咲いて散る百日紅  百日紅    16.8.14.
 98  するすると猿上りたり百日紅  百日紅    16.8.14.
 99  佃まで出かけて路地の秋簾  秋簾    16.8.14.
 100  板前の高下駄過る秋簾  秋簾    16.8.14.
 101  秋簾路地から聞ゆ三味の音  秋簾    16.8.14.
 102  ちんとんしゃん三味の音響く秋簾  秋簾    16.8.14.
 103  巻き納むずしりと重き秋簾  秋簾    16.8.14.
 104  憚らず音高らかに走り蕎麦  走り蕎麦    16.8.14.
 105  競ふごと音立てて食む走り蕎麦  走り蕎麦    16.8.14.
 106  豪快に啜る男ら走り蕎麦  走り蕎麦    16.8.14.
 107  一握り夫持ち帰り零余子飯  零余子飯    16.8.14.
 108  音もまた味引き立てて走り蕎麦  走り蕎麦    16.8.14.
 109  啜る音味引き立てて走り蕎麦  走り蕎麦     16.8.14.
 110  朝礼の教育勅語消え敗戦  走り蕎麦     16.8.14.
 111  戦争の昭和も遠く敗戦忌  敗戦忌     16.8.15.
 112  忘却と風化の進む敗戦忌  敗戦忌     16.8.15.
 113  甲高き天皇の声敗戦日  敗戦日     16.8.15.
 114  玉音の途切れとぎれに終戦日  終戦日     16.8.15.
 115  カレンダーにそれと記されぬ終戦日   終戦日     16.8.15.
 116  何の日と言ふ若者や敗戦日  敗戦日     16.8.15.
 117  今日だけは晩酌やめる敗戦忌  敗戦忌     16.8.15.
 118  少国民八十路を辿る敗戦忌  敗戦忌     16.8.15.
 119  玉音も死語になりたる敗戦忌  敗戦忌     16.8.15.
 120  代用食ぴんと来ぬ顔敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 121  どの顔もスマホに夢中敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 122  年ごとに影薄くなる敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 123  芋食って屁をよく放ひて敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 124  銃後では屁を放き合って敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 125  蝗採り蝗を食って敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 126  蝗採り蝗を食って戦終る  蝗(いなご)     16.8.15.
 127  風化する惨禍の記憶敗戦日   敗戦日     16.8.15.
 128  具の入らぬ目玉汁飲み敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 129  摘まめぬ具目玉汁なり敗戦忌   敗戦忌     16.8.15.
 130  米足りず蝗を食って敗戦日   敗戦日     16.8.15.
 131  農きびし睡魔を払ふ佞武多かな  佞武多     16.8.16.
 132  男踊り女踊りや風の盆  風の盆     16.8.16.
 133  観光客去りし路地裏風の盆  風の盆     16.8.16.
 134  すすり泣く胡弓の響き風の盆  風の盆     16.8.16.
 135  裏路地を忍び泣き音の風の盆  風の盆     16.8.16.
 136  辻明り人影映す風の盆  風の盆     16.8.16.
 137  辻明り胡弓流しの風の盆  風の盆     16.8.16.
 138  丑三つの辻に流しや風の盆  風の盆     16.8.16.
 139  乙女らのいと淑やかに風の盆  風の盆     16.8.16.
 140  胡弓の音嫋々として風の盆  風の盆     16.8.16.
 141  サインライト打ち振る子らの虫送り  虫送り    16.8.17.
 142  サインライト手に手に子らの虫送り  虫送り    16.8.17.
 143  松明のひと筋になり虫送り  虫送り    16.8.17.
 144  ほどのよき酒呑む人や秋初め  秋初め    16.8.17.
 145  室外機朝から唸る素秋かな  素秋    16.8.17.
 146  散水にそよと風あり今朝の秋  今朝の秋    16.8.17.
 147  露座仏のはだへに籠もる秋暑かな  秋暑    16.8.17.
 148  秋立ちて気配さがせど見つからず  立秋    16.8.17.
 149  秋天の靑に透かしの残り月  秋天    16.8.17.
 150   観覧車動くと見せず秋暑かな   秋暑    16.8.17.
 151   桂剥く若き板前涼新た  涼新た    16.8.17.
 152 秋涼の風呼び入れる板場かな  秋涼    16.8.17.
 153  秋涼の風呼び入るる板場かな  秋涼     16.8.17.
 154  燈火親し部屋に籠もりてスマホかな  燈火親し     16.8.18.
 155  青春の書き込み見つけ燈火かの秋  燈火の秋     16.8.18.
 156  灯親し乱読の書を積み上げて   燈火親し     16.8.18.
 157  燈火親し五輪のテレビ夜更けまで   燈火親し     16.8.18.
 158  燈火親しパソコンで読む新刊書   燈火親し     16.8.18.
 159  隣家にも灯火親しむ窓明り   燈火親しむ     16.8.18.
 160  家ごとに灯火親しむ事情あり   燈火親しむ     16.8.18.
 161  燈火親し友のメールに返事打つ   燈火親し     16.8.18.
 162  燈火親し電子将棋で夜は更けぬ   燈火親し     16.8.18.
 163  それぞれの部屋で親しむ燈火かな   燈火親し     16.8.18.
 164   燈火親しPDFで読む紀要   燈火親し     16.8.18.
 165  露座仏の背にひと筋の稲光  稲光    16.8.18.
 166  稲びかりスカイツリーが飲み込めり  稲光    16.8.18.
 167  稲妻や土蔵に小さき避雷針  稲妻    16.8.18.
 168  稲妻を背にゆっくりとバス来たり  稲妻    16.8.18.
 169  稲びかり女の顔の厚化粧  稲光    16.8.18.
 170  稲びかり辻の地蔵は驚かず  稲光    16.8.18.
 171  いなびかり京都五山を走りけり  稲光    16.8.18.
 172  朝刊を咥えしポスト秋立ちぬ  立秋    16.8.18.
 173  蜩やなぞへの墓地の夕間暮れ  蜩    16.8.18.
 174  ゲリラ雨の走る列島秋はじめ  初秋    16.8.19.
 175  秋草をかき分け流る野川かな  秋草    16.8.19.
 176  秋草を覆い尽して荒地瓜  秋草    16.8.19.
 177  秋草の仲間に入れて思ひ草  秋草    16.8.19.
 178  秋草に優しさなぞと荒地瓜  秋草    16.8.19.
 179  すすき原根方にひょこと思ひ草  思ひ草(=煙管草)    16.8.19.
 180  面伏せ世を憚るや思ひ草  思ひ草(=南蛮煙管)    16.8.19.
 181  ひょこひょこと芒の根方思ひ草  思ひ草    16.8.19.
 182  あっち向きこっち向きたる煙管草  煙管草    16.8.19.
 183  ヒモで生きヒモで枯れ行く煙管草  煙管草    16.8.19.
 184  芒原枯れし根方の思ひ草
 思ひ草    16.8.19.
 185   生き方も姿も可笑し思ひ草  思ひ草    16.8.19.
 186  生き方も姿も異端思ひ草  思ひ草    16.8.19.
 187  恋ならば心に秘めて思ひ草  思ひ草     16.8.19.
 188  稲妻や土蔵の小さき避雷針  稲妻     16.8.19.
 189  向き変へて頬を撫でゆく秋の風  秋風     16.8.19.
 190  絵馬堂やかたりことりと秋の風  秋風     16.8.19.
 191  新涼や四百リレー銀メダル!  新涼     16.8.20.
 192  流燈を満を持し待つ回収船  流燈     16.8.20.
 193  かなかなや旧家に残る屋敷林  かなかな     16.8.20.
 194  自らを急き立て煽る法師蝉  法師蝉     16.8.20.
 195  かなかなの鳴ひて打ち切る立ち話  かなかな     16.8.20.
 196  蜩に話打ち切る主婦二人  蜩     16.8.20.
 197  かなかなの二度ほど鳴ひて日の暮れぬ  かなかな     16.8.20.
 198  ひぐらしの鳴ひて和尚の法話止む  蜩     16.8.20.
 199  夕空に見事な数の赤とんぼ  赤とんぼ     16.8.20.
 200  残照の畑の道や赤とんぼ  赤とんぼ     16.8.20.
  201  かなかなの声が幕引く日暮れかな  かなかな     16.8.20.
 202  神楽坂くだりて来れば秋の蝉  秋蝉    16.8.21.
 203  外濠の木立にしみる秋の蝉   秋蝉     16.8.21.
 204  仰向けの秋蝉じじとだけ鳴けり   秋蝉     16.8.21.
 205  尿放ちついと飛び去る秋の蝉   秋蝉     16.8.21.
 206  出し抜けに庭で鳴き初む法師蝉  法師蝉     16.8.21.
 207  無差別の殺戮の果て敗戦忌  敗戦忌     16.8.21.
 208  愚行とは戦争のこと敗戦忌  敗戦忌     16.8.21.
 209  口実は言ひ訳なりし敗戦忌  敗戦忌     16.8.21.
 210  反戦のペン引き継がん松明忌
(むのたけじ死去、享年101歳)
 松明忌     16.8.21.
 211  列島に墓標並びし敗戦忌  敗戦忌     16.8.21.
 212  仰向けの秋蝉じじと鳴き果てり   秋蝉    16.8.21.
 213  秋蝉のひと声残し果てにけり   秋蝉    16.8.22.
 214  雨に濡れ婚活の声秋の蝉   秋蝉    16.8.22.
 215  日本の忌三つ並びし八月尽  八月尽    16.8.22.
 216  しまったと思へど遅し火取虫  火取虫    16.8.22.
 217  弾崎灯台囲む除虫菊  除虫菊    16.8.22.
 218  海越えて来し逞しき除虫菊  除虫菊    16.8.22.
 219  挨拶のできぬ少年金魚草  金魚草    16.8.22.
 220  青臭き蛍の匂ひ青春期  蛍    16.8.22.
 221  椿山荘知らぬ庭舞ふ蛍かな  蛍    16.8.22.
 222  身を任す蛍火さがす雌ほたる  蛍    16.8.22.
 223  蛍狩り口づけ交す二人かな  蛍狩     16.8.23.
 224  客寄せの小さきパンダ蛍舞ふ  蛍    16.8.23.
 225  お土産はビニール籠の蛍かな  蛍    16.8.23.
 226  蛍狩り暗闇さがす二人かな  蛍狩    16.8.23.
 227  住み馴れて岸辺に憩ふ通し鴨  通し鴨    16.8.23.
 228  餌ねだるほどに馴れたる通し鴨  通し鴨    16.8.23.
 229  名前付け呼べば振り向く通し鴨  通し鴨    16.8.23.
 230  軽鳧の子の面影消えし季の終り   軽鳧の子    16.8.23.
 231  高野聖独り遊びの泥田かな  高野聖(=田亀)    16.8.23.
 232  ざりがにの爪立て空しポリバケツ  ざりがに    16.8.23.
 233  河骨や水の中にも花開く  河骨    16.8.23.
 234  生ひ茂る草潜りゆく夏の川  夏の川    16.8.23.
 235  二発目に言い訳ありや原爆忌  原爆忌     16.8.24.
 236  手が触れて女の睨む盆踊  盆踊     16.8.24.
 237  手の触れぬやうに気を付け盆踊   盆踊     16.8.24.
 238  シャツはみな国防色の終戦日  終戦日     16.8.24.
 239  オンリーの唇赤き敗戦忌  敗戦忌     16.8.24.
 240  GIと腕組むオンリー敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 241  コンビニが弁当捨てる敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 242  すいとんがご馳走だった終戦日  終戦日    16.8.24.
 243  玉砕の島が相次ぎ敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 244  玉砕の報が相次ぎ敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 245  列島を焦土に変へて敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 246   無差別に人焼き殺し敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 247  殺戮の歯止め無きまま敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 248  究極の殺戮問はぬ原爆忌   原爆忌    16.8.24.
 249  国に命捧げる美辞や敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 250  火事泥の北方領土敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
  251  反米にあらず反戦敗戦忌   敗戦忌    16.8.24.
 252   手が触れて女睨みし盆踊  盆踊     16.8.24.
 253  蜩の楷書で鳴きし夕木立  蜩     16.8.24.
 254  赤とんぼ群れで飛ぶ日と飛ばぬ日と  赤とんぼ     16.8.25.
 255  茶寿と言ふ楽しき夢や秋あかね  秋あかね      16.8.25.
 256  サインライト輪の伸び縮む盆踊  盆踊      16.8.25.
 257  よさこいのテンポに変る盆踊  盆踊      16.8.25.
 258  輪に入れば振り思ひ出す盆踊  盆踊      16.8.25.
 259  天皇の声甲高き終戦日  終戦日      16.8.25.
 260  音立てて火焔の走る大文字  大文字      16.8.25.
 261  妙法も舟形も燃ゆ大文字  大文字      16.8.25.
 262  五山には熱き灸(やいと)の大文字  大文字      16.8.25.
 263  処暑過ぎてなほ唸りをり室外機  処暑      16.8.25.
 264  唐突に狭庭で鳴けり法師蝉  法師蝉      16.8.25.
 265  蜩の鳴いて広がる薄暮かな  蜩      16.8.25.
 266  かなかなの鳴いて静寂(しじま)の生まれけり  かなかな      16.8.25.
 267  赤とんぼ群れ飛ぶ空の靑さかな  赤とんぼ      16.8.25.
 268  群れ飛べどみなてんでんに赤とんぼ  赤とんぼ      16.8.25.
 269  火事泥の北方領土敗戦忌  敗戦忌    16.8.25.
 270  みなが詠む六九十五八月忌  八月忌    16.8.25.
 271  定番句六九十五八月忌   八月忌    16.8.25.
 272  新涼や添削の赤ペンを置く  新涼    16.8.26.
 273  新涼や詠んで見つけし先行句  新涼     16.8.26.
 274  詠みたれば先行句あり秋の雷  秋の雷     16.8.26.
 275  新涼や郵便局へ用足しに  新涼     16.8.26.
 276  新涼や郵便局へ散歩かね  新涼     16.8.26.
 277  新涼の風呼び込みし網戸かな  新涼     16.8.26.
 278  網戸越し小声でじじと秋の蝉  秋蝉     16.8.26.
 279  口下手に鳴きかけて止む秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
 280  鳴きかけて口ごもりをり秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
 281  じじじじと呟くやうに秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
 282  鳴きかけてまた鳴き止めり秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
 283  ようやくに長鳴きに入る秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
 284  秋蝉のクレッシェンドで嫁呼べり
  秋蝉     16.8.26.
 285   ようやくに長鳴きできし秋の蝉   秋蝉     16.8.26.
  286  不精ひげ剃らずに散歩秋めきぬ  秋めく     16.8.26.
 287  子らゐなくなりて寂しき地蔵盆  地蔵盆     16.8.27.
 288  子らの声なきまま迎ふ地蔵盆  地蔵盆     16.8.27.
 289  傘寿の妻遠き目をする地蔵盆  地蔵盆     16.8.27.
 290  葉茎分けきゅっきゅと摘みし茗荷の子(夏)  茗荷の子     16.8.27.
 291  まじまじと見ることもなき赤のまま  赤のまま     16.8.27.
 292  母が子に一茎渡す赤のまま  赤のまま     16.8.27.
 293  どの花も紅ほんのりと桜蓼  蓼の花     16.8.27.
 294  桜蓼その名もみやび花の列  蓼の花     16.8.27.
 295  さくら蓼一輪挿して花みつる  蓼の花     16.8.27.
 296  桜蓼花咲き満ちて華やげり  蓼の花     16.8.27.
 297  ぎらぎらの日と戯るる藪からし  藪からし     16.8.27.
 298  引くほどにずるりずるりと藪からし   藪からし     16.8.27.
 299  木漏れ日に水引の花際立てり  水引     16.8.27.
 300  オンリーの花子が闊歩カンナ燃ゆ  カンナ     16.8.27.
 301  千枚田一枚ごとに稲の花  稲の花     16.8.27.
 302  マリコと呼ぶオンリーがゐた花カンナ  花カンナ     16.8.27.
 303  マリコと言ふオンリーに似てカンナ燃ゆ  カンナ燃ゆ     16.8.27.
 304  オンリーも死語になりたりカンナ燃ゆ  カンナ燃ゆ     16.8.27.
 305  黒猫が尾を立て過る花カンナ  花カンナ     16.8.27.
 306  尾を立てて黒猫よぎる花カンナ  花カンナ     16.8.27.
 307  雨に濡れ婚活コール秋の蝉  秋蝉     16.8.27.
 308  どの猫も尾を立て過る花カンナ  花カンナ     16.8.27.
 309  どの猫もなぜか尾を立て花カンナ  花カンナ     16.8.27.
 310  賓頭盧のおでこ艶やか八月尽  八月尽     16.8.27.
 311  高野聖てふ田亀の遊ぶ泥田かな  田亀(=高野聖)     16.8.27.
 312  朝刊を咥えしポスト霧立ちぬ  霧立つ     16.8.27.
 313  朝刊を咥えしポスト霧の中  霧     16.8.27.
 314  賓頭盧のおでこに夕日八月尽  八月尽    16.8.27.
 315  尾を立てて過る黒猫花カンナ  花カンナ    16.8.27.
 316  尾を立てて過る黒猫カンナ燃ゆ  カンナ    16.8.27.
 317  葉生姜や生噛りする酒のあて  葉生姜    16.8.27.
 318  日本酒のあてにうれしい谷中かな  谷中生姜    16.8.27.
 319  風呼んで風船葛ふわりふわり  風船葛    16.8.27.
 320  痛めたる腰に膏薬抜菜汁  抜菜(=間引菜)    16.8.27.
 321  二畝を間引きて夕餉抜菜汁  抜菜(=間引菜)    16.8.27.
 322  父祖の地の信濃をゆけば蕎麦の花  蕎麦の花    16.8.27.
 323  信濃路を行けば紅白蕎麦の花  蕎麦の花    16.8.27.
 324  山裾のなぞへを覆い蕎麦の花  蕎麦の花    16.8.27.
 325  刈りたるも刈り残せしも蛍草  蛍草(=露草)    16.8.27.
 326  くすみたる空にもめげず蛍草  蛍草    16.8.27.
 327  生味噌を付けて谷中で酒を酌む  谷中生姜(=葉生姜)     16.8.28.
 328  味噌付けし谷中齧りつ友と酒  谷中生姜     16.8.28.
 329  小突いてもぶらりと長き糸瓜かな  糸瓜     16.8.28.
 330  どれもみなどてりと長き糸瓜かな  糸瓜     16.8.28.
 331  秋茄子を焼いて熱々夕餉の膳  秋茄子     16.8.28.
 332  秋茄子はお袋の味鉄火味噌  秋茄子     16.8.28.
 333  屋形船舫ふ運河を鯔の波  鯔     16.8.28.
 334  屋形船舫ふ運河を鯔飛べり  鯔     16.8.28.
 335  船溜まり爆ぜ跳ね走る鯔の群れ  鯔     16.8.28.
 336  せいご・ふっこ・すずきとなりて刺身かな  鱸     16.8.28.
 337  〆刺身夕餉の卓に秋の鯖  秋鯖     16.8.28.
 338  また一つ訃報届きぬ芙蓉の実  芙蓉の実     16.8.29.
 339  杖ついて老友来り芙蓉の実   芙蓉の実    16.8.29.
 340  飛ぶやうにジョガー走りぬ芙蓉の実   芙蓉の実    16.8.29.
 341  まばらなる枯葉に添ひて芙蓉の実   芙蓉の実    16.8.29.
 342  鶏頭を数へてみたり十五本  鶏頭    16.8.29.
 343  葉を擦ればほのと薄荷の匂ひけり  薄荷の花    16.8.29.
 344  ひと畝は紫淡き花薄荷  薄荷の花    16.8.29.
 345  にぎやかに子らの嗅ぎ合ふ花薄荷  薄荷の花    16.8.29.
 346  花薄荷刈りし農夫の顔ゆるむ  薄荷の花    16.8.29.
 347  曼珠沙華観る人の列巾着田  曼珠沙華    16.8.29.
 348  曼珠沙華野辺の送りの道しるべ  曼珠沙華    16.8.29.
 349  落飾のはずが燃え立つ曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 350  まんじゅさげ野辺の送りの道飾る  曼珠沙華    16.8.29.
 351  カルメンの棺に投げよ曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 352  次もまた無人駅なり曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 353  曼珠沙華だれが挿したか無縁墓  曼珠沙華    16.8.29.
 354  まんじゅさげ勝手に咲けり無人駅  曼珠沙華    16.8.29.
 355  ホームにも彼岸花咲くローカル線  彼岸花    16.8.29.
 356  墓地守る意志見せるかに曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 357  曼珠沙華錆びて寂しき廃校舎  曼珠沙華    16.8.29.
 358  人影の見えぬ集落彼岸花  彼岸花    16.8.29.
 359  艶やかに寂たる墓地の曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 360  村営のバンガロー朽ち曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 361  千枚田縁取り赤き曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 362  狭庭にも紛れ込みたる曼珠沙華  曼珠沙華    16.8.29.
 363  木立埋め曼珠沙華燃ゆ巾着田  曼珠沙華    16.8.29.
 364  曼珠沙華火焔を上げる巾着田  曼珠沙華    16.8.29.
 365  人呼べる曼珠沙華なり巾着田  曼珠沙華    16.8.29.
 366  曼珠沙華乗っ取りしかに過疎の里  曼珠沙華     16.8.29.
 367  山寺の無住になりて曼珠沙華  曼珠沙華     16.8.29.
 368  独り居て乳房疼けり曼珠沙華  曼珠沙華     16.8.29.
 369  乙女独り乳房疼けり曼珠沙華  曼珠沙華     16.8.29.
 370  恋すれば乳房疼けり曼珠沙華  曼珠沙華     16.8.29.
 371  総銀の笛に唇秋の風  秋風     16.8.29.
 372  男には前立腺や桐一葉  桐一葉     16.8.29.
 373  ヴィオロンの溜息ひとつ秋の風   秋風     16.8.29.
 374  秋場所や口滑らかに相撲取り  秋場所     16.8.29.
 375  天守閣窓開け放ち秋の風   秋風     16.8.29.
 376  フルートの音嫋々と秋の風
  秋風     16.8.29.
 377   秋風や長き無住の山の寺   秋風     16.8.29.
 378  秋風に乗りて雉鳩ででぽぽー  秋風    16.8.30.
 379  日がな鳴く雉鳩の声秋の風  秋風     16.8.30.
 380  蜩やバトンタッチで鳴き継げり  蜩     16.8.30.
 381  じいと鳴き長鳴きに入る秋の蝉  秋蝉     16.8.30.
 382  鳴くうちにピッチの上がる法師蝉  法師蝉     16.8.30.
 383  自らを急き立てて鳴くつくつくし  つくつくし(=法師蝉)     16.8.30.
 384  かなかなのリレー始まる夕木立  かなかな(=蜩)     16.8.30.
 385  秋場所や抱負はみんな標準語  秋場所     16.8.30.
 386  場所入りはハイヤーで来る役力士  相撲     16.8.30.
 387  処暑過ぎてなほエアコンは強のまま  処暑     16.8.30.
 388  声高に愛でずと咲けり白木槿  白木槿     16.8.30.
 389  底紅の花あちこちに高麗の里  底紅(=白木槿)     16.8.30.
 390  朝顔の咲き続け来て今朝もなほ  朝顔    16.8.30.
 391  ヴィオロンの溜息解きて秋の風  秋風    16.8.30.
 392  ヴィオロンの音嫋々と秋の風   秋風    16.8.30.
 393  梅入れし湯割り焼酎秋めけり  秋めく    16.8.31.
 394  梅干しの湯割り焼酎秋めきぬ  秋めく     16.8.31.
 395  半袖の腕過ぐ風の涼新た  涼新た     16.8.31.
 396  聞き返すほどの遠鳴り秋の雷  秋の雷     16.8.31.
 397  敗戦の風化進みし八月尽  八月尽     16.8.31.
 398  日の傾ぐほどに華やぐ花白粉  花白粉     16.8.31.
 399  川床を黄一色に泡立草  泡立草     16.8.31.
 400  代用食知らぬ乙女のパンプキン  南瓜     16.8.31.
 401  高級な食材となりパンプキン   南瓜     16.8.31.
 402  代用食怨みの深き南瓜かな   南瓜     16.8.31.
 403  代用食時代の南瓜不味かった   南瓜     16.8.31.
 404  戦中の不味さの記憶芋南瓜  芋・南瓜     16.8.31.
 405  飢えてなほ不味き記憶の芋南瓜  芋・南瓜     16.8.31.
  406  飢えてなほ不味き記憶の南瓜かな  南瓜    16.8.31.
 407  先生も産休明けて二学期来  二学期     16.9.1.
 408  災害は忘れずに来る震災忌  震災忌     16.9.1.
 409  期限切れ入替済ます震災忌  震災忌     16.9.1.
 410  期限切れ食料捨つる震災忌  震災忌     16.9.1.
 411  防災のグッヅ入換へ震災忌  震災忌     16.9.1.
 412  嫋々と胡弓響きし風の盆  風の盆     16.9.1.
 413  街裏を夜更けの胡弓風の盆  風の盆     16.9.1.
 414  風の盆忍び音洩らす胡弓かな  風の盆     16.9.1.
 415  三味胡弓笛の連行く風の盆  風の盆     16.9.1.
 416  裏をかく悪意を見せて野分過ぐ  野分     16.9.1.
 417  鳥も虫も息を殺せし野分中  野分     16.9.1.
 418  秋夕焼遠見の富士のシルエット  秋夕焼     16.9.1.
 419  秋暁の雲なき空に残り月  秋暁     16.9.2.
 420  記録なき川決壊の秋出水  秋出水     16.9.2.
 421  辞書の文字かすむ八十路や秋灯し  秋灯し     16.9.2.
 422  秋の燈やパソコンで引く電子辞書  秋燈     16.9.2.
 423  付箋貼りつページ読み継ぐ夜長かな  夜長     16.9.2.
 424  キー叩きコラム書き上ぐ夜長かな  夜長     16.9.2.
 425  養生の幕から洩るる夜なべの灯  夜なべ     16.9.2.
 426  カップ麺さがし湯を注ぐ夜食かな  夜食     16.9.2.
 427  艶よき葉選び下げ行く生姜市  生姜市     16.9.2.
 428  晩酌のあてに引っ下げ生姜市  生姜市     16.9.2.
 429  歳時記を広げ狭庭の秋意詠む  秋意     16.9.2.
 430  走る人犬連れし人花野みち  花野道     16.9.2.
 431  雄かまきり媾ひて後食はれけり  蟷螂     16.9.3.
 432  雄かまきり媾ひの果て食はれけり  蟷螂    16.9.3.
 433  いぼむしり鎌振り上げて呵呵大笑  いぼむしり(=蟷螂)    16.9.3.
 434  媾ひの駄賃に喰はるいぼむしり  いぼむしり    16.9.3.
 435  身を焦がし果てに喰はるるいぼむしり   いぼむしり    16.9.3.
 436  鰯雲見向きもせずに散歩犬  鰯雲    16.9.3.
 437  鰯雲投網を捌く川漁師  鰯雲    16.9.3.
 438  みすゞの詩ふと思い出す鰯雲  鰯雲    16.9.3.
 439  投網舞ふ湖面泳ぎし鰯雲  鰯雲    16.9.3.
 440  鰯雲広がる川面投網舞ふ  鰯雲    16.9.3.
 441  鰯雲そうだ握りとつみれ汁  鰯雲    16.9.3.
 442 鰯雲決めた握りとつみれ汁  鰯雲    16.9.3.
 443   酒買ふて戻る家路や鰯雲  鰯雲    16.9.3.
 444  富士の影茜に染まる鰯雲  鰯雲    16.9.3.
 445  富士遠見茜に染まる鰯雲  鰯雲    16.9.3.
 446  群れてこそ波立ち撓る秋桜  秋桜    16.9.4.
 447  勁草にあらねど風の秋桜  秋桜     16.9.4.
 448  長距離バス目を楽します秋桜  秋桜     16.9.4.
 449  風遊ぶコスモス畑揺れ通し  コスモス     16.9.4.
 450  コスモスのそっと混ざりし墓の供花   コスモス     16.9.4.
 451  大束のコスモス担ぐ花農家   コスモス     16.9.4.
 452  街道に花のだんだら秋桜   コスモス     16.9.4.
 453  コスモスの原華やかに虫呼べり   コスモス     16.9.4.
 454  コスモスの迷路に弾む子らの声   コスモス     16.9.4.
 455  コスモスの迷路を走る母と子と   コスモス     16.9.4.
 456  コスモスや雲なき空の残り月   コスモス     16.9.4.
 457  コスモスや空には淡き残り月   コスモス     16.9.4.
 458  路地裏を夜更けの胡弓風の盆  風の盆     16.9.5.
 459  蟷螂の剣法つねに大上段  蟷螂(=いぼむしり)     16.9.5.
 460  三角の小顔かしげるいぼむしり  いぼむしり     16.9.5.
 461  正眼の構へ崩さぬいぼむしり   いぼむしり     16.9.5.
 462  正眼の構へ決めたるいぼむしり   いぼむしり     16.9.5.
 463  身を焦がし果てに喰はるやいぼむしり   いぼむしり     16.9.5.
 464  みすゞの詩空に描きし鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 465  いぼむしり鎌振り上げて貌傾ぐ   いぼむしり     16.9.5.
 466  何事も鎌振り上げていぼむしり   いぼむしり     16.9.5.
 467  蒼天に万の数ゐる鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 468  蒼天に何匹ゐるや鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 469  鰯雲数え始める暇つぶし  鰯雲     16.9.5.
 470  鰯雲数へてゐたり暇つぶし  鰯雲     16.9.5.
 471  仁王像まばたきしたり鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 472  仁王像目玉ぎょろりと鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 473  いわし雲目玉に映す仁王さん  鰯雲     16.9.5.
 474  いわし雲目玉に映し仁王像  鰯雲     16.9.5.
 475  厨窓茜に染まる鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 476  厨窓開けて茜の鰯雲  鰯雲     16.9.5.
 477  汚染土に暮らす定めと蚯蚓鳴く  蚯蚓鳴く     16.9.5.
 478  汚染土に生きて死ぬ身と蚯蚓鳴く  蚯蚓鳴く     16.9.5.
 479  汚染地区闇の深きを蚯蚓鳴く  蚯蚓鳴く     16.9.5.
 480  汚染土の闇深くして蚯蚓鳴く  蚯蚓鳴く     16.9.5.
 481  蚯蚓鳴く墓も移せぬ汚染地区  蚯蚓鳴く     16.9.5.
 482  蓑虫や空也に似たる糞掃衣  蓑虫     16.9.5.
 483  蓑虫や破れたら縫ふ糞掃衣  蓑虫     16.9.5.
 484  蓑虫と競ふ聖の糞掃衣  蓑虫     16.9.5.
 485  良寛と蓑虫競ふ糞掃衣  蓑虫     16.9.5.
 486  蓑虫や聖も纏ふ糞掃衣  蓑虫     16.9.5.
 487  利休坐す障子の部屋や茶立虫  茶立虫     16.9.5.
 488  障子越し茶の湯に紛ふ茶立虫  茶立虫     16.9.5.
 489  さらさらと茶筅の音や茶立虫  茶立虫      16.9.6.
 490  そよぐ風小豆洗ひの音もありぬ  小豆洗ひ(=茶立虫)      16.9.6.
 491  頭頂に木の実こつんと秋の風  秋の風     16.9.6.
 492  蓑虫のちらと眼を出しまた潜む  蓑虫     16.9.6.
 493  蓑虫のふはりぽっかりのほほんと  蓑虫     16.9.6.
 494  蓑虫の縦横揺れる日がなかな  蓑虫     16.9.6.
 495  蓑虫の枝に垂れをり残り月  蓑虫     16.9.6.
 496  古里は汚染地区なり蚯蚓鳴く  蚯蚓鳴く     16.9.6.
 497  稲雀汚染地区には立ち寄らず  稲雀     16.9.6.
 498   稲雀汚染地区には寄り付かず  稲雀     16.9.6.
 499  金山寺味噌ではじかみ齧り呑む  はじかみ(=新生姜)     16.9.6.
 500  金山寺味噌ではじかみ齧り酌む   はじかみ     16.9.6.
 501 金山寺味噌ではじかみ独り酒   はじかみ     16.9.6.
 502  はじかみの白きに味噌は金山寺   はじかみ     16.9.6.
 503   秋の蚊を叩かず吹きて払ひけり  秋の蚊     16.9.6.
 504  虫の音に混ざる初心のバイオリン  虫の音    16.9.7.
 505  人住めぬ汚染地域や虫時雨  虫時雨    16.9.7.
 506  虫時雨野犬うろつく汚染地区  虫時雨    16.9.7.
 507  汚染地区太古に戻る虫の闇  虫の闇    16.9.7.
 508  虫すだき闇を深める汚染の地  虫    16.9.7.
 509  虫売りの姿消えたる夜店かな  虫    16.9.7.
 510  芋洗ふ水車の響き峡の里  芋    16.9.7.
 511  ときに止りまた回り出す芋水車  芋    16.9.7.
 512   用水路速き流れの芋水車  芋    16.9.7.
 513  虫すだく夜道に響くハイヒール  虫    16.9.7.
 514  最終のバス待つ列の夜寒かな  夜寒    16.9.7.
 515  峡の宿荒地の芋の煮転がし  芋    16.9.7.
 516  燈火親し青春の日の朱の傍線  燈火親し    16.9.7.
 517  銀座通り外す野分のへそ曲り  野分    16.9.7.
 518  養生のカバーのたうつ野分中  野分    16.9.7.
 519  本堂に木魚の響き野分中  野分    16.9.7.
 520  床しき名持つ秋草や門跡寺  秋草    16.9.7.
 521  秋草や裸足で走る柔道部  秋草    16.9.7.
 522
 秋草のこれも一つや思草  秋草    16.9.7.
 523  台風銀座外す野分のへそ曲り  台風。野分     16.9.7.
 524  何一つ覚えてをらじ酔芙蓉  酔芙蓉     16.9.7.
 525  時と場で呼び名の変る曼珠沙華  曼珠沙華     16.9.7.
 526  落蝉や黄泉へ手足を動かせり  落蝉     16.9.7.
 527  コスモスはブーケにならぬ風の花  コスモス     16.9.7.
 528  おぞましき死人花とも曼珠沙華  曼珠沙華     16.9.7.
 529  犀星の貌浮かび来るいぼむしり  いぼむしり     16.9.8.
 530  来給えと手招く犀星いぼむしり   いぼむしり      16.9.8.
 531  犀星の貌思ひ出すいぼむしり   いぼむしり      16.9.8.
 532  犀星の手招くやうないぼむしり   いぼむしり      16.9.8.
 533  犀星に手招きされていぼむしり   いぼむしり      16.9.8.
 534  煌々と夜空冴えたる野分あと  野分      16.9.8.
 535  煌々と冴えし夜空や野分あと  野分      16.9.8.
 536  簾巻く二の腕白き若女将  簾納む      16.9.8.
 537  旅立ちの昂ぶり見せず去ぬ燕  去ぬ燕      16.9.8.
 538  台風を使いこなしつ鷹渡る  鷹渡る      16.9.8.
 539  嵐突き刺羽の列の渡りかな  鷹渡る      16.9.9.
 540  廃れしを惜しみて交す菊の酒  菊の酒    16.9.9.
 541  句会終え仲間と交す菊の酒  菊の酒    16.9.9.
 542  陽数の極まる菊の酒旨し  菊の酒    16.9.9.
 543  重陽を知らずも子らの九九の声  重陽    16.9.9.
 544  九九覚えしころの懐かし今日の菊  今日の菊    16.9.9.
 545  箸先の酒盗舐りつ温め酒  温め酒    16.9.9.
 546  居酒屋はビルの三階登高す  登高    16.9.9.
 547  山寺や千段の磴登高す  登高    16.9.9.
 548  山寺や磴千段を登高す  登高    16.9.9.
 549  山寺の高きに登る磴千段  高きに登る    16.9.9.
 550  菊一片浮かべて出さる温め酒  温め酒    16.9.9.
 551  秋草に刈萱の名や父恋し  秋草    16.9.10.
 552  父恋ひの刈萱童子秋の草  秋草    16.9.10.
 553  数羽ずつ旅立ち行くや秋燕  秋燕    16.9.10.
 554  数羽ずつひそと旅立つ帰燕かな  帰燕    16.9.10.
 555  秋草やトランペットを吹く少女  秋草    16.9.10.
 556  初潮の引けば無数の忘れ潮  初潮    16.9.10.
 557  初潮や追ひ抜く波の荒々し  初潮    16.9.10.
 558  秋潮や胸乳豊かな海女戻る  初潮    16.9.10.
 559  秋潮や胸乳豊かな海女潜る  秋潮    16.9.10.
 560  月天心乙女の肌の青光る  月天心    16.9.10.
 561  靑光る乙女の肌や月天心  月天心    16.9.10.
 562  雀らの波打ち飛ぶや芋嵐  芋嵐    16.9.10.
 563 打ち打たる葉裏葉表芋嵐   芋嵐    16.9.10.
 564 裏返しまた裏返し芋嵐  芋嵐    16.9.10.
 565  葉の裂けよ茎も折れよと芋嵐  芋嵐    16.9.10.
 566  辻仏供花とは別に衣被  衣被     16.9.11.
 567  手に取ればおっと熱々きぬかつぎ  衣被    16.9.11.
 568  三つ指でつるりと剥いて衣被  衣被    16.9.11.
 569  しみじみとずゐきの煮物母の味  芋茎    16.9.11.
 570  一皿はずゐきの煮つけ坊の宿  芋茎    16.9.11.
 571  法事の膳ずゐきの皿も載りにけり  芋茎    16.9.11.
 572  十六夜に黒々浮ぶ寺木立  十六夜    16.9.11.
 573  山門に琵琶の調べの十六夜  十六夜    16.9.11.
 574  山門に響く琵琶の音十六夜  十六夜    16.9.11.
 575  立待の月に夜空の深き靑  立待月    16.9.11.
 576  立待の月に夜空の雲速し  立待月    16.9.11.
 577  パソコンを閉じて狭庭の居待月  居待月    16.9.11.
 578  知る花も知らぬも楽し秋の草  秋草     16.9.11.
 579  可憐な花見つけて屈む秋の草   秋草     16.9.11.
 580  それなりに姿整ふ秋の草   秋草     16.9.11.
 581  登る磴風柔らかに秋の草   秋草     16.9.11.
 582  風呼んで風と戯る秋の草   秋草     16.9.11.
 583  野を行けば秋七草の揃ひ踏み  秋の七草     16.9.11.
 584  末枯れても香のたゆたへし藤袴  藤袴    16.9.12.
 585  肌に触る風の清しく藤袴  藤袴     16.9.12.
 586  身ほとりにほのと香のあり藤袴  藤袴     16.9.12.
 587  風されど撓りしままの藤袴  藤袴     16.9.12.
 588  そこはかとなき香清しく藤袴  藤袴     16.9.12.
 589  ゐのこづち散歩の犬の腹手足  ゐのこづち     16.9.12.
 590  野の小道獲物待つかにゐのこづち  ゐのこづち     16.9.12.
 591  人の目の先を辿ればゐのこづち  ゐのこづち     16.9.12.
 592  人の目にはっと気づけりゐのこづち  ゐのこづち     16.9.12.
 593  ゐの小づち数へつ毟る十八個  ゐのこづち     16.9.12.
 594  ゐのこづち毟るマダムの薄笑ひ  ゐのこづち     16.9.12.
 595  散歩道気づけばけふもゐのこづち  ゐのこづち     16.9.12.
 596  枸杞の実の透ける真紅に空深む   枸杞    16.9.13.
 597  枸杞の実の真紅眩しき空の靑   枸杞    16.9.13.
 598  生垣に枸杞の実きらら日の光り   枸杞    16.9.13.
 599  枸杞の実の真紅に触れて風光る   枸杞    16.9.13.
 600  枸杞の実の真紅に染まり光る風   枸杞    16.9.13.
 601  枸杞の実の真紅に清し空の靑   枸杞    16.9.13.
 602  秋草に刈萱の名や父子の悲話 秋草・刈萱    16.9.13.
 603  秋草に刈萱の名や父子哀話  秋草・刈萱    16.9.13.
 604  秋草や刈萱堂に父子の悲話  秋草    16.9.13.
 605  秋草や市場移設のしだらでん  秋草    16.9.13.
 606  ひたすらに眠たし眠し秋涼し  秋涼し     16.9.14.
 607  古民家の間取り丸見え秋涼し  秋涼し     16.9.14.
 608  丸見えの古民家吹き抜く秋の風  秋風     16.9.14.
 609  流れ星また一つまた一つ飛ぶ  流れ星     16.9.14.
 610  頭頂にこつんと木の実秋ぐもり  秋曇り     16.9.14.
 611  逆流の食道苦し秋涼し  秋涼し     16.9.14.
 612  マスカットがぶりと喰らふ棚の下  マスカット     16.9.14.
 613  種と皮丸食ひ旨し黒葡萄  葡萄     16.9.14.
 614  マスカットフォークでつつく披露宴  マスカット     16.9.14.
 615  裕次郎聴きつ走らす夜霧かな  夜霧     16.9.14.
 616  たくらみを覆い隠して夜の霧  夜霧     16.9.14.
 617  髑髏鳴らす歯の音夜の霧  夜霧    16.9.14.
 618  髑髏こつんと蹴りぬ夜の霧  夜霧    16.9.14.
 619  裏通り夜霧に滲む赤提灯  夜霧    16.9.14.
 620  コンビニの無言の客や夜の霧  夜霧    16.9.14.
 621  釣瓶落し井戸無き街も日暮れけり  釣瓶落し    16.9.14.
 622  釣瓶落しヘッドライトの花開く  釣瓶落し    16.9.14.
 623  釣瓶落し無灯のままも混りをり  釣瓶落し    16.9.14.
 624  駆け足で帰る子釣瓶落しかな  釣瓶落し    16.9.14.
 625  掘るほどにごろりごろりと八頭  八頭     16.9.15.
 626  黄砂来ぬおらが国土と引き取れや
(季語:春)
 黄砂    16.9.15.
 627  納豆を食むときに似し衣被  衣被    16.9.15.
 628  味噌醤油塩の小皿で衣被   衣被    16.9.15.
 629  猪口を手に夜空仰ぎつ衣被  衣被    16.9.15.
 630  麦飯の熱々に掛けとろろ汁  とろろ汁    16.9.15.
 631  お運びは作務衣の僧や新豆腐  新豆腐    16.9.15.
 632  新蕎麦と筆太の文字客招く  新蕎麦    16.9.15.
 633  客はみな音立てて食む走り蕎麦  走り蕎麦    16.9.15.
 634  北海道募金箱置き走り蕎麦  走り蕎麦    16.9.15.
 635  風を呼ぶ佃の路地の秋簾  秋簾    16.9.15.
 636  風呼んで佃の路地の秋簾   秋簾    16.9.15.
 637  盃重ね仕上げは駒形とろろ汁  とろろ汁     16.9.15.
 638  脚立から地下足袋覗く松手入れ  松手入れ     16.9.15.
 639  植木職静寂を醸す松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 640  虫除けの薄き煙りや松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 641  職人の沈思黙考松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 642  松手入れ聞き耳を立てるほど静か  松手入れ    16.9.16.
 643  針葉の数揃へつつ松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 644  針葉の数を揃へし松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 645  針葉の数整へる松手入れ   松手入れ    16.9.16.
 646  咳払ひ一つ聞えぬ松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 647  脚立かたり動かし黙の松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 648  瞑想の時刻みたる松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 649  静寂生む鋏の音や松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 650  脚立から見上げ見下ろし松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 651  松手入れ遠くに聞ゆ救急車  松手入れ    16.9.16.
 652  針葉をぱらぱらぱらと松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 653  針葉をぱらりぱらりと松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 654  一日を脚立で暮らす松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 655  松の香を身にたっぷりと松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 656  黙々と父子相伝の松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 657  師が弟子に二言三言松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 658  親方が二言三言松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 659  寡黙なる親方と弟子松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 660  ゆっくりとときに素早く松手入れ  松手入れ     16.9.16.
 661  間をはかり鋏入れゆく松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 662  禅寺の黙深くして松手入れ  松手入れ    16.9.16.
 663  膳運ぶ作務衣の僧や新豆腐  新豆腐     16.9.16.
 664  白桔梗四十七まで貨車数ふ  白桔梗     16.9.16.
 665  薄紅葉四十七まで貨車数ふ  薄紅葉     16.9.16.
 666  ななかまど四十七まで貨車数ふ  ななかまど     16.9.16.
 667  秋夕焼四十七まで貨車数ふ  秋夕焼     16.9.16.
 668  過る貨車数えて虚し鰯雲  鰯雲     16.9.16.
 669  秋蝉のひそと逝きけりタクラマカン  秋蝉     16.9.16.
 670  秋蝉のひそと逝きけり銀座裏  秋蝉     16.9.16.
 671  秋蝉逝くブロードウエイ交差点  秋蝉     16.9.16.
 672  新蕎麦と筆太の文字暖簾わき  新蕎麦     16.9.16.
 673  足止めぬ夜寒の道の赤提灯  夜寒     16.9.16.
 674  赤提灯口実となる夜寒かな  夜寒     16.9.16.
 675  夜寒これ口実できて赤提灯  夜寒     16.9.16.
 676  ふげんの無駄いつまで続く鰯雲  鰯雲    16.9.17.
 677  身に入むや豊洲市場の奇奇怪怪  身に入む     16.9.17.
 678  身に入むや豊洲市場の魑魅魍魎   身に入む     16.9.17.
 679  身に入むや行雲速きにわたずみ   身に入む     16.9.17.
 680  潦ばしゃばしゃ行く子秋茜  秋茜     16.9.17.
 681  身に入むや送信メール誤字化け字   身に入む     16.9.17.
 682  そこかしこ秋雲映すにわたずみ  秋雲     16.9.17.
 683  身に入むや娘ら二人五十代   身に入む     16.9.17.
 684  さやけしや八十路の妻の名はさやか  さやけし     16.9.17.
 685  そこここの箍は弛めど秋うらら  秋麗     16.9.17.
  686  秋冷の狭庭に一つにわたずみ  秋冷     16.9.17.
 687  コンビニの無言の客や夜寒し  夜寒    16.9.17.
 688  秋暁の雲なき空の残り月  秋暁    16.9.17.
 689  秋暁の雲なき空や残り月   秋暁    16.9.17.
 690  止まってはまた回り出す芋水車  芋    16.9.17.
 691  群雀波打ち飛べり芋嵐  芋嵐    16.9.17.
 692  群雀波打ち飛ぶや芋嵐  芋嵐    16.9.17.
 693  ゆるさぬとひゃくまんべんのきりぎりす  きりぎりす    16.9.18.
 694  マスカットクレオパトラの立いばり  マスカット    16.9.18.
 695  結社とは持ちつ凭れし夜寒かな  夜寒    16.9.18.
 696  見くびりつ師事と宣ふ芋の露  芋の露    16.9.18.
 697  冷まじや無声逃れの技光る  冷まじ    16.9.18.
 698  子規庵や主の目線で見し糸瓜  糸瓜    16.9.18.
 699  文机に子規の切れ込み枯れ糸瓜   糸瓜    16.9.18.
 700  軒飾る根岸の里の枯れ糸瓜   糸瓜    16.9.18.
 701  文机に正座してみし獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 702  文机に正座の軒の枯れ糸瓜  獺祭忌    16.9.18.
 703  文机に膝差し入れぬ獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 704  子規庵の座敷に偲ぶ獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 705  切れ込みの文机で詠む獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 706  子規庵の訪客多し獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 707  子規庵の狭庭に懸かる鰯雲  鰯雲    16.9.18.
 708  秋の蝶狭庭に舞へり子規の庵  秋の蝶    16.9.18.
 709  明治の香漂ふ庵や獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 710  文机に頬杖突きて獺祭忌  獺祭忌    16.9.18.
 711  芋水車ひねもす回る峡の里  芋     16.9.19.
 712  虫すだく夜道に遠き救急車  虫     16.9.19.
 713  ちちとだけ鳴きし厨のすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 714  一声で黙す厨のすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 715  味噌汁のぶっかけ飯やちゝろ鳴く  ちちろ(=蟋蟀)     16.9.19.
 716  カップ麺啜る夜食やつづれさせ  つづれさせ(=蟋蟀)     16.9.19.
 717  カップ麺三分待つ間ちゝろ聴く  ちちろ     16.9.19.
 718  季のはざま恨みはせねどすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 719  水琴窟和して鳴きたるすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 720  これをしも薄幸と聴くすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 721  泣き疲れ眠る子に似てすがれ虫  すがれ虫     16.9.19.
 722  人間てふ嘘つきのゐる花野かな  花野     16.9.19.
 723  いわし雲海の中では弔ひか  鰯雲     16.9.19.
 724  海原に影を映して鰯雲  鰯雲     16.9.19.
 725  海原の仲間呼ぶかに鰯雲  鰯雲     16.9.19.
  726  鰯雲動くとも見えず泳ぎけり  鰯雲     16.9.19.
 727  朝寒や四季鳴きとおすデデポポー  朝寒     16.9.20.
 728  一切れを二口ずつで梨を食む  梨    16.9.20.
 729  秋寒や急に寂しき庭の黙  秋寒    16.9.20.
 730  そぞろ寒手の甲に浮く老いの染み  そぞろ寒    16.9.20.
 731  長袖に替へてごみ出す朝の冷え  朝冷え    16.9.20.
 732  種なしの葡萄皮ごと食んでみる  葡萄    16.9.20.
 733  種吐かず皮ごと葡萄食む露人  葡萄    16.9.20.
 734  種吐かず皮ごと葡萄食むプーチン  葡萄    16.9.20.
 735  葡萄狩り背伸びする子と屈む父  葡萄    16.9.20.
 736  露人ベーラ葡萄丸ごと食みにけり  葡萄    16.9.20.
 737  ミス・オリガ葡萄皮ごと食みにけり  葡萄    16.9.20.
 738  鼻孔ふと木犀の香を捉へけり  木犀    16.9.20.
 739  香を辿り金木犀に行きつけり  金木犀    16.9.20.
 740  路地裏を己が香に染め金木犀   金木犀    16.9.20.
 741  木犀の香の纏ひつく通学路   木犀    16.9.20.
 742  木犀の香の襲い来る通学路   木犀    16.9.20.
 743  木犀の香のトンネルを登校す   木犀    16.9.20.
 744  木犀の香を掻き分けて登校児   木犀    16.9.20.
 745  芳香にときに辟易金木犀  金木犀    16.9.20.
 746  夜寒きて急に寂しき庭の黙  夜寒    16.9.20.
 747  夜寒なり急に寂しき庭の黙   夜寒    16.9.20.
 748  程超えし香の疎ましや金木犀  金木犀    16.9.20.
 749  色とりどり群れてこそよし秋桜  秋桜    16.9.21.
 750  国道の車絶えなし秋ざくら  秋桜     16.9.21.
 751  心やや寂しがらせて秋の風  秋風     16.9.21.
 752  秋まつり太鼓の音で始まれり  秋祭     16.9.21.
 753  野分あと夜空を走る雲速し  野分後     16.9.21.
 754  本堂を開け放したる野分後   野分後     16.9.21.
 755  消防車見回りてゆく野分後   野分後     16.9.21.
 756  群雀捩れ飛び立つ芋嵐  芋嵐     16.9.21.
 757  群雀うねりを効かす芋嵐  芋嵐     16.9.21.
 758  不意打ちを食わせ素知らぬ露時雨  露時雨     16.9.21.
 759  さっと降り知らぬ存ぜぬ露時雨  露時雨     16.9.21.
 760  狙ひたるごとく襲へり露しぐれ  露時雨     16.9.21.
 761  秋霖や遠くに聞ゆ救急車  秋霖    16.9.21.
 762  登校の子らの長靴秋しぐれ  秋時雨    16.9.22.
 763  マスカットずしりと重き房を剪る  マスカット    16.9.22.
 764  マスカットずしりと重き乳房かな  マスカット    16.9.22.
 765  一房の葡萄皮ごとミス・ベーラ  葡萄    16.9.22.
 766  ビル・エバンス聴く窓外は秋しぐれ  秋時雨    16.9.22.
 767  秋寒や機嫌の悪き腹の虫  秋寒    16.9.22.
 768  マンションの二十九階秋灯し  秋灯    16.9.22.
 769  独り居の秋思を訪わん五合庵  秋思    16.9.22.
 770  古ぶ柱秋思の旅の五合庵  秋思    16.9.22.
 771  補聴器を外して聴けり秋の声  秋の声    16.9.22.
 772  耳遠しされど聴こゆる秋の声  秋の声    16.9.22.
 773  ちょんぎーす昼の狭庭の螽斯(きりぎりす)  螽斯    16.9.23.
 774  朝まだき鈴音優しき草雲雀  草雲雀    16.9.23.
 775  朝まだき鈴音に目覚む草雲雀  草雲雀    16.9.23.
 776  きちきちと何の良き日を告げにしや  きちきち(=飛蝗)    16.9.23.
 777  巾着袋膨れ蠢く蝗捕り  蝗    16.9.23.
 778  糠蠅の目鼻口へと苛立たし  糠蠅    16.9.23.
 779  螻蛄(けら)鳴ひて厨の闇を深くせり  螻蛄    16.9.23.
 780  揺籃の鬼の子うつらうつらかな  鬼の子(=蓑虫)    16.9.23.
 781  におふかと仁王に質すへこきむし  へこきむし    16.9.23.
 782  がちゃがちゃと狭庭の闇の轡虫  轡虫    16.9.23.
 783  がちゃがちゃと闇を騒がせ轡虫  轡虫    16.9.23.
 784  夜寒し急に寂しき庭の黙  夜寒    16.9.23.
 785  すがれ虫夜道に遠き救急車  すがれ虫    16.9.23.
 786  コンビニの無言の客やおけら鳴く  螻蛄鳴く    16.9.23.
 787  撫子や雨後の流れのさゝ濁り  撫子    16.9.24.
 788  撫子の一茎すくと咲く川辺   撫子    16.9.24.
 789  撫子や水嵩増せる川の幅   撫子    16.9.24.
 790  風の道なれば傾ぎぬ藤袴  藤袴    16.9.24.
 791  藤袴はかなき紅のありどころ  藤袴    16.9.24.
 792  草虱昔を知らぬ子らの髪  草虱    16.9.24.
 793  散歩道気づけばけふも草虱  草虱    16.9.24.
 794  蚤虱縁なき子らに草じらみ  草虱    16.9.24.
 795  どんぐりの落ちて水の輪鏡池  団栗    16.9.24.
 796  また一つどんぐり落ちぬ鏡池  団栗    16.9.24.
 797  銀杏の拾ひ放題雨後の朝  銀杏    16.9.24.
 798  銀杏を踏まねば行けぬ停留所  銀杏    16.9.24.
 799  秋寒や老懶の二字入れ返書  秋寒    16.9.24.
 800  椎の実を敷詰む径の艶光  椎の実    16.9.24.
 801  強面をやめて遊ぼやいぼむしり  いぼむしり    16.9.24.
 802  蟷螂やときには友にならんかね  蟷螂    16.9.24.
 803  蟷螂や鎌を下ろして遊ばんか  蟷螂    16.9.24.
 804  かまきりや強面止めて遊ぼうよ  蟷螂    16.9.24.
 805  愛されぬ性の哀しきいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 806  媾合の果てに雄食むいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 807  愛交歓果てて雄喰ふいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 808  生まれ出で死ぬまで怒るいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 809  鎌収め酒酌み交はそいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 810  鎌収め語り尽さんいぼむしり   いぼむしり    16.9.24.
 811  孫の手で背中掻きをり秋しぐれ  秋時雨    16.9.24.
 812  空耳に鳴きし蓑虫一句詠む  蓑虫    16.9.24.
 813  空耳に蓑虫鳴いて詠む一句  蓑虫    16.9.24.
 814  秋寒や頑固偏屈治療院  秋寒    16.9.24.
 815  髑髏歯をかたかたと夜寒かな  夜寒    16.9.25.
 816  髑髏骨を軋ます夜寒かな  夜寒    16.9.25.
 817  しゃれこうべ骨ぽきぽきと鳴る夜寒  夜寒    16.9.25.
 818  コンビニでおでん買ひゆく独り者  おでん    16.9.25.
 819  避難地区人影絶えし夜寒かな   夜寒    16.9.25.
 820  般若経聴きつ菩提子拾ひけり  菩提子    16.9.25.
 821  菩提子を拾ひ懐紙に南無三宝  菩提子    16.9.25.
 822  菩提子を拾ひて帰る寺参り  菩提子    16.9.25.
 823  寺参り菩提樹の実のそこかしこ  菩提樹の実(=菩提子)    16.9.25.
 824  有難き聞きて菩提子拾ひけり  菩提子    16.9.25.
 825  仏縁を聞きて菩提子拾ひけり  菩提子    16.9.25.
 826  無患子のぱらりと降りし深大寺  無患子    16.9.25.
 827  無患子の落果を拾ふ深大寺  無患子    16.9.25.
 828  無患子を拾ふて僧の手内職  無患子    16.9.25.
 829  お遍路と無患子拾ふ札所かな  無患子    16.9.25.
 830  無患子の知らぬ間に降る深大寺  無患子    16.9.25.
 831  秋晴れや頑固偏屈臍曲り  秋晴れ     16.9.25.
 832 亀の子の亀頭をひょこと伸ばしけり
(季語:夏)
 亀の子     16.9.25.
 833  秋嶺やただ乗りたくて小海線  秋嶺     16.9.25.
 834  カド番が全勝優勝九月場所  九月場所     16.9.25.
 835  冷凍の鯖喰らはされ鮎獲る鵜
(鵜飼:夏)
 鵜飼     16.9.25.
 836  荒々し火鍋音立つ秋暑かな  秋暑     16.9.25.
 837  月を背にスマホ繰りゆく人の影  月     16.9.26.
 838  海原を摘みつ月の独り言  月    16.9.26.
 839  霧深し籠りの庵の般若経  霧    16.9.26.
 840  自転車のサドルを濡らす夜の霧  霧    16.9.26.
 841  月の面濡らして深し夜の霧  霧    16.9.26.
 842  交番はいつも空っぽ夜の霧  霧    16.9.26.
 843  霧の夜や寄っていけよと赤提灯  霧    16.9.26.
 844  曲がる路地ひとつ間違へ夜の霧  霧    16.9.26.
 845  終バスの尾灯滲ます夜霧かな  霧    16.9.26.
 846  夜霧濃し小走りになるハイヒール  霧    16.9.26.
 847  ホームズのひょいと出さうな夜の霧  霧    16.9.26.
 848  避難地区釣瓶落しの闇の中  釣瓶落し    16.9.26.
 849  避難地区釣瓶落しの闇に入る  釣瓶落し    16.9.26.
 850  串焼きの芋に味噌の香囲炉裏酒  芋    16.9.26.
 851 飢えたればダイヤをパンに霙ふる
 霙  16.9.27.
 852  死はいつも隣にをりぬ鰯雲  鰯雲     16.9.27.
 853  また一人メールで訃報暮れの秋  暮れの秋     16.9.27.
 854  切岸の際に燃え立つ曼珠沙華  曼珠沙華     16.9.27.
 855  夢がほんと現が夢の枯野かな  枯野     16.9.27.
 856  鵙告げぬ比良坂行けば黄泉の森  鵙     16.9.27.
 857  黄泉の国あれこれ想ふ夜長かな  夜長     16.9.27.
 858  峠越ゆ黄泉ッ比良坂彼岸花  彼岸花    16.9.27.
 859  くしゃくしゃと雑草の径野紺菊  野紺菊    16.9.27.
 860  街道のダンプの風や野紺菊  野紺菊    16.9.27.
 861  道の辺に色すがしきは野紺菊  野紺菊    16.9.27.
 862  野菊咲く余命幾ばく八十路かな  野菊    16.9.27.
 863  竜胆と紫競ふ桔梗かな  竜胆・桔梗    16.9.27.
 864  どんみりと芭蕉の空や筆竜胆  竜胆    16.9.27.
 865  山路来て窪地に確と姫竜胆  竜胆    16.9.27.
 866  里山の静寂切裂き鵙高音  鵙高音    16.9.27.
 867  里山の静寂切裂く鵙高音   鵙高音    16.9.27.
 868  百丈の岩場に紫紺蔓竜胆  竜胆    16.9.27.
 869  空高くつづらの山路笹竜胆  竜胆    16.9.27.
 870 薬草園名を伏せて咲く鳥兜  鳥兜    16.9.27.
  871  赤色灯滲む夜霧の救急車  夜霧    16.9.28.
  872  夜霧湧きハリーの影の大写し  夜霧    16.9.28.
 873  霧の街後戻りせぬ観覧車  霧    16.9.28.
 874  秋刀魚焼け子らの声ある昭和かな  秋刀魚    16.9.28.
 875  コンビニの孤愁を包む夜霧かな   夜霧    16.9.28.
 876  コンビニの孤愁滲ます夜霧かな   夜霧    16.9.28.
 877  喜怒哀楽焼付けるごと稲光  稲光    16.9.28.
 878  避難地区サーフして行く稲光   稲光    16.9.28.
 879  鵙高音エメラルド婚すぎて早や  鵙高音    16.9.28.
 880  秋夕焼塒へ帰る朱鷺悠然  秋夕焼    16.9.28.
 881  秋夕焼塒へ帰る朱鷺悠々  秋夕焼    16.9.28.
 882   秋夕焼塒へ帰る朱鷺黄金  秋夕焼    16.9.28.
 883  含羞の昔乙女や初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 884  季の変り伝へて静か初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 885  オムライス食べる母と子初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 886  日の差して多摩の横山初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 887  ケーブルカー車窓掠める初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 888  富士浮かべ山並みほのと初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 889  真姿の池面にほのと初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 890  季寄せ手にお鷹の道や初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 891  お鷹の道抜ければ楼門初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 892  木道の九十九折る先初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 893  手を握り恋する二人初もみじ  初紅葉    16.9.29.
 894  里山に名の知らぬ鳥初もみじ  初紅葉    16.9.29.
 895  紅葉弁当開く公園初もみじ  初紅葉    16.9.29.
 896  木道で絵を描く人や初紅葉  初紅葉    16.9.29.
 897  道の端に色すがしきは野紺菊   野紺菊    16.9.30.
 898  休耕田人を呼び込む秋桜  秋桜     16.9.30.
 899  山並みの烟る安曇野秋あざみ  秋薊     16.9.30.
 900  山並みを烟らせ雨の秋あざみ   秋薊     16.9.30.
 901  草むらに濡れて鮮やか秋薊   秋薊     16.9.30.
 902  九十九折る遍路の道の秋あざみ   秋薊     16.9.30.
 903  怖ろしき名なれど清し鬼薊  鬼薊     16.9.30.
 904  秋霖に烟る野道や鬼薊  秋霖・鬼薊     16.9.30.
 905  藪漕ぎの先に鮮やか秋あざみ  秋薊     16.9.30.
 906  藪漕げば遥かな先に秋あざみ  秋薊     16.9.30.
 907  そよ風の教へてくれし吾亦紅  吾亦紅     16.9.30.
 908  影と見せ影にはあらじ吾亦紅   吾亦紅     16.9.30.
 909  ふと揺れて気づかす術の吾亦紅   吾亦紅     16.9.30.
 910  風来れば細き影見せ吾亦紅   吾亦紅     16.9.30.
 911  霧の夜やぽつんと一つ赤提灯  夜霧    16.9.30.
 912  後戻りできぬ夜霧の観覧車  夜霧    16.9.30.
 913  十月や残り二枚のカレンダー  十月    16.10.1.
 914  政治家の襟いっせいに赤い羽根  赤い羽根    16.10.1.
 915  猫の髭切りし日遠き秋思かな  秋思    16.10.1.
 916  長袖に替えて出かける長月来  長月    16.10.1.
 917  晩秋の暦が告げる冷気かな  晩秋    16.10.1.
 918  長袖を纏ひて街へそぞろ寒  そぞろ寒    16.10.1.
 919  カレンダー改む部屋のそぞろ寒  そぞろ寒    16.10.1.
 920  秋風やお江戸名残りの箪笥町  秋風    16.10.1.
 921  木犀や香水女の厚化粧  木犀    16.10.1.
 922  道訊けば木犀の香で教へられ  木犀    16.10.1.
 923  秋澄みて道灌濠の日の斑かな  秋澄む    16.10.2.
 924  道灌濠水面に映す初紅葉  初紅葉    16.10.2.
 925  初紅葉映して静か道灌濠  初紅葉    16.10.2.
 926  鎮もれる道灌濠や初紅葉  初紅葉    16.10.2.
 927  芋食って匂うふかと問ふ仁王像  芋    16.10.2.
 928  耳遠き翁も聴きし秋の声  秋の声    16.10.2.
 929  補聴器を外して聴けり秋の声   秋の声    16.10.2.
 930  補聴器を外せば聞ゆ秋の声   秋の声    16.10.2.
 931  初紅葉映す池面の日の斑かな  初紅葉    16.10.2.
 932  池の面に日の斑散らして初紅葉  初紅葉    16.10.2.
 933  池の面に日の斑と遊ぶ初紅葉  初紅葉    16.10.2.
 934  しげしげと見れば異形の鶏頭花  鶏頭花    16.10.3.
 935  古民家の庭に日を浴ぶ鶏頭花  鶏頭花     16.10.3.
 936  子規庵や十四五本の鶏頭花  鶏頭花     16.10.3.
 937  鶏頭の寄せ植え多彩日は真上  鶏頭     16.10.3.
 938  横臥して鶏頭眺む子規の庵  鶏頭     16.10.3.
 939  鶏頭を交へし供花や子規の墓  鶏頭     16.10.3.
 940  赤白黄なぞへを埋めし鶏頭花  鶏頭花     16.10.3.
 941  秋晴れや遠き昭和のアドバルン  秋晴れ     16.10.3.
 942  一茎の撫子咲けり石河原  撫子     16.10.3.
 943  朝顔や蔓たくましく門扉閉ず  朝顔     16.10.3.
 944  食へるぞと実を裂きて待つ通草かな  通草(あけび)     16.10.3.
 945  大生簀秋鯉爆ぜる芭蕉庵  秋     16.10.3.
 946  野葡萄の実のてんでんに色違へ  野葡萄    16.10.4.
 947  野葡萄の実のてんでんに色競ふ  野葡萄    16.10.4.
 948  野葡萄の勝手気ままに球の色  野葡萄    16.10.4.
 949  野葡萄の実の不揃いの色楽し   野葡萄 野葡萄    16.10.4.
 950  野葡萄や隣り合ふ実の色違ひ  野葡萄    16.10.4.
 951  山路来て見つけて嬉し山葡萄  山葡萄    16.10.4.
 952  山葡萄黒きを選び食みにけり  山葡萄    16.10.4.
 953  草蜉蝣(かげろう)のひそと貼り付く鉄扉かな  草蜉蝣    16.10.4.
 954  食む口を持たぬ蜉蝣日の暮れぬ  蜉蝣    16.10.4.
 955  蜉蝣の食む口持たず日暮れけり  蜉蝣    16.10.4.
 956  出直しの大輪白き酔芙蓉  酔芙蓉    16.10.5.
 957  横綱が通り抜けたり酔芙蓉  酔芙蓉    16.10.5.
 958  塾帰り子ら駆け抜ける酔芙蓉  酔芙蓉    16.10.5.
 959  儚きを忘れて朝の酔芙蓉  酔芙蓉    16.10.5.
 960  しゃれこうべ脇に据へたる酔芙蓉  酔芙蓉    16.10.5.
 961  酔芙蓉酒喰らいたる潤(ほと)び顔  酔芙蓉    16.10.5.
 962  どっしりと牡丹臭木の花紅  臭木の花    16.10.5.
 963  紫陽花と思はせ牡丹臭木なり   臭木の花    16.10.5.
 964  紫陽花と遠目の牡丹臭木かな  新豆腐    16.10.5.
 965  新豆腐旨さうに食ふ豆腐好き  新豆腐    16.10.5.
 966  水引の花ひょいひょいと撓りをり  水引の花    16.10.5.
 967  どの客も音立てて食む走り蕎麦  走り蕎麦    16.10.6.
 968  養老の滝音響く秋の晴れ  秋晴    16.10.6.
 969  鶏頭の色とりどりに赤白黄  鶏頭    16.10.6.
 970  遠目にも牡丹臭木や辻地蔵  臭木の花    16.10.6.
 971  濡れ縁で爪研ぐ猫や秋うらら  秋麗    16.10.6.
 972  濡れ縁で爪切る音や秋うらら  秋麗    16.10.6.
 973  あちこちで布団叩きや秋うらら  秋麗    16.10.6.
 974  ベランダで布団叩きや秋高し  秋高し    16.10.6.
 975  秋晴や花火が告げる運動会  秋晴    16.10.6.
 976  秋高し馬の背で行く霧が峰  秋高し    16.10.6.
 977  奥多摩の山粧ひて渓に深し  山粧ふ    16.10.6.
 978  赤々と達磨ストーブ山眠る  山眠る    16.10.7.
 979  ちらほらと舞ふもののあり山眠る  山眠る    16.10.7.
 980  月の輪もそろそろ夢路山眠る  山眠る    16.10.7.
 981  獣らの寝息確かめ山眠る  山眠る    16.10.7.
 982  獣らを抱き山々眠りけり  山眠る    16.10.7.
 983  客一人降りし気動車山眠る  山眠る    16.10.7.
 984  遍路鈴鳴らしてみたり蛇笏の忌  蛇笏忌    16.10.7.
 985  鈴の音の清し響きや秋遍路  秋遍路    16.10.7.
 986  昧爽の宿発つ二人秋遍路  秋遍路    16.10.7.
 987  草雲雀鳴く山路行く遍路鈴  草雲雀    16.10.7.
 988  草雲雀唱和するかに遍路鈴  草雲雀    16.10.7.
 989  夕映えの渚を辿る秋遍路  秋遍路    16.10.7.
 990  磴千段登る八十路や鳥渡る  鳥渡る    16.10.8.
 991  温め酒噛んで含める如く呑む  温め酒    16.10.8.
 992  足袋はだし白の眩しき秋祭  秋祭    16.10.8.
 993  秋まつり神輿戻れば茶碗酒  秋祭    16.10.8.
 994  穭田に山羊の遊びし峡の里  穭田    16.10.8.
 995  烏瓜一つ気づけばここあそこ  烏瓜    16.10.8.
 996  夕日浴び朱を際立たす烏瓜  烏瓜    16.10.8.
 997  枯れ蔓を引けばぞろりと烏瓜  烏瓜    16.10.8.
 998  通学路だれも捥がない烏瓜  烏瓜    16.10.8.
 999  枯れ蔓に憮然と下がる烏瓜  烏瓜    16.10.8.
 1000  嫌はれも好かれもせずに烏瓜  烏瓜    16.10.8.

♪BGM:Erik Alfred Leslie Satie[Gymnopédies1]arranged by Pian♪
 表紙へ


inserted by FC2 system